大阪 柴島浄水場の桜2013

今年も散歩がてら偵察に行ってきました
昨年より2日早く偵察してますがかなり咲いていますよ
昨年の様子はこちら

kunijimajosuijo
崇禅寺駅は工事中

最寄り駅は工事中ですのでご注意ください

kunijimajosuijo
前の道路も工事中

周辺に専用駐車場などありませんので公共交通機関を利用されてくださいね。
車線も減少しています。

kunijimajosuijo 

kunijimajosuijo
早咲きの桜(ピンク)

崇禅寺駅側の出入り口に咲いている桜は満開です。

kunijimajosuijo
準備中のようです

まだ中には入れません。

kunijimajosuijo
学校横の通りも咲いてます

kunijimajosuijo

kunijimajosuijo
こちらも早く咲く桜

京都側踏み切り近くの桜ですがこちらも満開。

kunijimajosuijo

kunijimajosuijo
通り抜け横の歩道

この道は幅が広くなりました。

東京では前倒しして解放したりしているのに、ここはこれだけ咲いていても断固として4月1日~という通り抜け期間を変更しません。
融通の利かないお役所仕事です。
30日の土曜日からと早めてもいいのではないでしょうか
近くにスーパーがあるので屋台がなくてもいいでしょ

(2013.3.29)

柴島浄水場
大阪市東淀川区柴島1-8
06-6614-8866(テープ応対のみ)
2013年4月1日~14日
9:00~21:30
無料

関連記事
スポンサーサイト

京都 石峰寺

城南宮の次に向かいました

細い道を進むので対向車に注意が必要です
駐車場の場所がわかりづらいです
お寺の北側に霊園の駐車場がありますがそこは停めないように
201号線から東に向かい、石段突き当たりを右に曲がり、ミラーのある道を左に曲がって進むと石峰寺の駐車場があります。
私たちは霊園の方に道を教えて頂きました

sekihoji

sekihoji
赤門

宝永年間(1704~1711)黄檗宗第6世賜紫千呆禅師により建立された禅道場。
寛政年間(1789~1801)に伊藤若冲が草庵を結び、裏山に五百羅漢を作りました。
 

sekihoji
本堂

ご本尊は釈迦如来像。

裏山の五百羅漢は若冲が筆法にて下絵を描き石工に彫らせたもので、釈迦誕生より涅槃に至るものを中心とした諸菩薩、羅漢が安置されています。

裏山へ行くまでに墓地があるのですが、若冲のお墓もありますよ~ 
こちらのお寺で晩年を過ごされたようです。

五百羅漢拝観には拝観料が要ります。
写真撮影は禁止です

もう結構朽ち果ててきているようでしたねぇ
裏山は空気が変わる感じでした。

sekihoji
鮮やかな・・・何だろ
 
sekihoji
ご朱印

sekihoji
道中で 春ですね~

sekihoji
ボカシ失敗だ

具合が悪くなってこのあと帰宅しました~

最近目がホント悪くなってピントが合わない・・・
ミラーレス一眼が欲しいなぁ。。。

(2013.3.17)

石峰寺
京都市伏見区深草石峰寺町26
075-641-0792
3月~9月・・・9:00~17:00
10月~2月・・・9:00~16:00
300円

関連記事

京都 城南宮の神苑

次に平安の庭からですね~

jonangu
とても小さな梅の花

jonangu
平安の庭

春と秋の「曲水の宴」が行われるお庭です。

jonangu
アセビが満開

jonangu
月光

いったん参道に出て室町の庭へ。

jonangu
しだれ桜

この時点ではまだまだという感じでしたが・・・現在もまだ蕾のようですね~

室町、桃山の庭では桜が楽しめそうです

jonangu
に見えませんか右が

jonangu
楽水軒

こちらでお茶菓子が頂けます。

jonangu
青サギさんが

参道に出て摂社の芹川神社へ。

jonangu
芹川神社(唐渡天満宮)

