熊本の旅 大宮神社

大阪へ帰る前に産土さんへお参りしていきました


第17代景行天皇が筑紫御巡幸の折、玉名から阿蘇へ向かわれている途中、山鹿にお着きになり杉山に行宮を営ませられ附近の賊を後平定になられたといい、その後、行宮の跡地に天皇を奉祀したそうで、大宮と称するのもこれに由来しているそうです。



皇紀2600年記念の鳥居




      



楼門 宝暦6年(1756)再建




楼門の天井


楼門の天井に干支の絵とローマ数字が描かれていました



拝殿




ご神木と八坂神社


ご祭神は景行天皇、相殿に阿蘇十二神が祀られています。



無病息災の鳥居


右側に小さな鳥居がありますが、腹這いになって健康と病気平癒を願ってくぐり祈願串を奉納します。


もちろん、くぐってみましたよ〜無事通れました


  


ご神木 実のなるモクセイ


明治期に植えられた国内では珍しい実のなる雌木のモクセイで、子孫繁栄の象徴だそうです。



ご朱印


2009年1月12日に訪れています


アクセス:産交バス「裁判所前」下車


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

熊本の旅 山鹿市消防団出初式

法事の移動中、偶然に山鹿市消防団出初式に出くわしました



菊池川での放水です
初めて出初式を生で見ました




もっとゆっくり見たかったのですが、法事が待っているので先を急ぎます


2009年1月11日のものです


blogramのブログランキング
関連記事

熊本の旅 有明海

さて、実家方面へ向かう途中で有明海が見えたのでちょっと止まって撮影タイムを取りました



長洲港



小さな漁船が沢山何が釣れるんでしょうね〜



こちらは何かの養殖?



有明海岸



人が歩いてますね〜


何を獲ったんでしょう?



カモメとトンビ


この二羽の戦いが始まりました



カモメがトンビを追ってます


写真では判らないですが、トンビが餌を銜えているのでトンビの勝ち


2009年1月10日に訪れています


blogramのブログランキング
関連記事

熊本の旅 雲巌禅寺・五百羅漢・霊巌洞

本妙寺から更に西に向かうと金峰山麓にお寺があります。


雲巌禅寺(うんがんぜんじ)は南北朝時代、天平6年(1351)元の帰化僧、東陵瑛璵(とうりょうえいよ)によって建立されました。


建立のいきさつに関して逸話があります。
瑛璵が寺を建てたいと思ったが、そこは深い渕になっていて建てることができない。
或る夜の夢に異形の者が現れて、「自分はこの渕の主、ほら貝であるが、貴僧の志を知った。この渕を貴僧に授ける。自分は今夜、西の方、杉谷に移るので、そのしるしに龍の鱗と貝殻を残して置く。」と告げました。
翌日、東陵が現地に行ってみると、渕は水が枯れ、告げられた二品だけが残っていました。そこで、ここに寺を建て、雲巌禅寺と号しました。
寺宝として龍の鱗とほら貝が保存されているそうです。




仁王像が出迎えてくれます。これは因みに後ろ向きです



本堂



お寺のちゃん


ご本尊は四面馬頭観音像(行基作)。


行基が熊本地方に足を向けられた時のこと、宇土川にかけられた丸木橋が夜中に不思議な光を放ち、渡ろうとすると足が痺れるなどするので、郷民は皆恐れ、殺生橋と名づけていました。
これを聞かれた行基はこの橋木を貰いうけ、七つに切り、川に流し、漂着したところで観音像を刻み安置して悪縁を善縁ならしめんとの誓いをなされました。
雲巌禅寺他、九州西国札所22番・23番・24番・26番・27番、長崎にある観音堂(島原の乱で炎上したと云われている)の七ヶ寺の観音像が同木の七大観音と伝えられているそうです。


五百羅漢と霊巌洞を拝観するには拝観料が必要となります。





五百羅漢と十六羅漢


安永8年(1779)渕田屋儀平という商人が五百羅漢の石像を安置することを発願し、享和2年(1802)に設置を完了したそうです。


残念ながらかなり朽ちてきてます・・・




この鳥は何でしょうか?



閻魔洞



霊巌洞へ向かいます





霊巌洞


洞内に入ることが出来ます


石体四面の岩戸観音(秘仏)が安置されています。


寛永20年(1643)宮本武蔵が霊巌洞に参籠し、「五輪書」を書き始め、正保2年(1645)死に先立つ7日前に門人に授けたそうです。


つい最近まで宮本武蔵が実在の人物とは知りませんでした
浦島太郎的な昔話かと・・・



霊巌洞内 船頭石


石体四面の観音が異国から渡来される時、船頭が楫をあやまって船を覆してしまいました。しかし霊像は板に乗って無事着岸され、その板に乗られたところを「板迫(いたざこ)」といい、着岸地を「仏崎(ほとけざき)」と名づけました。
その時の船頭は船を覆した罪を恐れて石となり、それが洞内にある船頭石であり、潮の満干を知らせると云うそうです。


洞内は神秘的な空気を漂わせている気がしました



ご朱印


2009年1月10日に訪れています


アクセス:産交バス「岩戸観音入口」下車
拝観時間:夏季8:00〜18:00・冬季8:00〜17:00
拝観料:200円


blogramのブログランキング
関連記事

熊本の旅 本妙寺

市街地からそれほど遠くない場所の小高い所にお寺はあります。


天正13年(1585)加藤清正公が父清忠公の菩提寺として大阪に建立したものを天正16年(1588)肥後入国後、熊本城内に移し、慶長18年(1611)清正公逝去のあと、現在地に移されたそうです。



沢山の燈籠が奉納されています



狛ライオンでしょうか?


燈籠の両脇に「胸突き雁木(がんぎ)」という石段があり、胸を突くような急な階段という意味だそうです。



石段を登りきり振り返ってみました



手水舎


石段は結構きつかったです胸を突きそうでしたよ



浄池廟の門



御宿 廣嶋屋


時代がタイムスリップしたような御宿があり、ノスタルジックでした



浄池廟前のお堂



          


お堂の裏に清正公が祀られている浄池廟があります。色彩がとても綺麗でした


宝物館もありましたが時間がないため今回はパスしました



清正公愛馬が祀られていました



境内からの景色



熊本城が見えます


清正公も眺めているかもしれないですねぇ。。。



お堂とソテツ


よくお堂の前にソテツが植えられているのを見かけると思いますが、ソテツの葉が鳳凰の尾に似ているためだそうです



ご朱印


2009年1月10日に訪れています


アクセス:市電「本妙寺前」
拝観時間:6:00〜17:00(宝物館9:00〜16:30)
入館料(宝物館):300円
月曜休館


blogramのブログランキング
関連記事