滋賀の旅 建部大社

滋賀県立近代美術館の次に向かいました

近江国一之宮になっています。

景行天皇46年(116)神勅により御妃布多遅比売命(ふたじひめのみこと)が、御子稲依別王(いなよりわけのみこ)と共に住まわれた神崎郡建部の郷に尊の神霊を奉斎されたのが草創だそうです。
その後、白鳳4年(675)当時、近江国府の所在地であった瀬田の地に迂祀し、近江一之宮となったそうです。

建部大社
神門

建部大社
拝殿

ご祭神は日本武尊、相殿に天照大神、権殿に大己貴命が祀れています。

建部大社
境内

武門武将の崇敬篤く、源頼朝は平家に捕われ、伊豆に流されるため京都から関東に下向の折、永暦元年(1160)当社に参籠して前途を祈願した事が平治物語に記されているそうです。

これって来年の大河ドラマ「平清盛」と関係あるのかな

ご朱印
ご朱印


これにて滋賀の旅は終了で〜す
長々とありがとうございました

(10.Oct.2011)

建部大社
滋賀県大津市神領1-16-1
077-545-0038




 

 
 
関連記事
スポンサーサイト

ガレとドーム〜四季の花〜

美術館「えき」KYOTOに行ってきました

とても楽しみにしていたんですよね〜
師走で忙しいのか、思ったほど人は多くなく、比較的観やすかったです

長野県にある北澤美術館所蔵のエミール・ガレとドーム兄弟の作品を観ることが出来ます。

ガレも好きなんですが、ドーム兄弟の作品も好きなんです
沢山の綺麗な作品を観ることができてよかったです

購入したポストカードです。

ガレとドーム カトレア文耳付花瓶 エミール・ガレ
1900

ガレとドーム 団栗文ランプ エミール・ガレ
1907-1914

ガレとドーム 藤文筒型大花瓶 ドーム兄弟
1898-1899

ガレとドーム ななかまど ドーム兄弟
1902

ガレとドーム 図録



一番気に入った作品は図録の表紙になっています。ポストカードはなかったんですよねぇ
ガレの「水仙文花器」です
団栗文ランプは小さくて丸っこくてカワイイですよ〜欲しいです

素敵な作品が他にも沢山あるのでお時間がある方は是非観に行ってくださいね〜

ガレとドーム〜四季の花〜
美術館「えき」KYOTO
2011年11月18日〜12月26日
10:00〜20:00
会期中無休

この後、細見美術館に行き、「華麗なる京蒔絵〜三井家と象彦漆器〜」を観てきました

私が日本の芸術に興味を持つきっかけとなったのが蒔絵なんですね〜
初めて観た時に「日本にもこんな綺麗な芸術があるんやぁ」と驚いたんですね。
陶芸など渡来してきたものが日本として新たな芸術になったりしてますが、蒔絵は日本オリジナルの伝統工芸なんですね。
ほ〜んと素晴らしいです

残念ながら展示作品のポストカードは売っていませんでした
でも図録はありましたよ
予算都合で買えませんでしたけど

HPに割引券があるので印刷して持って行ってくださいね。
入館料1000円800円になります。

華麗なる京蒔絵 三井家と象彦漆器
細見美術館
2011年12月3日〜2012年1月29日
10:00〜16:00
月曜休館・年末年始12月26日〜1月2日休み
 
関連記事

cookhouseのスノーマン

季節ものなので先に記事にします

大阪ではお馴染みのパン屋さんですね〜

とっても可愛らしいパンが12月から販売されています

クックハウス
左からなでしこ、スノーマン @231円

なでしこはスノーマンの妹らしいですよ

両方とも頭の中はチョコクリーム、胴体にはミルククリームが入っていて、イチゴチョコで頭と胴体がくっついています。
美味しかったですよ
ただ、1日置いてしまったので腕のお菓子は湿気てしまいました・・・
その日に食べた方がいいですね〜

大阪各地に店舗があるのでHPで確認してくださいね

スイーツ記事も溜まってるんですよ・・・
合間合間に記事にしますね

クックハウス 本社」
大阪市生野区新今里2-13-8
06-6757-0095



 
 
