西国三十三所巡り 第二十一番札所 菩提山 穴太寺

創建は慶雲2年(705)、文武天皇の勅願により、大伴古麿が薬師如来を本尊として開いたと伝えられています。


応和2年(962)、丹波国郡司、宇治宮成が観音像の制作を京の仏師・感世に依頼しました。感世は3ヶ月かけて像を完成させました。宮成は名馬と評判の馬をお礼に感世に与えました。
感世はその馬に乗って都に戻っていきましたが、宮成は馬が惜しくなり下男に、感世を射殺し馬を取り返すよう命じました。
下男は命令どおり感世を射殺し、馬を取り返しましたが、感世の家から何の連絡もないので都に使いをやると感世は生きており、馬もその家にいました。
報告を聞いた宮成は驚き、厩を見てみると奪い返したはずの馬がいません。恐ろしくなった宮成は懺悔しようと観音像を見ると観音の胸に矢が刺さり、血が流れていました。
宮成と下男は悔いり仏門に入りました。


ご詠歌
かかる世に生まれあう身のあな憂やと
思はでたのめ十声一声



仁王門 江戸中期再建 京都府登録文化財





本堂 享保20年(1735)再建 京都府指定文化財


ご本尊は聖観音立像(秘仏・佐川定慶作)で、こちらが今回のご開帳になります。通常は33年に一度のご開帳です。


正直・・・どれがご本尊なのかよく判りませんでしたし、よく見えませんでした・・・


本堂内右奥の涅槃像の方が印象に残りますね〜ふとんをめくって自分の悪い箇所を撫でると良くなるそうです。





多宝塔 享和4年(1804)再建 京都府指定文化財



境内


広くはないお寺ですが、静かで心落ち着くお寺さんでした。近くには円山応挙生誕地があります。





帰る道中での景色




ご朱印


2009年9月6日に訪れています


アクセス:JR山陰本線「亀岡」駅より京阪京都交通バス「穴太寺前」下車
拝観時間:8:00〜17:00
拝観料:本堂・庭園各300円、共通500円
西国三十三所結縁ご開帳期間
終了しました
終了しました
2010年5月1日〜31日


関連記事
スポンサーサイト

フランスの旅 3日目 Versailles③

チケットを購入して庭園へ参ります〜一人7.50ユーロです。
でもイベントってあったのかなぁ・・・?そんな気配なかったけど・・・???
あるとしたら大噴水ショーなんだけどなぁ???



まずは南花壇から



綺麗ですね〜


南花壇は王妃のアパルトマンからの眺めが最も素晴らしいそうですよ〜



水花壇 チュビー作「ローヌ河」



ラトナの泉水



カエルとトカゲの噴水



当時、女神は宮殿の方を向いていたそうですが、再整備してから大運河の方に向きが変わったそうです。






カワイイ



アポロンの泉水と大運河






冬ソナちゃいますよぉ



カッコイイですね〜


トリアノンへ行こうと庭園を出て向かいかけたんですが、遠い・・・次の予定があるので行ったらまたすぐ戻ってこないといけないのでトリアノンは諦めました
庭園へ戻る際に再びチケットが必要なので捨てないようにしましょう



フローラの泉




庭園にもがあります


宮殿のは男女同じ列に並び、係りの人が振り分けます。係りの人によっては男性を先に通してくれることもあるので係りの人に声をかけてみましょう料金は無料でした。



北花壇



ピラミッド



水の散歩道とドラゴンの泉



庭園も広すぎて全部観れてません一日かけないと無理ですね〜



ミニトレイン乗り場


トリアノンへ楽して行きたい場合はミニトレインに乗るのが一番ですねぇ


シャルトルへ向かうのにお昼頃宮殿を出てみると朝とは全く別の景色なんとすんごい行列になっていました・・・



ミュージアムパスの入口


セキュリティチェックに並んでいるのですが・・・



ここまで並んでます



チケット売り場


パス持ってない人は・・・



もっと並びます


この人たちはいったいいつ入れるのでしょう・・・?まだまだ向かってくる人も沢山いましたよ。日本の方はパスを用意するかネットでチケットを予約購入しておきましょうねそしての日以外は朝一に行きましょう

Château de Versailles


因みに、駅から来る途中にある観光案内所でもミュージアムパスを購入できますが、こちらもすごい行列でした



ルイ14世騎馬像


シャルトルへ


関連記事

フランスの旅 3日目 Versailles②

それでは宮殿内を楽しみましょう


1630年にルイ13世が庭付きの「狩の館」を建てたことから始まり、造営に本格的に取り組んだのがルイ14世です。ヴェルサイユは「廷臣を自分のそばに住まわせたい」というルイ14世の望みを叶えるのにふさわしく、十分な広さがありました。
太陽王とも呼ばれたルイ14世の意向に沿って権力を反映する形で生まれ変わったヴェルサイユは1682年〜1789年まで絶対王政の中心地となり、その象徴ともなりました。


