兵庫 西宮神社 太々神楽祭

美術館の次に向かったのが、以前より参拝したいとは思いつつ素通りしてきたえべっさんへ。
当日はこどもの日だったので「えべっさんこどもまつり」というのが催され、沢山のちびっ子達がいました

知らずに訪れているので静かな境内を求めている私たちはちょっと後悔・・・
でもその後、来て良かったと思い直すことに

nishinomiyajinja
表大門(赤門) 重要文化財

豊臣秀頼公より寄進された門で、1月10日の開門神事はこの門が開かれ、福男が選ばれます。

nishinomiyajinja
中から

こちらからの方が判りやすいですかねぇ
毎年ニュースで見る、男性達が一斉に駆け出す光景が浮かんできますね~

古くは茅渟海(ちぬのうみ)と云われた大阪湾の神戸・和田岬の沖より出現された御神像を、鳴尾村(現西宮市)の漁師がお祀りしていたが、ご神託によりそこから西の方、西宮にお遷し祀られたのが起源と伝えられ、その年代は明らかではないが、平安時代後期には文献に記載されているそうです。

nishinomiyajinja

担ぐイベントでもあったのかな

nishinomiyajinja
神池

nishinomiyajinja
拝殿

ご祭神は、第一殿にえびす大神、第二殿に天照大神・大国主大神、第三殿に須佐之男大神が祀られています。

ご朱印を頂いている間にチラシが置いてあったので見てみると、催し内容が書かれていました。
13時30分より「太々神楽(だいだいかぐら)祭典」というのが目に留まり、時計を見ると15分前
これは観なければ

本殿前で行われるので恐縮しながら席に座らせて頂きました。
カメラ撮影もOKか確認してから撮っています

ではいよいよ始まります

nishinomiyajinja
スタンバイ

nishinomiyajinja
雅な笛の音から始まりました

nishinomiyajinja
神職の方達が勢揃い

舞いの前に神前で神事が行われました。


先ずは女の子二人が「胡蝶」を舞います。

nishinomiyajinja

この舞いは源氏物語の巻の名にもなっていて、「蝶は、ましてはかなきさまに飛び立ちて、山吹の籬のもとに、咲きこぼれたる花の陰に舞い入る」と描写されている。

nishinomiyajinja

次に大人の女性4名が「春庭花(しゅんていか)」を舞います。

nishinomiyajinja

この舞はもと唐の長寿年間に作られ長寿舞と呼ばれました。
一度途絶え、仁明天皇の命により日本で新たに作られ、春の庭に花と遊ぶ様を写したので春庭花と改められました。

nishinomiyajinja

nishinomiyajinja

詳しくはこちら

次に巫女さんが奉納されます。

nishinomiyajinja

わざと画像粗くしてます、ご了承くださいね

偶然に訪れてこのような神楽を観る事が出来てラッキーでした

5月1日~10日まで様々な講社が神楽を奉納されているようです。

女の子が可愛かったですね~
ちょっと緊張してるっぽい感じでしたけど

nishinomiyajinja
南門

nishinomiyajinja
ご朱印
(2013.5.5)

西宮神社
兵庫県西宮市社家町1-17
0798-33-0321

関連記事
スポンサーサイト

兵庫 西宮市大谷記念美術館の庭園

5月のGW、「とら・虎・トラ」を観に行った時のものです。

美術館には建物の周りをぐるっと囲むように庭園があったので散策してみました

写真多いです

ootanikinen
美術館入口

ootanikinen
こちらから進みましょう

ootanikinen
まだ椿が咲いてました

ootanikinen

ootanikinen
赤い葉が綺麗

ootanikinen
赤い縁取りの葉っぱ

ootanikinen

ootanikinen
水銀窟

綺麗な音を奏でていましたよ

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen
涼しげな川が

ootanikinen

ootanikinen

少しは涼しくなりましたぁ

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen 
たぶん君子蘭

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen

ootanikinen
大きなフクロウ?

ootanikinen
シャンプーのCMに使えませんかね

ootanikinen
葉っぱですよねぇ薔薇みたい

庭園だけなら無料なのでいつでも散策できますよ。

係の方がお暑い中手入れされていました。
この日は日差しがかなり強かったです

次は西宮神社へ

(2013.5.5)

