滋賀 北国街道2

北国街道を歩く際は、木之本観光案内所のサイトかJR木ノ本駅で「木之本まちなみマップ」というのを手に入れるといいですよ

いくつかお醤油屋さんがあるのですが、そのマップを見て気になるお店があり向かうことにしました。
一番端っこにあるお店なので立ち寄る人は少ないかも。。。

hokkokukaido
ダイコウ醤油

嘉永5年(1852)創業の老舗です。
ペリーが来航する前年だそうですよ。

hokkokukaido
店内

hokkokukaido
大きな樽が

以前はこちらの樽で製造されていたそうです。

お店のご夫人とお話をさせて頂く内になんと中まで案内までしてくださいました
なんだかテレビのロケをしているようでとても楽しかったですね~

昔は皆さんご存知のように間口の大きさで税金が課せられていたので奥へ奥へと長~いです。
いや~ホンマに長かったですよ

hokkokukaido
こんな電話室があり

hokkokukaido
古い電話も

hokkokukaido
お醤油屋さんの前は薬屋さんだったとか

hokkokukaido

沢山の賞状が飾られてあり、大正時代のものはデザインがオサレでしたね~
大正時代のデザインって好きなんですよね大正ロマンって響きいいな~
現在の賞状は決まったデザインだからつまらないですね

それで更にお醤油作りの現場までも案内して説明までして頂けました
作業中ではありませんが、とても勉強になりましたね~
もう、感謝感激です
流石に撮影は遠慮させて頂きました。
他の写真や他店は撮影許可得てますよ~

hokkokukaido
購入した商品

はいざくらは濃い口醤油です。
どちらもまだ現在まだ使っているのがあるので味はわかりません。
使うのが楽しみ

ダイコウ醤油
滋賀県長浜市木之本町木之本1137
0749-82-2012
不定休

次に他の観光客が大量にから揚げを購入していたので真似して買うことに

hokkokukaido
かね吉

hokkokukaido
すぐ揚げてくれます

hokkokukaido
一口サイズのから揚げ

車の中でつまんでいたのですが、濃い目の味付けなので旦那がビール欲しなると言い出し、帰ってから食べることにしました。

お値段忘れたんですが、めっちゃ安かったですよ

「かね吉」
滋賀県長浜市木之本町木之本1120
0749-82-2120
水曜定休

駐車場へ向かう途中、木之本地蔵院前にある和菓子屋さんに寄りました。

hokkokukaido 
かどや

hokkokukaido
でっち羊羹

木之本名物なので購入してみました。
モチっとしていて旅で疲れた体を癒してくれるような甘さです
懐かしいホっとする美味しさでした。

hokkokukaido
さつまいも羊羹

こちらはマッタリというかモッチモチという食感です。
でもサツマイモたっぷりで美味しいです

「かどや」
滋賀県長浜市木之本町木之本1072
0749-82-2031
不定休

以上今回はお店巡りを楽しめましたね~
このような小さな街道もいいもんですね。
歴史も感じれるし

(2012.10.14)



今年の記事は以上で終わりです。
ご訪問、コメントなど有難う御座いました。
拙いブログでは御座いますが、来年も何卒どうぞ宜しくお願い申し上げます。
お正月寒波が来るようですので体調にはくれぐれもご注意くださいね。
良いお年をお迎えください
blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

滋賀 北国街道1

木之本地蔵院前の道が北国街道になっていて、金沢城下から中仙道鳥居本宿までを北国街道と呼びます。

ではブラブラと歩いてみますが、ほとんどお店の紹介になります

先ずは、地蔵院の斜め前にある「つるやパン」さんから

hokkokukaido
ご存知の方も多いですよね~テレビで紹介されてすごい人気になっているパンがあります。
「サラダパン」なんですが、この日も大人気で次から次へと売れていました
もちろん私も購入してますよ~

hokkokukaido
購入したパンたち

hokkokukaido
左:サラダパン 右:豆乳きなこパン

どれも素朴な感じで普通に美味しかったですねぇ
サラダパンはちょっと期待しすぎたかな
キャベツの量がもう少し多いといいのになぁと思いました

「まるい食パンラスク」がかなり美味しいです
チョコ味にしたのですが、他にも種類があり、全種購入すればよかったと後悔・・・
正直、サラダパンよりこのラスクの方が美味しいと思いました