    
王室礼拝堂



手すりが素敵


王室礼拝堂は1689年から着工し1710年に完成しましたが、ルイ14世は5年間しか使用できませんでした。1710年〜1789年まで王は聖体を授ける大きな宗教行事、聖霊騎士団の式典、フランス王の子女の洗礼・婚礼のためだけに入ったそうです。



マルスの間


マルス(火星)は惑星であると同時に戦いの神でもあり、部屋の装飾全体が軍を題材にしているのは儀式の間の衛兵の間として使用されていたからだそうです。



マルスの間



メルクリウスの間


メルクリウスの間は元々「寝台の間」の名の由来となった「グラン・アパルトマン」の儀式用寝室だそうです。1715年9月2日から10日までルイ14世の遺体が安置されていました。


戦争の間


鏡の回廊


戦争の間は1678年にマンサールが着手し、1686年にル・ブランが「ナイメーヘンの和約」にいたる軍事的勝利をテーマにした装飾を完成しました。


鏡の回廊で係りの人以外だーれもいれずに撮影できました



鏡の回廊


17世紀に名づけられた大回廊は短時間の訪問、待ち合わせや交流の場として使用され、宮廷人や一般来訪者が頻繁に出入りしていました。儀式の場となることは稀で、君主が外交レセプションや王族の結婚に際し開かれる舞踏会やゲームといった余興に使用されました。
1770年5月、マリー・アントワネットと王太子(ルイ16世)の婚礼の仮面舞踏会が行われ、1919年6月28日、第一次世界大戦の終わりを告げるヴェルサイユ条約の署名も行われました。



鏡に映る私たち



牛眼の控えの間



王の寝室


牛眼の控えの間は廷臣たちが王の寝室への入室許可を待っていた場所だそうです。


王の寝室は王が在室の時の入室は礼儀作法で規定されていましたが、不在の時はあらゆる人が見学できたそうです
1715年9月1日、ルイ14世はこの部屋で亡くなったそうです



王妃の寝室


王妃の寝室は一般公開された出産の場ともなり、19名のフランス王の子が出生したそうです。



窓からの眺め 南花壇


花壇手前の緑色の建物は庭園に入るためのチケット売り場です。庭園は無料ですが、イベントがある日は有料になっています・・・
ミュージアムパスを持っていてもチケットを購入しないと入れません。



天井の彫刻が素晴らしい



「1804年12月4日 ナポレオン1世とジョゼフィーヌの戴冠式」
ジャック・ルイ・ダヴィッド作


戴冠式の絵はルーブル美術館にあるダヴィッド自身が描いたもののレプリカなんですが、ルーブルの絵と違いがありますご存知ですか〜?
後日ルーブルの戴冠式の絵もUPするので知らない方は見比べてくださいね〜



歴史の回廊



写真・言葉では伝えられない美しさです


ルイ・フィリップ・ドルレアンがフランス王となった時、ヴェルサイユから王室住居の性格を除去し、博物館に改装することになりました。自身が情熱を傾けていた歴史が研究分野から科学となった時、絵画・彫刻・素描・版画を集めることに決め、1837年この博物館を開館しました。6000点の絵画と3000点の彫刻が集められています。


    
                                              迫力あったので 



ナポレオン1世


次は庭園へ


関連記事

フランスの旅 3日目 Versailles①

今朝の出発は既に明るくなっていました
でも朝はいつもしか見えないんですけど・・・だから余計寒い
今回の旅はいつも14時頃に照りだし、朝晩とは気温差が激しく、日中は夏のような暑さで着る服に難儀しました





vèlib


vèlibは貸し自転車で観光客でも利用できますよ。登録が必要だと思います。
でもパリの街中をチャリで走るのには慣れるまで難しそう・・・
朝はいっぱい駐輪してたんですが・・・

vèlib



ギャルリー・ラファイエット(デパート)


入ってみましたが・・・たいしたことなかったです



左の建物はモノプリ(スーパー)


ここのモノプリは大きいのでお土産購入に便利です
正面の建物がモンパルナス駅です



Gare Montparnasse



駅前にはメリーゴーランドが



駅構内


レイルパスがあるのと着くのが早いので国鉄から途中RER、C線に乗り換えて行くことにしたんですが、わざわざ改札口のある方に来てしまいました・・・確か地下1階だったと思います。
駅員さんにパスを見せて改札を通してもらいました。が、2階へ行けば改札通らなくてもそのまま列車に乗れたのに・・・



掲示板


8:10発のPLAISIR GRIGNON行きの列車に乗りますまだホームが表示されていませんねぇ



これに乗ります



列車内 2階席


車内はなかなか可愛くてカラフルでしたは掃除はしてますがイマイチ綺麗とはいえないです・・・



乗り換え駅 VIROFLAY RIVE GAUCHE



乗ってきた列車


ここでの乗換えが大変でした日本ではJRから地下鉄に乗り換える時は改札出ますよねぇ、その感覚でいると焦ります改札出なくていいのに必死に出れるとこ探してました・・・ほんで、出れるとこないし・・・