 
関連記事

滋賀の旅 滋賀県立近代美術館

滋賀の旅の記事復活します

本来の目的はこの美術館でした。
「祈りの国、近江の仏像」というのが催されていまして、近江の仏像が沢山拝顔できるとあり、楽しみでした

平安時代から鎌倉、室町へと天台王国と呼ばれる近江の仏像を一堂に集めて公開されました。

滋賀県立近代美術館
滋賀県立近代美術館

綺麗な美術館でしたね〜

ポストカードは2枚だけ購入しました。

滋賀県立近代美術館 「大日如来座像」 快慶作
鎌倉時代 重要文化財

滋賀県立近代美術館 「執金剛像」 鎌倉時代
三十三応化身像のうちの一つ

滋賀県立近代美術館図録

当時は大津市歴史博物館・MIHOMUSEUMと三箇所で「神仏います近江」というのが開催されていたので、この図録、三箇所分が1冊にまとまっているのでめっちゃ分厚いです

仏像は見ごたえがありました
近江は観音像が沢山あるので仏像好きの方は是非お寺に行ってみてくださいね。
要予約のところが多いと思いますが

展示は終了しています

この美術館がある場所は文化ゾーンとなっていて周辺が池泉回遊式庭園のようになっています。

滋賀県立近代美術館
夕照の庭

滋賀県立近代美術館
夕照庵

こちらでお茶菓子が頂けます

滋賀県立近代美術館
店内

滋賀県立近代美術館
セットで350円

安い

滋賀県立近代美術館
夕照庵からの眺め

ちょうどお昼時でもあったので同じ敷地内にある図書館にレストランがあるのでランチにしました

滋賀県立近代美術館 
ナポリタン 600円だったかな・・・

すごい量にビックリしました意外と美味しかったですねぇ
ハムやベーコンなどは入ってなかったけど・・・

この後は建部大社へ向かいます

(10.Oct.2011)

滋賀県立近代美術館
滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1
077-543-2111
9:30〜17:00
月曜休館



関連記事

永源寺の紅葉2011

百済寺の次に向かいました

紅葉具合がちょっと物足りないなぁ。。。と思っていたのですが、永源寺によりチョー満喫することができました

ここはかなり綺麗です
この不作の年にこれだけ綺麗だから昨年はもっと綺麗だったんだろうなぁと思います

永源寺
旦度橋を渡ります
 
永源寺
旦度橋からの眺め

永源寺

康安元年(1361)近江の領主佐々木氏頼が寂室元光禅師を迎えて開山されました。

門前にはお土産屋さんが並んでいます。
昼食を先に摂ってから観光することにしました

永源寺
店内

石段をちょっと降りた所に在ります。

永源寺
きつねうどん 500円

お腹も満たしたし、紅葉を愛でに行きませう

永源寺
羅漢坂

結構登りますよ。

永源寺
総門

登りきったらモミジのトンネルが
ここはまだ緑が多かったですが綺麗でした〜

永源寺

総門を抜けてからが紅葉三昧です

永源寺
きれ〜い

永源寺

永源寺
山門 享和2年(1802)完工 重文

永源寺
鐘楼 安永元年(1772)再建

永源寺
本堂 明和2年(1765)再建

ご本尊は世継観世音菩薩像。

永源寺
本堂前

永源寺
法堂 享保13年(1728)再建

永源寺

永源寺

永源寺

永源寺

永源寺
含空院

こちらで庭を眺めながらお茶菓子を頂きます

永源寺
庭園

永源寺
菓子

永源寺
お抹茶

こちらは12月4日までの特別公開のお茶席です。
9:00〜16:00 500円

永源寺

永源寺
大歇橋

永源寺
再び旦度橋から反対側の眺め

紅葉が綺麗とは聞いていましたが、ホンマに綺麗でした〜
鶏足寺、金剛輪寺も綺麗ですが、ここもお薦めです

現在は落葉になっているようです

ご朱印
ご朱印

(26.Nov.2011)

永源寺
滋賀県東近江市永源寺高野町41
0748-27-0016
9:00〜16:00
500円



関連記事