西宮市大谷記念美術館
兵庫県西宮市中浜町4-38
0798-33-0164
10:00~17:00
水曜休館

関連記事

鶴萬々堂

ナカコ将油さんから近い場所にあります。

turumanmando
外観

早速お薦めを聞いてみると

turumanmando
かしわ餅

時期的にという感じでしょうか。
作りたてだったと思います。
お値段は全て忘れてしまいました

turumanmando
三笠焼きと桜鮎

和菓子の定番という感じですね~
で、、、袋から出さずに撮影…失礼しました
ブロガー失格ですねぇ

桜鮎が時間が経っているとのことで、

turumanmando
よしの川餅

こちらサービスで頂きました

どの和菓子も甘すぎず、美味しかったですよ

「鶴萬々堂」
奈良県五條市五條1-3-13
0747-22-2234
8:30~19:00
水曜定休


関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

奈良 五條市新町通り

4月、金剛寺で牡丹を観た後に訪れました
古い話でございますが・・・

以前からテレビで見ていて一度訪れたかったんですよね~
金剛寺からも近いです
 
観光MAPを利用するといいですよ

sinmati
まちなみ伝承館

この横にある駐車スペースに停めました
ではブラブラします

sinmati
風情ある町並みです

sinmati
よくテレビに映りますね

sinmati

sinmati
㈱山本本家

地酒のお店なんですが、営業してるのかお休みなのか判らなかったので入りませんでした。
創業は宝永年間(江戸時代)ということで280年だそうです。
入ってみたかったですねぇ

sinmati
看板の裏表の文字の書体が違います

確かどちらから来たか判るようにだったかな・・・
違ってたらスミマセン・・・

sinmati
細い川も流れてます

sinmati
目的地

こちらで買いたかったのに日曜はお休みでした・・・
8:00~オープンですが、団体観光客が来られたりするので午前中で売り切れになったりするそうですよ。
食べたい方はお早めに

sinmati
創業明治15年(1882)の山直さん

こちらで昼食にしました。
うどんの写真はないのですが、お安くて店のご主人はとても気さくで色々お話させて頂きました

「山直」
奈良県五條市新町1-11-9
0747-22-2158

裏に吉野川(紀ノ川)があるので行ってみます

sinmati
吉野川 西側

sinmati
東側

sinmati
沢山の鯉のぼり

sinmati
小さなお花も沢山咲いてました

sinmati
よく泳いでおります

sinmati
ワンちゃんのお散歩コースですね

sinmati

吉野川では9月中旬~10月にやな漁が行われます

sinmati
ナカコ将油さん

創業130余年のお醤油屋さんです。

sinmati
購入したお醤油

天然だし150ml630円、使用途中ですが
昆布だしが効いていて煮物にもってこいです美味しいッス
将油しろ150ml525円、こちらはまだ使っていないので味はわかりません。

ナカコ将油
奈良県五條市五條1-7-18
0747-22-2143
9:00~16:00
不定休(日曜休みあり)

次に和菓子屋さんに寄りましたが別記事にします。

駐車場へ向かいます。

sinmati
ジオラマ工房Y.N

鉄道ジオラマファンには堪らない場所ではないでしょうか

テレビ朝日の「人生の楽園」でも紹介されました。
ちょうど見てたんですよね~

部屋が広かったら飾りたいところでしょうねぇ・・・旦那が・・・

「ジオラマ工房Y.N」
奈良県五條市本町2-6-6
金・土・日10:00~16:00

sinmati

今回のお土産はお醤油と和菓子ともう一つ、

sinmati
柿もなか5個入り 630円

こちらは「まちや館」で購入しました。
柿の甘さに柚子の香りがします。
個人的には柚子が強いような・・・甘いのが苦手な人は無理かなぁ
最中が歯茎にくっつきます・・・

まちや館内ではソフトクリームも食べました
ゆっくりとくつろげるスペースがあり、先述の山直さんから出前もできますよ

いつか餅商一ツ橋さんにリベンジしたいです

(2013.4.28)


より大きな地図で 五條市新町 を表示
関連記事

大阪 天王寺公園 慶沢園

美術展の後、公園を出る前に慶沢園(けいたくえん)に寄ってみました

keitakuen
入口

門には綺麗な紫陽花が咲いていました

19800㎡の園内は住友家本邸の庭園として造られた池泉回遊式庭園になっています。
設計者は小川治兵衛。
大正時代に大阪市に本邸ともに寄贈されました。
本邸は大阪市立美術館本館。


keitakuen
色んな紫陽花が

keitakuen

では園内へ

keitakuen
花菖蒲が見えます

ぐるっと廻ってみましょう

keitakuen

keitakuen

keitakuen
魚かと思いきや・・・

枝でした・・・

keitakuen

keitakuen
あべのハルカスがド~ン

日本一高いビルだそうですねぇ
今日からオープンなので沢山のお客さんが押し寄せていることでしょう・・・
私はいつ行こうか・・・
まだ梅田のグランフロントにも行ってないし・・・



keitakuen
東屋から覗いてみました

keitakuen
睡蓮も咲いてますよ

keitakuen

keitakuen
さっきのアオサギ着地成功

以上、今回もコンデジ撮影なのでイマイチ写真ばかりですが、ご了承くださいね~

前回来た時は冬だったかな・・・何も咲いてなかったんですが、この時季はいいですね~

(2013.6.8)

天王寺公園 慶沢園」
大阪市天王寺区茶臼山町1-108(天王寺公園内)
06-6771-8401
9:30~17:00(5・9月の土日祝、8月の金土日祝は~20:00)
(入園は閉園30分前まで)
150円


関連記事