京都の旅 山王宮日吉神社/如願寺

山王宮日吉神社は宮津総氏神また旧宮津藩の守護神しとして平安時代から続く神社だそうです。


境内全域が京都府指定歴史的環境保全地区になっています。




拝殿 江戸時代 京都府登録文化財


本殿(江戸時代)は京都府指定文化財になっていて、ご祭神は大山咋(おおやまくい)神・大己貴神


灯篭が変わった形をしていますね〜



ユーモラスなお顔



空が青かった。。。




赤ちゃん初土俵入


赤ちゃん初土俵入は摂社、杉末神社の例祭に執り行われる神事で、江戸時代初期から地元力士により奉納花相撲が執り行われていました。その影響を受け、江戸中期に氏子中の有力な家々が屋号などをもとにした化粧廻しを作り、その息子たちを土俵に上げたのが始まりだそうです。


翌日神事が行われ、テレビのニュースにも流れていました


      
                                                                    ご神木


境内には樹齢1000年ともいわれるご神木や樹齢400年の大山茶花があります。


神社裏手に宮津最古の如願寺があるので公園を抜けて行ってみます



如願寺 山門


万寿元年(1024)皇慶上人が行基菩薩の薬師如来像をここに運び一宇を建て安置したのが始まりだそうです。



本堂 江戸時代 京都府指定文化財


ご本尊は薬師如来立像(藤原期の作)、耳薬師とも云われるそうです。
他には皇慶上人坐像(鎌倉時代)、五輪塔(正和元年・1312)、絹本著色仏涅槃図(南北朝時代)。いずれも府指定文化財。


どなたもおられず、拝観はできませんでした


  


周辺はこんな感じです



ご朱印


2008年10月12日に訪れています


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

京都の旅 智恵の餅 松吟楼 彦兵衛茶屋

次の場所へ向かう前にせっかく来たんだから智恵の餅を買おうと思ったら、賞味期限が2日しかないので、その場で食べてきました


智恵の餅のお店は4件ほど並んでいるのですが、最初に入ったお店では既に売り切れ・・・2件目は行列・・・3件目、智恩寺傍のお店に入ることにしました。



お店の外観



店内



智恵の餅


赤福餅のような感じですが、味は少し違ってました。
智恵の餅もお店により餡子が違うようで、こちらのお店は漉し餡でした。
小豆の粒が残っているお店もあるようです。お好みでどうぞ〜


住所:京都府宮津市字文珠470-1
電話:0772-22-3285


blogramのブログランキング
関連記事

京都の旅 日本三景 特別名勝 天橋立

天橋立を歩くことができるので行ってみましたまずは廻旋橋を渡ります。





廻旋橋(かいせんきょう)


廻旋橋は船が通る度に90度旋回する珍しい橋で、かつては「久世戸の渡し」と云われていたそうです。大正時代は手動だったそうです
現在は観光客のため時間くれば旋回してくれます。


  

天橋立


天橋立は約8千本の松で松並木が作られています。


その昔、天への架け橋といわれてました天橋立はイザナギ、イザナミの神が天への上り下りに使われた浮き橋であると云われ、ある日イザナギノミコトが昼寝をしている間に倒れて天橋立となったという神話が残っています


昔は籠神社の境内であり参道でした。







お天気もよくなりとても気持ちが良かったです〜


時間がある方はレンタサイクルで自転車を借りて走ると更に気持ちいいでしょう


2008年10月12日に訪れています


アクセス:北近畿タンゴ鉄道「天橋立」駅


blogramのブログランキング
関連記事

京都の旅 智恩寺

大同3年(808)平城天皇の勅願により創建されました。
日本三文殊の一つで通称「切戸」又は「久世戸」の文殊堂として知られ、知恵を授かる文殊さんとして有名です。



山門 宮津市指定文化財



           


山門は明和4年(1767)に上棟されました。再建にあたっては後桜町天皇から黄金を下賜されたことにより「黄金閣」ともよばれています。
上層には釈迦如来や十六羅漢を安置されています。





お寺のネコちゃんが可愛かったです〜



文殊堂



○○星人みたい・・・


文殊堂が現在のように改められたのは明暦元年(1655)から始められた宮津藩主京極高国による修理によるもので、正和3年(1314)や文永7年(1270)という鎌倉時代除の年号を示す墨書が見つかったそうです。


ご本尊は文珠菩薩で脇侍に善財童子と優でん王(三尊重文)が祀られています。



多宝塔 室町時代 重文



ここにもネコちゃんが


多宝塔には大日如来(文亀元年・康珍作)が安置されています。



扇子のおみくじが・・・



鐘楼


鐘楼は明治14年(1881)に建立。梵鐘は昭和48年(1973)に再改鋳されました。


      
                                                                     霊木 文樹


霊木「文樹」は文珠に通う名称で「文」を「かざる」と読み、人生を智恵で飾る者に幸いが訪れるそうです



ご朱印


2008年10月12日に訪れています


アクセス:北近畿タンゴ鉄道「天橋立」駅


blogramのブログランキング
関連記事

京都の旅 瑞松苑

ちょうどお昼時になったので事前に調べていた瑞松苑でランチにしました



奥のビルが瑞松苑


隣には海産センターがあり、海の幸が購入できます



店内



店内からの景色


大きな窓があり、見晴らしが良かったです



きつねうどん



かに


ここに来てなんでうどんとお思いでしょうが・・・お腹の調子が・・・
本当は海鮮丼を食べたかったんですよーうー・・・悲しい・・・


住所:京都府宮津市字小松二反田10
電話:0772-27-1488
営業時間:8:00〜18:00
無休
HP


blogramのブログランキング
関連記事