京都 芬陀院

天得院の近くにあるので寄ってみることにしました

道中、天得院の壁には色んな種類の紫陽花が咲いてました

fundain

fundain
この紫陽花カワイイ

fundain
山門

元亨年間(1321~1324)、関白であった一条内経公が、定山祖禅和尚を開山として創建。

fundain

fundain
大玄関と唐門

宝暦5年(1755)の火災後、桃園天皇の皇后恭礼門院より賜った御所内旧殿を、明治32年(1899)昭憲皇太后の御内帑金により改築したもの。

fundain
南庭 禅院式枯山水庭園 寛正・応仁(1460~68)頃作庭

一条兼良公の所望をきっかけに雪舟が作庭することになったとされています。
京都で最古の枯山水庭の一つ。


fundain
左側は折鶴、右は亀島

この庭園は一時荒廃していたが、昭和14年(1939)重森三玲氏が復元修理しています。

fundain

fundain
東庭

三玲氏が新たに作庭した庭。
同じく鶴亀の島があり、近景の鶴島を中心に蓬莱の連山を表徴しています。

奥に見えるのが図南亭。
昭和44年(1969)再建


fundain

fundain

ここはすごく静かで手水鉢のポッチャンという水の音しかしなかったですね~
人も少ないですし。
風が心地よくてゴロンと寝転んで昼寝したかったです
とても癒されました

fundain 
ご朱印

 fundain
帰り道で

(2012.6.24)

「芬陀院」
京都市東山区本町15丁目東福寺山内
075-541-1761
9:00~17:00(冬期~16:00)
300円

関連記事
スポンサーサイト

京都 天得院

美術展の後、東福寺の塔頭、天得院で桔梗が観れるということで行ってみました

まずは東福寺の臥雲橋を通ります

tentokuin
臥雲橋からの通天橋

紅葉の時季はものすごい人ですが、この季節は人があまりいませんねぇ
紅のモミジもいいですが、緑のモミジもとても綺麗です

tentokuin
下を見ると紫陽花がポツリと咲いています

では天得院へ

tentokuin
山門

tentokuin
紫陽花が咲いてました

tentokuin

tentokuin

正平年間(1346~1370)、東福寺第三十世住持・無夢一清禅師により開創され、東福寺五塔頭の一つ。

慶長19年(1614)、文英清韓長老が住持の際、豊臣秀吉・秀頼の五山の学僧として寵遇され、秀頼の依頼により
方広寺の鐘銘を撰文したが、銘文中の「国家安康・君臣豊楽」の文が徳川家を呪うものとして家康の怒りを招き、天得院は毀されました。

現在の堂宇は天明9年(1789)に再建されたもの。


では庭園を拝観します

tentokuin
桃山時代作庭と云われる枯山水庭

まだ桔梗はチラホラとしか咲いてませんでしたが清楚な感じがして綺麗でしたよ
まだまだこれから見頃ですね

tentokuin

tentokuin
ちょっとピンク系

tentokuin

tentokuin

tentokuin
蕾がカワイイ

tentokuin

tentokuin 
苔の緑も綺麗でした

tentokuin
ご朱印

可憐な桔梗もいいもんですね~

(2012.6.24)

天得院
京都市東山区本町15-802
075-561-5239
春の特別拝観
2012年6月15日~7月17日
9:30~21:00(受付~20:30)
500円

関連記事

久保 修 切り絵の世界展 ~紙のジャポニスム~

美術館「えき」KYOTOに行ってきました

久保修(くぼ しゅう)氏のことは知らなかったのですが、チラシを見て是非観たいと思い、楽しみにしていました

主に和紙を使用しますが、洋紙を融合させたり、パステル・アクリル絵の具・布・砂なども取り入れて表現されています。

今回のテーマでは、移り変わる日本の四季折々の風物詩や、生命力あふれた瞬間を切り取った旬の食材、京都をはじめ、自ら旅した世界の風景など約150点が展示されています。

NHK教育テレビ出演や郵便局のふるさと切手に作品が採用されたりしているので、ご覧になられたことあるかもしれないですね~

繊細で細かな作業、素晴らしいです
個人的には海外のものより日本の風景の方が好きです

では購入したポストカードです

kubo syu 「曼珠沙華」 1988年

kubo syu 「古都(トレド)」 1992年

kubo syu 「盛夏」 2006年

kubo syu 「秋桜」 2007年

kubo syu 図録

どれも本当に素晴らしかったのですが、特に好きなのはポストカードにはなかったんですねぇ
桜なんですけどね
是非、皆さんにも観ていただきたいです~

久保修 切り絵の世界展」
2012年6月21日~7月16日
美術館「えき」KYOTO
10:00~20:00(最終日~17:00)
関連記事

山田池公園の睡蓮と紫陽花

花しょうぶ園の近くに睡蓮の池があります。
一帯は水生植物の場所になります。

yamadaikekoen
睡蓮の池

ここの睡蓮は葉っぱが多いですねぇ
花が判りにくい・・・

yamadaikekoen

yamadaikekoen

yamadaikekoen

白い睡蓮が多いですね。

次に紫陽花です

yamadaikekoen

yamadaikekoen
ざくろ

ご年配の方がざくろと仰っていました

yamadaikekoen

ここの紫陽花は種類も数も多くはないですねぇ

yamadaikekoen

yamadaikekoen
頭は下向いてます

yamadaikekoen

yamadaikekoen

yamadaikekoen

yamadaikekoen

初めて来た公園ですが、なかなか広くて散歩にはいい公園ですね~
近所に大きな公園がないので羨ましいですぅ

睡蓮と紫陽花は柵に囲まれていないのでいつでも観ることが出来ますよ

(2012.6.17)

関連記事

大阪 山田池公園の花菖蒲

貴重な梅雨の晴れ間、花菖蒲がそろそろ見頃かなと思い、枚方にある公園に行ってきました

のあとだったので空気が澄んでいて気持ちよかったですね~

第一駐車場から花しょうぶ園までに蛙の大合唱が
めっちゃ賑やかでした

さてさて花しょうぶ園に到着~

yamadaikekoen
入口

120種、8000株植えられているそうです。


yamadaikekoen
金冠

では暫く写真をご覧くださいね

yamadaikekoen

yamadaikekoen
亀さんが泳いでいます

yamadaikekoen
江戸古花 酒中花

yamadaikekoen
江戸系 花車

yamadaikekoen

yamadaikekoen
江戸系 三筋の糸

yamadaikekoen
水面の花菖蒲

yamadaikekoen
葵の上

yamadaikekoen

yamadaikekoen
シマヘビまでいました

yamadaikekoen
このシーンよく撮るなぁ・・・

yamadaikekoen

以上でございます~
他のはデジブックで期間限定でUPしたいと思いますので宜しければそちらをご覧くださいね

次は睡蓮と紫陽花を

(2012.6.17)

山田池公園
大阪府枚方市山田池公園1-1
072-851-4761(公園管理事務所)
花しょうぶ園開園期間
2012年5月25日~6月25日
9:30~19:00
無料

関連記事