つるやパン
滋賀県長浜市木之本町木之本1105
0749-82-3162

次は

hokkokukaido
旧本陣 竹内五左衛門家

京都、江戸、北陸を結ぶ宿場の本陣跡。
先々代の当主は全国で日本薬剤師第一号の免状を取得されている。


hokkokukaido

とても風情ある建物でしたよ

次に

hokkokukaido
冨田酒造

天文年間(1532)創業、460余年という歴史がある造り酒屋さんです

hokkokukaido
店内

七本鎗と見えている看板は北大路魯山人の篆刻だそうです。

hokkokukaido

hokkokukaido
購入したお酒

賎ケ岳の戦いで活躍した七人の若武者たちを「賎ケ岳の七本鎗」と言い、それにちなんだお酒を造っておられます。

因みにその七人は脇坂安治・加藤嘉明・加藤清正・平野長泰・糟屋武則・福島正則・片桐且元です。

hokkokukaido
このような旗もあります

旦那が加藤清正LOVE(熊本人)なので旦那が撮影・・・
hokkokukaido
横の通り

立派な建物ですね~

冨田酒造
滋賀県長浜市木之本町木之本1107
0749-82-2013
9:00~18:00
火曜定休


パート2へ続きます

(2012.10.14)
blogramのブログランキング
関連記事

滋賀 木之本地蔵院

やっと滋賀の記事に戻って参りました~
木之本からの続きですね。

JR木之本駅の近くにある駐車場に停めて歩きます

kinomotojizoin
この道をまっすぐ進みます

すると

kinomotojizoin
木之本地蔵院が突き当たりに

天武天皇の頃、難波の浦に流れ着いたのがご本尊でした。
天皇が夢で、一比丘がこれこそ南天竺龍樹菩薩の御作にて霊験殊の外あらたかなことを告げられ感激し、直ちに難波の地に伽藍を建立しました。

しかし、地蔵菩薩は二仏中間の仏であられるので仏法のご縁が深い地に安置したいと祚蓮上人(それんしょうにん)が帝より勅命を受け、この尊像を奉持して有縁の地を求め諸国を行脚されました。

北国街道を下って来られた時、現木之本の地に柳の大木がありました。
その木に御本体を下ろされ休息したところ、再びそこから動こうとはされず、前にも増して金光を放たれました。
あたり一面光明に包まれ、病に伏せている者は治癒し、災難にみまわれている者は難が消除したと云います。
「この光こそ衆生救済、諸難諸病を遁れ願い成就したまう光なり、この地こそ地藏菩薩の有縁の地なり」と伽藍を建立したのが草創だそうです。

kinomotojizoin
本堂

ご本尊は地蔵菩薩像(秘仏)。

境内にご本尊と同じお姿の地蔵大銅像(高さ6m)があります。

本堂の横を通り過ぎると

kinomotojizoin
書院があります

無料で入ることが出来ます。

明治天皇がお立ち寄りされたんでしょうね、玉座の間がありました。

北側にはお庭があります。

kinomotojizoin
文部省指定 名勝庭園

築山林泉式、江戸時代中期頃の作庭。

kinomotojizoin

水面の中之島が配置されているのは蓬莱島を意味しています。

kinomotojizoin

書院から本堂の真後ろに行き、裏地蔵尊を参拝することが出来ます。

kinomotojizoin
阿弥陀堂

庭園や玉座まで観れるとは思っていなかったので得した気分でした~
訪れたら是非裏へ廻ってくださいね~

kinomotojizoin
ご朱印

次に北国街道を歩きます。

(2012.10.14)

