フランスの旅 5日目 Montmartre Paris③

Abbesses駅の近くにあるアール・ヌーヴォーの教会です。



Saint Jean de Montmartre

    


    


大きくはない教会でしたがステンドグラスが綺麗でした


Saint Jean de Montmartre



View Saint Jean de Montmarter in a larger map



Moulin Rouge


ムーラン・ルージュは1889年創業のフレンチ・カンカンのキャバレーですね〜
ショーはすごくいいみたいですね。いいお値段なのでお金持ちになったら観に来ましょう


Moulin Rouge


ではアンバリッドへ帰ります。メトロ12号線Pigalle駅まで歩きます
危ない目にあっていないため気が緩んでいました。カメラのストラップはショルダータイプにしているのですが、うっかり後ろに回していました。ホームで現地の人に「カメラを後ろにしていたら危ないよ」と注意されました教えて下さってありがとうございます


ポストカードでよく見る黒ちゃんのお店を発見



Le Chat Noir


駅に向かうのにクリシー大通りの中央分離帯のような所を歩きました、大通りの両サイドには男性のためのお店が並んでおります
下着姿の女性がお店の入口で艶かしいポーズで撮られてました
男性の皆様、ボラレないでね〜


ホテルからエッフェル塔に向かう途中に目指すお店があります
「レ・ココット」です。



les cocottes



日本語メニューがあります


外観撮るの忘れました・・・19時半頃だったのですが既に満席15分ほど待ちました。行かれる際は早めに行きましょう



カウンター席になりました



シーチキンになすのペーストとトマトのジュレ ココット風



新鮮なロケットサラダにポーチドエッグ、カリカリベーコン入り



待ち人増えています


食べている間にもお客さんが増えて並んで待っています。日本人観光客も多いですが、外国人客も多いです。



じゃがいもの豚足ベースのひき肉詰めをじっくりオーブンでキャラメリゼ



子羊のハンバーグ仕立て、ラタトゥイユ添え


料理はどれもすごく美味しかったですどこか日本を感じさせるような出てきかた。。。厨房に日本人らしき男性を発見
ドリンク入れずに料理だけで44ユーロでした。そんなに高くないのでお薦めです



とってもキュートなマドモアゼル


カウンターにそれぞれ女性がいて接客してくれます。フランス語が話せたらもっと楽しいだろうなぁ。。。隣のフランス人のご夫婦は彼女とよくしゃべっていました
話せなくても片言でも楽しかったですよ旦那は鼻の下伸びてましたからぁ


les cocottes
Ad: 135, rue Saint-Dominique, 75007 Paris
Tel: なし



View les cocottes in a larger map


明日はジヴェルニーとルーアンです


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

フランスの旅 5日目 Montmartre Paris②

何処に入ろうかなぁ〜と悩んだ結果空いてそうなところにしました


france 
COMESTIBLES


france
店内


france 
左:チョコクレープ 右:チョコアイスクレープ


こちらは普通のクレープでした。チョコはあんまり美味しくないかなぁ・・・

COMESTIBLES



View COMESTIBLES in a larger map


テルトル広場へ行き絵を買いに行きま〜す


france 
Place du Tertre

沢山の人が見てますね〜


 france 
どの人の絵にしようかな


france 
この方から買いました


france 
購入した絵


一番小さなサイズにしました予算が・・・小さいサイズで25ユーロでした。意外といいお値段するんですよね〜
持ち合わせが足らなかったです


サクレ・クール寺院へ向かいます


france 
Basilique du Sacré Cœur


france


寺院の中は撮影禁止です天井のモザイクが素晴らしいです


france 
寺院前からの景色


france 
ズーム


順番に目的地を巡ります


france 
大きなシャボン玉ではしゃぐちゃん


france 
Bateau Lavoir


アトリエ洗濯船跡はピカソやルノワール、ドガ、セザンヌなどの画家たちがアトリエを構えていた建物です。現在は窓のみ当時の姿だそうです。


france 
Moulin de la Galette


ムーラン・ド・ラ・ギャレットは画家たちが集うダンスホールでした。ルノワールの絵に描かれていますよね絵はオルセー美術館にあります。


この裏に回った方が風車が見えるはずなんですけど、上りの坂道だったので断念・・・


france 
Maison de Vincent Gogh


ヴァン・ゴッホの家はゴッホが1886年〜88年まで弟テオと一緒に住んでいました。


france 
CAFE les 2 MOULINS


ご存知の方も多いと思いますが、映画「アメリ」に登場してくるアメリが働いていたカフェですもちろんお茶してきましたよ〜


 france 
あちこちにアメリの顔が メニューにも


写真左下はアメリで常連の男性が座っていた席。


france 
chocolat shoud

自分でミルクを入れて混ぜるタイプでした。左⇒右


france 
常連男性のテーブルに敷かれるシート


店に入った時は先客がいたので隣の席に座ったんですが、その方々が先に出られてこのシートが残っていたので、イケメンのギャルソンに「ちょう〜だ〜い」とは言ってないですが、目で合図して貰ってきましたあっ、旦那がですよ


