和歌山の旅 熊野那智大社別宮飛瀧神社

熊野那智大社から熊野古道を歩いて飛瀧(ひろう)神社へ向かいます



なかなかイイ感じです


ここはそんなにしんどくないですよ




ほどなくして到着〜



この石段下りてきたんです



大滝に近づいてきました


最初に上ると思いきや下りるんです473段あります。
帰りは上らないといけないんですよね・・・
足、もう限界に


    
那智大滝(一の滝)


滝を観てしばし、帰りのことなんて忘れましょう


大滝の高さは133m、滝壺の深さは約10m以上だそうです。


ご祭神は大己貴命(おおなむじのみこと)で、滝を直接拝む形になっています。


滝壺近くに行くことが出来ますが、今回は足に負担を掛けるのを減らすためパスしました



ご朱印


2009年3月29日に訪れています


アクセス:熊野交通バス「滝前バス停」下車
お滝拝所:300円


関連記事
スポンサーサイト

和歌山の旅 熊野那智大社

青岸渡寺のすぐ隣に鎮座されています。


那智山の信仰は神武天皇の頃に始まり、仁徳天皇5年(317)にお滝本より現在地に移して社殿を造ったそうです。



一の鳥居



二の鳥居




境内



拝殿



八社殿


本殿は熊野権現造りといい、鈴門を設けていて、正面に三殿あり、証誠殿には家津御子神、中御前には御子速玉神、西御前にはご主神の熊野夫須美神を祀っています。





那智の樟


那智の樟は県指定天然記念物になっています。樹齢約800年と推定され、高さ27m、幹まわり約8.5mもあります
平重盛公のお手植えと伝えられているそうです。


   
樟の樹の中に入ります                   妊婦ネコ


護摩木を手に胎内くぐりが出来ます樹の中に入れるなんてぇ


写真のちゃんは多分妊婦さんなんですが、この場所からなかなか移動しないのでふと上を見ると祠の下だったんですねぇ
なんと安産の神様の所でしたちゃんも祈願するんですね〜



ご朱印


2009年3月29日に訪れています


アクセス:熊野交通バス「神社お寺前駐車場」下車


関連記事

和歌山の旅 西国三十三所巡り 第一番札所 那智山 青岸渡寺

やっと来ました一番札所テレビでよく見るアングルで滝が撮れるかなぁって、まず拝まないと


青岸渡寺は仁徳帝(313〜399)の頃に印度より裸形上人が熊野浦に漂着し、熊野各地を巡歴、那智大滝に於いて観世音を感得され、今のお堂の地に庵りを造ったのが始まりだそうです。


ご詠歌
補陀落や岸うつ波は三熊野の
那智のお山にひびく滝津瀬


   
このような石段が続きます・・・                                            



山門(仁王門)



姿勢のいい狛犬ですね〜


山門に安置されている仁王像は湛慶の作で、3.2mの執金剛力士。





本堂(如意輪堂)


本堂は推古天皇の時代より六回改築し、天正18年(1590)豊臣秀吉の願いにより桃山時代建築で再建され、南紀最古で国指定重要文化財になっています。


ご本尊は如意輪観音坐像(秘仏)。通常は年3回ご本尊のご開帳があります。


推古天皇の時(593〜629)に大和より生仏上人が来て、玉椿の大木に如意輪観世音を彫刻し、前の観世音を胸に納められたと寺伝されているそうです。


とても大きな像で、胸から上部分を拝むことができました





ここからのアングルだったのね〜



タブノキ(犬樟)



如法堂(大黒堂)


タブノキは県指定天然記念物で、樹齢約700年だそうです。


如法堂には馬頭観音・大黒天ほか六福神が安置されています。



宝篋印塔




宝篋印塔は元亨2年(1322)造立、重文。


   
三重塔


三重塔は昭和47年(1972)に再建。
飛滝権現本地千手観音を安置しています。


   
三重塔からの那智滝                  ズームイン





 



ご朱印


2009年3月29日に訪れています


アクセス:熊野交通バス「神社お寺前駐車場」下車
拝観時間:5:00〜16:30(三重塔8:00〜16:00)
拝観料:三重塔200円
西国三十三所結縁ご開帳期間は終了しました


関連記事

和歌山の旅 勝浦シティプラザリゾートホテル

いつものごとくケチケチ旅なので安いビジネスホテルにしました
でもちゃんと温泉はありますよ〜



紀伊勝浦駅からすぐ



ホテルの外観



泊まった部屋


ビジネスの割りに部屋は広くてシングルサイズのベッドも広めでした


大浴場は広くはなく、女性の洗い場は4つだけでした
泉質は単純硫化水素泉でリウマチ・腰痛・皮膚病・糖尿病・婦人病・冷え性にいいようです



ホテル内レストラン




夕食


夕食は外で食べる方が美味しいと思うのですが、ゆっくりしたいので夕食付きプランにしました。
普通に美味しかったですよ





ベランダからの景色



朝食


朝食を済ませ本来の目的地へ



勝浦シティプラザリゾートホテル
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町朝日3丁目7-1
電話:0735-52-6600


関連記事

和歌山の旅 神倉神社

神倉神社は熊野速玉大社の摂社で熊野三山の主神降臨の霊地、熊野信仰の根源とも云われる霊所です。




ここももちろん世界遺産朱色の橋に桜が満開で綺麗でした〜



ここを上りますよ〜


写真では判りづらいかもしれないですが、なんて急でゴツゴツした石段なんでしょうか・・・538段あります
自然石を積み重ねた「鎌倉積み」と言われる石段で、名前の通り鎌倉時代に源頼朝が寄進したと伝えられているそうです。すごい・・・
上まで行くとなだらかな石段になってくれます
下りはもっと怖いですよ〜杖が置いてあるので上る際に借りました
靴は必ず


私より年配のおばさんがスタスタと下りて来られて「序の口序の口」と仰っていました・・・凄過ぎる・・・


野球少年が元気に挨拶してくれて、軽快にこの石段往復してました
2月のお燈まつりでは勢子たちが石段を駆け下りるそうです。




やっと上りきると桜が出迎えてくれました



巨大な一枚岩


大きな岩が祠の隣に鎮座されています。この巨岩群がゴトビキ岩です。
写真は撮らない方がいいようですのでUPは控えます。


ご祭神は高倉下命(タカクラジノミコト)・天照大神。




新宮市街と熊野灘


ご朱印は熊野速玉大社で頂くことが出来ます。



ご朱印


2009年3月28日に訪れています


アクセス:JR紀勢本線「新宮」駅


関連記事