モニターで次に乗る予定の列車が表示されたんですが、ホームがわからない
明らかなのは並んでるホームのどれかなんですけど、表示されてるホームの番号が「21」ってなってるんですよね・・・「21」が無いんです
時間が迫ってくるし、これは人に聞くしかないと思い、優しそうなマドモアゼルに声をかけて尋ねるとご親切にホームまで案内してくださいました。
あぁ〜ありがとうございますぅ

で、ホームの番号を確認すると「2IN」となっていました・・・そうなんです「21」ではなく「2I」だったんですそんなんわからんでぇ・・・




列車内 1階席


RER C線は噂どおり綺麗じゃない・・・オシッコのような臭いが・・・は水が流れない・・・
C線は行き先がいくつかあるので全てではないかも知れないですが。



到着〜


 
駅前


駅を出て、右に向かって進みます前に横断歩道があるので渡ってから右に向かっても大きな交差点Ave.de Parisを左に曲がると左手に観光案内所があります。



見えてきました〜


ひらけて見えてくるとワクワク度UP



中央格子門



朝陽に輝いて綺麗



ホントに歩いてるよう。。。





幻想的でした。。。



王の中庭




キンキラが眩しいです



大理石の中庭


いよいよ宮殿内へ


関連記事

フランスの旅 2日目 ちょこっとRennes

レンヌに到着〜レンヌは学生の街のようです



Rennes駅前


やはり気温が全然違います寒くないです


さて、どう時間を潰そうか・・・寄る予定はなかったので全く調べてません
旧市街へ行くにはRennes駅からメトロで2つ目Rèpublique駅で降りるといいようです。
歩いても行けますが。私たちも知らずしらずのうちに旧市街へ入っていました。


とりあえず駅前の道まっすぐ行ってみましたジャン・ジャンヴィエ通りです。
途中に
Lycée Émile Zola de Rennesという高校と大学があったのですが、すごく大きい立派な建物でした撮ってない・・・


その学校を通り過ぎ角を左に曲がって進むと左手に教会が



Èglise de Touissants




地図には載っていない小さな教会でしたがステンドグラスも綺麗でした



周りの風景


更に歩くと広い通りに出ました



La Rèpublique


この時は何か判りませんでしたが、これ郵便局ですすごいですねぇ
ここにメトロRèpublique駅があります。ということで旧市街にきました〜



彫刻も立派です


そろそろ駅に戻らないといけなくなり残念でしたもっとウロウロしたかった


Rennes


View Rennes in a larger map

TGVに乗ってMontparnasseへ戻ります。



もちろん2等車です


行きは満席で撮影しにくかったんですが、帰りは17:35発ですが、若干空席もありました。



飲食できる車両


ドリンクやスナックなど売っている車両です。ここで飲食も可能だし、座席でももちろん


列車内のは綺麗なので使いやすいです。2時間くらい乗っているし、駅などは有料なので列車内で済ませておくのが懸命だと思います。ただ、到着15分くらい前から混みだすのでギリギリまで我慢しないようにしましょう


世界の車窓から



何処かの駅



何処かの街



風力発電?



夕陽がキレイ


Montparnasse駅に到着です。



乗ったTGV



モンパルナスタワー


駅前にデーンと建ってます。上まで上がれますが、今回は上がらずじまいです。ちょっと残念・・・


晩御飯ですが、外食は疲れたのでホテル横にある中華のお惣菜を買ってホテルの部屋で食べましたもう中華って・・・



宿泊ホテルの隣



店内


どれも美味しそうでした店内にも飲食スペースがあり、他人が食べてるのが美味しそうに見えますよね〜
ビールやお水も売っているので、それのみ購入するのに毎日(3日間)寄ってました


最後の日、ショックな出来事を見てしまいました・・・ビールと水を買うのにレジを待っていたら、黒人の女性で一見ちゃんと仕事してるように見える人がアイスクリームをスッと取ってそのまま店を出たんです・・・私、バッチリ見てるんですけどお構いなしでした・・・お店の人に言ったら「1個?いい、いい」って諦め口調でした。
よくあることなんですかねぇ。。。



購入した惣菜と炒飯


二人で少なそうに見えますが、とんでもないサイズはスモールサイズですけど、日本ではラージじゃない?って感じです深い・・・満タンに入れてくれます
味は・・・美味しいです特にエビチリがうま〜い


旦那の方が先にお腹一杯になったので頑張って食べたら翌日胃痛が・・・薬で治まりましたけど・・・


スプーン・フォーク・お箸などを持ってくると便利ですよ


明日はヴェルサイユとシャルトルです


関連記事