唐招提寺

体調がイマイチなのと、節電のため更新が遅れております

喜光寺の次に向かいました

薬師寺には行ってるんですが、唐招提寺はなかなか来る機会がなかったんですねぇ
近いのに

金堂平成大修理が行われたので新しい綺麗なお堂のお姿を拝見

tosyodaiji
南大門 昭和35年(1960)再建

南大門から入ります。

創建されたのは皆さんご存知の鑑真大和上ですね~
学校で習いましたね~
でも鑑真像は特別公開でしか拝観できないので今回は観れてません

鑑真は聖武天皇の招きに応じ、日本へ渡航するのに5度失敗し、6度目にしてようやく来日を果たしましたが失明してしまいました。

来日から6年後、天平宝字3年(759)に新田部親王(にいたべしんのう)の旧宅をもらい受けて開いた「唐律招提」という私寺が始まり。

鑑真が入寂後、弟子たちにより金堂やその他の伽藍造営が進められ、宝亀年間(770~780)に寺号を唐招提寺と称するようになる。


tosyodaiji
世界遺産の碑

tosyodaiji
金堂 奈良時代 国宝

ご本尊は3体あり、盧舎那仏坐像(奈良時代・国宝)、像高は339.4cm。
千手観音立像(奈良時代・国宝)、像高535.7cm、以前は1000本手があったとされるが、現在は953本。
薬師如来立像(平安時代・国宝)、像高369.7cm。


薬師如来といえば、薬壺を持っておられますが、こちらの薬師さんは古式で持っておられませんでした。

他にも梵天さんや四天王さんもおられましたよ


tosyodaiji

tosyodaiji
右に見えるのが鼓楼 奥が講堂

鼓楼は仁治元年(1240)建立、国宝。

講堂は平城宮の東朝集殿を移築した建物。奈良時代、国宝。
ご本尊は弥勒仏坐像(鎌倉時代・重文)、像高283.3cm。


tosyodaiji
本坊

それぞれ種類の違う蓮が鉢植えされていたので寄ってみました。

tosyodaiji
あまり咲いてなかった・・・

tosyodaiji
所々に蓮池が

tosyodaiji
顔だけ緑色のカエル

tosyodaiji

tosyodaiji
まだ紫陽花が

tosyodaiji
ご朱印

新宝蔵にも仏像が安置されていますが、7月1日~8月31日まで照明工事のため閉館していました
新宝蔵も観たい方は9月以降がいいですよ~

(2012.7.16)

唐招提寺
奈良市五条町13-46
0742-33-7900
8:30~17:00
600円

関連記事
スポンサーサイト

奈良 喜光寺の蓮2012

そろそろ蓮が咲いているということで、大阪からも近い場所ということで行ってきました

この日は祇園祭宵山、奈良方面は車も少ないんちゃう~ってなことです

前日にNHKで紹介されたらしく、朝早くから思ったより人がいましたねぇ

kikouji
南大門 平成22年(2010)落慶

養老5年(721)行基菩薩により創建されました。
「菅原寺(すがはらでら)」と呼ばれていたが、天平20年(748)聖武天皇が当寺に参詣された際、ご本尊より不思議な光明が放たれ、そのことにより「喜光寺(きこうじ)」という寺号を賜りました。


kikouji
本堂 天文13年(1544)再建 重要文化財

バランスの取れた綺麗なお堂ですね~

ご本尊は阿弥陀如来座像(平安時代・重文)。
脇侍に観音菩薩坐像と勢至菩薩坐像(どちらも南北朝時代)が安置されています。


創建当初のご本尊は何だったか不明だそうです。


kikouji
本堂から蓮を見てます

では蓮をご覧下さいね~

kikouji

約100種類、200鉢を超える蓮が栽培されています。

kikouji

kikouji

kikouji
またこんなの撮る~

kikouji

kikouji

kikouji

kikouji
弁天堂の周囲には睡蓮が

kikouji

kikouji

梅雨も明け、いい天気過ぎてめっちゃ暑かったです

まだまだ見頃なので朝早くお出かけしてみては如何でしょう
 
次は唐招提寺へ

kikouji
ご朱印

(2012.7.16)