こちらも梅が満開でした

ご祭神は天満宮なので菅原道真公ですね。

jonangu
一寸法師の絵馬ですね~

この地は一寸法師がお椀の船から上陸したと『御伽草子』に記される「鳥羽の津」に近いそうです。

jonangu
ヒヨドリですよね

葉ボタンの葉をヒヨドリに食べられたんですよねぇ
それも紫色は食べず緑の葉だけ食べてました。
オマケに青黒い糞まで残して・・・

jonangu

jonangu 
メジロちゃん

可愛いですね~

最初スズメかと思ったんですが、スズメと鳴き声が違うし、小さい
よ~く目を凝らして見ると緑色の鳥だったのでメジロだ
嬉しくて撮ってはみるものの、難しいですねぇ
なんとか撮れた1枚です

昨日もメジロちゃんに沢山出会いました
大阪市内ですけどね~また記事にしますね


jonangu 
ご朱印

jonangu
松甫堂の椿餅(つばきもちい)

鳥居前で売られていました。2個入り500円です。
桜餅の椿版という感じです。桜の味はしませんよ。
お腹空いて車内で食べちゃいました
モチっとしていて美味しかったです

松甫堂
京都市伏見区上神泉苑町806
075-601-1940
9:00~18:30(日・祝~17:30)
火曜定休


(2013.3.17)
関連記事

アンテノールのケーキ

記事が前後するのですが、梅小路蒸気機関車館の後、JR京都駅に戻り、京都伊勢丹の地下でケーキを購入して帰りました

お雛様の日だったので洋菓子売場に可愛いケーキが沢山
どれにしようか迷いました
お客さんもめっちゃ多かったです

で、結局よく知られているアンテノールで購入しました。
京都ならではのお店がよかったんですが、人が多くて眩暈しそうなので出入り口に近い場所で

antenor
求肥に包まれたムースケーキ

私が選びました。
名前やお値段は忘れました
和菓子風な感じですが、イチゴのムースが爽やかで美味しかったですよ
中身の写真には写ってないですが、真ん中に餡子が入っていました。

antenor
イチゴのモンブラン

旦那がチョイス。
普通栗味のクリームはイチゴ味でスポンジは抹茶味になってます。
こちらも和的な洋菓子ですね~

季節ものなので今は無いと思います。

アンテノール 京都伊勢丹店」
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都伊勢丹地下1階
075-344-1230

関連記事
テーマ: スイーツ | ジャンル: グルメ

京都 城南宮のしだれ梅2013

昨日はいいお天気でしたね~

見頃を過ぎたかもしれないけど行ってきました
いつも京都市内へは電車を利用するのですが、城南宮は高速降りてすぐの場所にあるので車にしました

写真が多いので2回に分けて記事にしますね

jonangu
城南宮

桓武天皇延暦13年(794)の平安遷都に際し、都の南に鎮まり国を守護り給う城南神と仰ぎ祀った(平安城の南に祀られたお宮)ことが御壮健と伝えられています。 

jonangu
しだれ梅が出迎えてくれます

jonangu
境内
ご祭神は国常立尊・八千矛神(やちほこのかみ・大国主命)・息長帯日売尊(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)。

では神苑(楽水苑)に向かいます

春の山・平安の庭・室町の庭・桃山の庭・城南離宮の庭と5つの庭からなっています。
源氏物語に登場する植物が100余種植えられているそうです。


最初に「春の山」エリアです。
椿・しだれ梅・三つ葉ツツジ・ササユリと順に咲くようです

jonangu
有楽(うらく)

椿は見頃となっていますが、全体的にまだまだこれからという感じです。

jonangu

jonangu
薮椿(やぶつばき)

jonangu
薮椿

椿の道を抜けるといよいよしだれ梅が登場

jonangu
しだれ梅のエリア

もうだいぶんと散っていましたねぇ

それでもカメラマンが朝一から結構おられましたよ~

jonangu

jonangu

jonangu

jonangu

jonangu

jonangu

jonangu
樹に大きなコブが

恐竜か爬虫類の顔に見える・・・

平安の庭へつづく

(2013.3.17)

城南宮
京都市伏見区中島鳥羽離宮7
075-623-0846
9:00~16:30(受付~16:00)
500円

関連記事