france 
アメリに出てくる八百屋さん


france


カフェに行く前に八百屋さんを先に行った方がいいですねぇ。カフェからだとまた上らないといけません。またこの坂が急なんですよね・・・


Cafe les 2 Moulins & 八百屋さん



View Montmartre in a larger map


france 
Place des Abbesses


メトロAbbesses駅出入り口にはギマールがデザインしたアールヌーヴォーのアーチがあります。


次は教会へ




(2015.4.1編集)blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

フランスの旅 5日目 Montmartre Paris①

モンマルトルへ行く前にマルモッタン美術館へモネの絵を観に行きます


今日も激しくしております・・・


おなじみRER C線でInvalides駅からBoulainvilliers駅まで向かいます
途中から線が分かれていて、行き先を間違えて乗ってしまいました旦那が気づきマドモアゼルに何処行きか聞いて次の駅で慌てて降りました。あやうく全然逆方向に行くとこでしたPontoise行きかArgenteuil行きに乗ります。


駅に着き、今度は出口を間違えたようで・・・それに行き方を調べてない・・・すっかり忘れていましたとりあえず持っているおおまかな地図と睨めっこ
私が「こっちやろ」と出て右に向かったら旦那は逆の方向左へ・・・実際は右が合っていたんですよねぇさぁここから迷宮入りです



じゃないんですね〜


まだ迷っていることに気づいてません。地図には詳細な通り名が載っていないので何処を歩いているのか解ってません。暫く歩いているとエッフェル塔がなんで??
マルモッタンに向かって歩いていたらエッフェル塔が見えるはずないんですよね・・・
そこで間違っていることに気づきましたいったい何処を歩いているのだろう・・・?
いまだに謎です
迷っていることでちょっと気持ちが焦り、エッフェル塔の写真撮ってないことが非常に残念です・・・あの角度からは普通では見ることないのに・・・
目の前にデーンと大きく姿が現れたんですよねぇ


違う道を歩こうとした時、荷物の積み下ろしをしていた若いムッシューが「ノン!ノン!」と大きな声で止めてくれました。地図を一緒に見ながら一生懸命この道がどこかを探してくれ、そこの角を右に曲がってまっすぐまっすぐと教えて頂きました。
観光客が歩いているはずがない道だったんでしょうねぇ。。。


また分かれ道・・・地図と睨めっこしているとかなりご年配のムッシューが心配そうに声をかけて下さいましたマルモッタンの発音が上手く出来ず、なかなか通じなかったんですが、ようやく解って頂き、まっすぐ行って右(多分・・・)と教えてくださり先を進みました


信号待ちで地図を確認していたら、またまたかなりご年配の今度はマダムが心配そうに声をかけて下さり、意識してマルモッタンと発音したらすぐに通じて、もうすぐの所まで来ていました


本当にご親切な方々に助けられ感謝感謝です私も日本で迷っていそうな人には声をかけてみようと思いますどんな形でも恩返しをしないとね


話が変わりますが・・・この辺りは上を向いて歩けません・・・
のウ○チがいっぱい・・・パリ中心部はなくなったけど、離れるとまだまだのようです・・・バキュームカー来てるのかなぁ・・・?


さてマルモッタン美術館に到着したのですが、10時開館が11時に時計を見るとあと15分程、40分近く迷ってたようです。そのお陰で待ち時間が短くて済みました
散歩してたようなもんですね〜



美術館周辺



待ってる間ラヌラグ公園で撮影タイム9月後半ですっかり秋色





Jardin du Ranelagh


     


さすがフランスだなぁと思ったんですが、美術館の職員さんが一人、開館5分前に来たので「So cold...」とアピールしたんですけど融通利かず、驚いたのが他の職員さんたち1分前に駆け込んできましたそりゃ、開けられへんわなぁ・・・



Musée Marmottan


中の写真は撮らず絵を観るのに夢中になっていました。空いているのでゆっくりと観ることができました


次にモンマルトルへ向かいます今度は迷わず駅まで辿り着きましたよ
RER C線でBoulainvilliers駅からMusée d'Orsay駅まで行き、乗り換えて(外を歩きます)メトロ12号線 Assemblée Nationale駅からLamarck Caulaincourt駅で降りました。


メトロの中で辛いことが・・・
補助椅子に座っていたんですが、アコーディオンを弾くおじさんとタンバリンを持った女の子(小学校3〜4年生くらい)が音楽を演奏し始め、私たちのすぐ前で女の子はカワイイ笑顔で踊りながらタンバリンをたたいています。チップを要求しているんですが、財布は鞄の中、メトロ内で鞄を開けて財布を出すなんて行為は絶対しない方がいいので女の子と目を合わせないように必死でした・・・すごく辛かったです・・・
コートのポケットに小銭を入れておけばよかったと何度思ったことか・・・


そんなのあげなくていいと思われる人もいると思いますが、現地の決して裕福そうではない若い男性が小銭を渡していたんです・・・それを見て情けない気持ちになりました。こういう子供たちは学校に行ってないのでしょうか。。。?
先進国にもこうして学校に行ってない子供がいるんですよね。
途上国の子供だけでなくこういう移民の人にも目を向けないといけないのかも・・・と思います。。。


