和歌山の旅 大斎原

大斎原(おおゆのはら)は元々熊野本宮があった場所で、明治22年(1889)の大洪水で呑み込まれ流出してしまいました。




菜の花が沢山咲いていて素敵な景色でした






近くで見ると更に大きい鳥居です


鳥居は日本最大の第一大鳥居で、高さ約34mもあります。



八咫烏が



ここも世界遺産ですね


ここから奥は撮影になっています。事前に許可が要ります


広い野原のようになっていて桜も綺麗に咲いていました元あった社殿の場所に石祠が建てられています。




2009年3月28日に訪れています


アクセス:龍神バス「大斎原バス停」下車


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

和歌山の旅 茶房 珍重庵

熊野本宮一の鳥居の傍に和菓子のお店があったので寄ってみました



外観



店内


雑誌に「もうで餅」が名物で紹介されていたので注文してみました



もうで餅


お餅がすんごく柔らかくて楊枝では切れませんそのままパクつきましたが、めっちゃ美味しい
家でも食べれるように購入しました




住所:和歌山県本宮町本宮1110
電話:0735-42-1648
営業時間:9:30〜16:30
無休(シーズンオフは水曜定休)
HP


blogramのブログランキング
関連記事

和歌山の旅 熊野本宮大社

熊野本宮大社は熊野三山の一つ。


熊野国造家の開祖は天孫邇邇草藝命(ににぎのみこと)の御兄君天火明命(あめのほあかりのみこと)で、その子孫に当たる高倉下(たかくらじ)は熊野の村に在って神武天皇に天剣布都御魂(ふつのみたま)を献げてお迎えし、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)は天より八咫烏(やたがらす)を遣わし大和の橿原まで導かれました。
崇神天皇は大和民族の皆は神を祀ることとお考えになり、神宮(伊勢)本宮(熊野)が奉祀されました。



本宮に向かう道中で




   
                参道               登りきって振り返ってみました




梅の実が生っていました




神門


神門の向こうは撮影になっています事前申し込みが必要
門をくぐるとなんとも神聖な空気が漂っていました


左から第一殿〜第四殿になっていて第三殿(証誠殿)に主祭神が祀られています。どの社殿も重要文化財になっています。


ご祭神は第三殿に家津御子大神(素戔鳴尊)、第一殿に夫須美大神、第二殿に速玉大神、第四殿に天照大神が祀られています。




南側にある拝殿




ご朱印


2009年3月28日に訪れています


アクセス:龍神バス「本宮大社前」下車
拝観時間:8:00〜17:00(宝物殿9:00〜16:00)
拝観料:宝物殿300円


blogramのブログランキング
関連記事

和歌山の旅 喫茶軽食 木古里

滝尻王子から熊野本宮へ向かう途中でランチタイムにしました


外観は一見大丈夫?的な感じでしたが・・・



外観




店内


店内にはお土産や民芸品がたくさん陳列されていました




変わった木の置物も沢山ありました



大きなノコギリ




焼きそば


名物は「たらいうどん」のようです


住所:和歌山県田辺市中辺路町近露1709
電話:0739-65-0606
営業時間:8:00〜18:00
火曜定休


blogramのブログランキング
関連記事

六角堂の桜2009

毎度お馴染み六角堂の桜をまたまた観てきました
昨年のものは
こちら


今年も見事に咲いていましたよ




この後は写真のみで〜す



スズメちゃんの頭








2009年4月5日に訪れています


アクセス:京都地下鉄「烏丸御池」


blogramのブログランキング
関連記事