西国三十三所巡り 第十七番札所 補陀洛山 六波羅蜜寺

六波羅蜜寺の元は西光寺と云ったそうです。


天暦5年(951)、都に疫病が流行し、空也上人は金色の十一面観音像を刻み、これを車に乗せ死屍累々の街に出て病者に薬湯を与えたそうです。
この前の年から大般若経の写経を発願し、13年の年月をかけて600巻を浄写し終えると観音像と般若経を奉安する仏殿が建立されました。これが西光寺になります。


9年後に空也上人がこの寺で亡くなり、弟子が寺号を六波羅蜜寺と改めたそうです。

ご詠
おもくとも五つの罪はよもあらじ
六波羅堂へ参る身なれば






本堂



以前と同じアングルだ・・・


ご本尊は十一面観音立像(平安時代・国宝・秘仏)で、こちらが今回のご開帳です。通常は12年に一度、辰年にご開帳されます。


宝物館には沢山の貴重な仏像が安置されています。中でも空也上人像(鎌倉時代・重文)は有名ですね〜


 



ご朱印


2009年5月5日に訪れています


アクセス:京阪「五条」駅
      市バス「清水道」下車
拝観時間:8:00〜17:00
拝観料:宝物館500円
西国三十三所結縁ご開帳期間は終了しました


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

恵美須神社

建仁2年(1202)、建仁寺の開祖、栄西禅師によって建立されました。


栄西禅師入唐の時、舟中俄かに波風が荒く吹き、舟中の人々が驚き騒ぐ中、禅師は少しも騒がず、海上に向かい拝し給うといづくともなくゑびすの神様が現れ、舟の舳先に立ち給うとたちまち波風鎮まり、その御影をうつしとどめて帰朝の後、建仁寺の鎮守としたそうです。



一の鳥居



二の鳥居




拝殿


ご祭神は八代言代主大神(やえことしろぬしのおおかみ)・大国主大神・少彦名神。


ゑびす大神は大国主大神のお子で正式には八代言代主大神と云うそうです。




お花を沢山育てられていてとても綺麗でした





ご朱印


2009年5月5日に訪れています


アクセス:京阪「四条」駅


blogramのブログランキング
関連記事

御金神社

御金(みかね)神社は五元陽爻(ようこう)の第一位の神で金乃神、金乃類を司り給う神で、昔は民家にあり密かに祭祀されていましたが明治16年(1883)社殿を建立したそうです。



鳥居が金色です




拝殿


絵馬がイチョウですね〜


ご祭神は金山毘古命(かなやまひこのみこと)・天照大神・月読神。


鉱山・鉱物の神として全ての金属類、特に通貨として用いられる金・銀・銅の御金(おかね)を護り給う事から資産運用の神として証券類や不動産、造作、転宅、方位、厄除け、旅行中の無事安全をも護り給う神として崇められているそうです


行かれる際は油性ペンを持参された方がいいと思います。ペンが置かれていますがインクが出ませんでした





2009年4月5日に訪れています


アクセス:京都地下鉄「烏丸御池」駅


blogramのブログランキング
関連記事

阪神甲子園球場

阪神ヤクルトのチケットが手に入ったので阪神ファンの母を連れて応援に行ってきました
因みに私はプロ野球は興味が無く・・・にわか阪神ファンになって応援しましたよぉ


球場の外観はツタの葉がないので淋しい感じがしますねぇ。。。




球場内に入ると何故かワクワクしてきます




女の子の方は何ていう名前なんでしょう?トラッキーのバックテン、カッコ良かったです



試合が始まります



先発ピッチャー 下柳投手



赤星外野手



関本の応援旗が 



関本内野手



ブラゼル内野?外野?



新井内野手



矢野捕手





赤星選手が走ります



段々暗くなってきました 



金本外野手



ジェット風船の準備が始まります



用意はいいですね〜


この風船を楽しみにしていたんですよね〜一度生で見てみたかったのよん



それ〜



あ〜楽しかったでも試合の結果は・・・2−3で負けてしまいました
の天気予報でしたが、無事もってくれてよかったです


来月は日本女子バレーを応援しに行きます


blogramのブログランキング
関連記事

ごはんやさん 菜の花

二条城の桜を観たあと、二条城北側すぐ傍にあるごはんやさんで昼食にしました。



外観



桜を愛でる茶席もありますね〜



ゆば定食だったか、ゆば御膳だったか覚えてないですが、あっさりしていて美味しかったですよ。
お値段忘れましたが私たちが食べているので高くはないです


    


堀川沿いの桜が綺麗でした


住所:京都市上京区猪熊通丸太町下ル中之町519
電話:075-812-5835


blogramのブログランキング
関連記事