さて、また道を間違えてモンマルトルで迷うと大変ですすごい坂道ですから上ったり下りたりしていると足が・・・
駅を出て上がる階段があるのでそれを上らないといけないのに、下る階段の方へ行ってしまったんですよね・・・

なんと次の駅辺りに行ってしまっていましたバス停に地図があり、覗いているとサラリーマンらしきイケメンムッシューが地図をみて教えて下さいました。が来てるのに・・・この日は親切なフランスの人に出会えて感謝ばかり


来た道を戻りようやく最初の目的地へ




Au Lapin Agile


オ・ラパン・アジルはユトリロやピカソ、モディリアーニが通ったシャンソニエです。ユトリロが絵を描いてますね〜




今も実際にシャンソンショーを観る事ができますよ〜

Au Lapin Agile



エリック・サティの家


エリック・サティは20世紀クラシック音楽の作曲家



ユトリロが描いた場所


階段を下りて実際描いた場所まで行きたかったんですが、何しろ道を迷ったせいで既に足が疲れていて、また上がる元気がありませんでした・・・



次はお腹空いたのでカフェに入ります


blogramのブログランキング
関連記事

西国三十三所巡り 第三十一番札所 姨綺耶山 長命寺

竹内宿禰は奥島山に来て柳の巨木に「寿命長遠諸願成就」と刻んで祈りました。すると300歳の長寿を得て6代の天皇に仕えたと云われます。


その後、推古27年(619)に聖徳太子が当地を訪れ、宿禰が文字を刻んだ柳で千手十一面観音三尊一体の仏像を造り、お堂を建て安置し、宿禰が刻んだ文字にちなんで長命寺と名づけたのが開基となっているそうです。


ご詠歌
八千年や柳に長き命寺
運ぶ歩みのかざしなるらん



山中の駐車場からは残り100段



下から来た人は808段登ります


途中までで行くことが出来ます。



山門




三仏堂 滋賀県指定有形文化財



あまりよく見えないなぁ・・・         



本堂 大永4年(1524)建立 重要文化財




ご本尊は千手観音立像(秘仏・平安時代末)でこちらが今回の結縁ご開帳になります。61年ぶりだそうですよ〜
通常は33年に一度だそうです。



鐘楼(右側) 慶長13年(1608)建立 重要文化財




修多羅岩



三重塔 慶長2年(1597)建立


修多羅(すたら)とは仏教用語で天地開闢(かいびゃく)、天下太平、子孫繁栄を云うそうです。


三重塔は重要文化財に指定されています。





ご朱印


2009年10月11日に訪れています


アクセス:JR琵琶湖線「近江八幡」駅より近江鉄道バス「長命寺」下車
拝観時間:8:00〜17:00
入山料:無料
西国三十三所結縁ご開帳期間は終了しました


blogramのブログランキング
関連記事

フランスの旅 4日目 Paris④

を出てルーブル美術館へ向かいます。



Arc de Triomphe du Carrousel


カルーゼル凱旋門をくぐるとピラミッドが見えてますね



Palais du Louvre


ルーブルはやっぱり大きいなぁ



逆さピラミッド



サモトラケのニケ



フランス絵画の部屋


前回、フランス絵画の部屋の扉は閉ざされていて観ることができなかったんですよねぇ。。。リベンジが果たせました



「皇帝ナポレオン?世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠」
ジャック・ルイ・ダヴィッド  1806〜07年


戴冠の絵ですが、ヴェルサイユの記事にも書きましたが、宮殿の絵と違いがあります。わかりますか〜?ヒントです





レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」(通称)


モナ・リザは「ジョコンド夫人リザ・ゲラルディーニの肖像」といい、別称「ラ・ジョコンダ」といいます。1503〜06年頃の作品です。


他の絵はmasarinさんのブログで観てくださいね〜



次にセーヌ川ナイトクルーズに向かいます。船はバトーパリジャンです。乗り場はエッフェル塔の傍なのでRER C線でMusée d'Orsay駅からPont de l'Alma駅まで行きます



セーヌ川



Musée d'Orsay



Musée d'Orsay駅



案内掲示板



Tour Eiffel


 


Bateaux Parisiens内


チケット購入に並びますが、購入後、乗船時間までにすごい人数になっていました。
フランスレイルパスを持っていると料金が半額になり、一人11ユーロが二人分になります(変更になる場合があるのでその時点で確認してくださいね〜)。


Bateaux Parisiens



別の船が



Hôtel de Ville(市庁舎)



Pont Neuf(ポン・ヌフ橋)




La Conciergerie(コンシェルジュリー)



国立美術学校




船を出たのは22時前、帰りはホットドッグを食べながら歩いてまで帰りました
ホットドッグはあまり美味しくなかったです
エッフェル塔のキラキラ点滅が非常に綺麗でした


明日はモンマルトルへ


blogramのブログランキング
関連記事