喜光寺
奈良市菅原町508
0742-45-4630
9:00~16:30(7月中の土・日7:00~)
500円

関連記事

カミーユ・ピサロと印象派

久々に兵庫県立美術館まで行ってきました

いつもは朝一に行くのですが、今回は夕方から行くことにしました。
4時以降にもなると人が減ってとても観やすかったですね~

ここの美術館は夕方に来ることにします

ピサロの初期から晩年までの制作が展示され、宇都宮美術館の開館15周年、兵庫県立美術館開館10周年を記念して企画されています。

ピサロ以外にもモネやセザンヌなど他の印象派の画家たちの絵が数点展示されています。

ピサロの何気ない風景を描いた作品にとても癒されました
何処か懐かしい気がする風景。。。帰りたい気持ちになりましたよ

では購入したポストカードです。

pissarro
「ルーアンのボイエルデュ橋、日没」1896年

pissarro「ルーアンの朝もやの市場」1898年

大聖堂に隣接するエピスリー通りを描いたもの。

pissarro「エラニーの菜園と鐘楼」1899年

pissarro
「チュイルリー公園の午後、太陽」1900年

1899年1月に入居した、リヴォリ通り204番地のアパルトマンで描かれました。
アンヴァリッドのドームや鉄道の工事(現在のオルセー美術館)など左岸の風景が描かれています。

pissarro図録

ピサロ展だけど、モネの「霧の中の太陽」が良かったなぁ
残念ながらポストカードはなかったけど・・・

「カミーユ・ピサロと印象派」
兵庫県立美術館
2012年6月6日~8月19日
10:00~18:00(金・土~20:00)
月曜休館

関連記事

大阪 成田山不動尊

記事にするの忘れてました

ピッツァを食べた後、近くで何かないかなぁと地図を見てみると、大阪では車の祈祷で有名なお寺があったので行ってみることにしました

最初、旦那が祈祷してもらう駐車場に停めようとするので、慌てて「そこちゃうで祈祷してもらう車停めるとこや」言うて焦りました

すぐ傍に一般の駐車場があるのに・・・
運転していると看板とか気付きにくいのかなぁ
歩いてても見てないこと多い旦那やけど・・・

naritasan
山門

成田山大阪別院明王院といい、昭和9年(1934)に創建。
千葉県にある成田山新勝寺の別院になる。


naritasan
本堂

ご本尊は不動明王。

人が少なかったですね~
でも数台、交通安全のご祈祷してもらうのに車が並んでました。

naritasan
綺麗なピンクの紫陽花

何かいますね~

naritasan
トンボでした~

この日はこれで帰宅しました

naritasan
ご朱印

(2012.6.17)

成田山不動尊
大阪府寝屋川市成田西町10-1
072-833-8881

ラパングルマンのケーキ

先月、結婚13周年を迎えまして、お祝いに旦那に買ってきてもらいました

別でディナーにも行くつもりですが、天候に左右されまだ行けていない
今年は私の誕生日と合わせてになりそうです

lapin gourmand
プリンのケーキ

名前も値段もわかりません
お値段はお手頃だったと思います。

焼きプリンも甘すぎず、フルーツがたっぷりで美味しかったです

lapin gourmand
チョコケーキ

チョコも美味しくて甘すぎず、スポンジもフワっとしていて美味しかったですよ~

lapin gourmand
こちらもチョコケーキ

フィルム剥がして撮影してないのでわかり辛いですね・・・
こちらは上のチョコケーキより濃厚でマッタリしてるかなぁ。
ちょっと油分が多いような気もしました。

lapin gourmand
チーズケーキ

そんなに濃厚というわけではないですが、しっとりと美味しく頂けました。

リピート有りのお店ですね~

「ラパングルマン」
大阪市西淀川区御幣島3-3-3 グランドールサンパティオ1階
06-6473-3329
10:00~19:00
水曜定休

関連記事
テーマ: スイーツ | ジャンル: グルメ