木之本地蔵院
滋賀県長浜市木之本町木之本944
0749-82-2106
8:00~17:00

blogramのブログランキング
関連記事

京都 金戒光明寺の紅葉2012

季節が過ぎてしまいましたが、来年の参考にでも。。。

山口華楊展の後、歩いて行ける場所ということで行ってきました

ちょっと歩きますがいい運動になりますね

konkaikomyoji

門から紅葉が見えてますね~

承安5年(1175)法然上人が比叡山の修行を終えて黒谷の地で念仏をされた時、紫雲全山にたなびき、光明が辺りを照らしたことから浄土宗最初の念仏道場が開かれた。

京都守護職・会津藩主松平公本陣旧跡。


ずーっと進むと左手に山門(万延元年〔1860〕落成)があるのですが、瓦が落ちたとかで修復中でした。
残念

konkaikomyoji
御影堂(大殿) 昭和19年(1944)再建

内陣に法然上人75歳の御影が安置されています。

こちらからお堂に入り秋の特別公開の御影堂・大方丈・紫雲の庭を拝観することが出来ました

konkaikomyoji
紫雲の庭

法然上人800年大遠忌記念として作庭されました。
枯山水の大小の石で「幼少時代 美作の国」「修行時代 比叡山延暦寺」「浄土開宗 金戒光明寺の興隆」と3つの部門に分け構成されています。


庭を周遊することが出来ます

konkaikomyoji

konkaikomyoji
浄土開宗・寺門興隆

真ん中の大きな石は法然上人を、周りの石は弟子や熊谷直実、九條兼実などが見立てられています。

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji
道に亀さんが沢山いますよ

 konkaikomyoji
ご縁の庭

NHKの番組でお笑い芸人麒麟の川島さんが作庭した庭です。
たまたま見ていたので「これがそうかぁ~」と。
だいぶん苦心されていましたもんねぇ

道が二手に分かれていますが、「赤の道」と「青の道」になっていて、それぞれ違う道を歩んでいるのですが、真ん中の丸い石が「出会いの石」で、二人がここで出会い、

konkaikomyoji
共に歩む道

それぞれの道を歩んできた二人が力を合わせて進んでいく道を表しています。

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji

もう終わりかけでしたが、まだ綺麗に残っているモミジもあり、なかなか楽しめました
この後、お隣の真如堂さんにも行きたかったのですが、体調が悪くなりかけていたので帰宅しました
真如堂も紅葉が綺麗と聞くので観たかったのになぁ・・・
またの機会ですねぇ

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji

konkaikomyoji
ご朱印

(2012.11.25)

金戒光明寺
京都市左京区黒谷121
075-771-2204
*秋の特別公開は終了しました。

blogramのブログランキング
関連記事

cafe kickup

記事が入り混じってややこしいですが、永観堂へ行く途中、京都地下鉄「蹴上」駅上がってすぐの所にあります。

永観堂まで行くと食べる場所に困りそうな気がしたので入ってみました。

kickup
木の所に階段があります

kickup
店内

ウッド調でウエスタンな感じですね~
カウンターまで進み注文して先に支払います。

セットメニュー2種だけです。

kickup
煮込みハンバーグセット1000円

フラッシュで影が写ってしまいました


kickup
秋のきのこカレーセット1000円

フラッシュなしにすると店内は暗いのでブレブレに

共にデザートとドリンク(コーヒーor紅茶)が付いています。
デザートはアイスクリームで美味しかったです
でも・・・この時季は冷えるぅ

夜の方がメインのお店のようですね~
ダイニングバーとなり、お酒が飲めますよ

kickup
京都市東山区東小物座町331
075-761-5604
ランチ・11:30~
バー・19:00~24:00
水曜定休


blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