日本第一 笠山三宝荒神

そば畑に行く前にちょっとお参りを


笠山三宝荒神は9万8千808躰の眷属と倶に、3000年の昔より笠山の鷲ヶ峯に祀られ七袖七谷の峯谷を神躰山として、人々は入山する事がなく、山之辺の道に散在する社寺の三宝を守る神、奥之院として栄えました。
*三宝とは「佛」「法」「僧」をさします 



笠山荒神社

裏参道


拝殿


ご祭神は土祖神一座・興津彦の命・興津姫の命。
かまどの神様、火を鎮める神として各家のかまどに奉りご神徳を授かりました



表参道へ向かうと閼伽井(あかい)不動がありました。


   
 不動明王が祀られています


神秘な空気が漂ってました


閼伽井の池


大同元年(806)空海が高野山開創を志し、閼伽井の池で21日間の行を勤めました。その後、高野山を開基したが火災や疫病に見舞われ再びこの池で水行をし、不動明王を祀り荒神を高野山へ勧請、高野山を開山したと伝わるそうです。以後、荒神参拝の前に閼伽井の池で身を清める浄水として用いられました。


更に表参道を進むと天満神社がありました。




駐車場から離れてしまうのでここまでで引き返しました〜
ここで体力消耗・・・


 ご朱印


2008年9月14日に訪れています


関連記事
スポンサーサイト

荒神の里 笠そば処

葛城古道からを走らせの中へ入って行きます。第一の目的はそば畑が見たかったんですが、遠かったなぁ〜
お腹ペコペコになったのでお蕎麦を先に頂くことにしました



お店の外観


既にお客さんが一杯で、行列になっていました。整理番号を渡されるので番号呼ばれるまで席で待っています。
隣では野菜の直売所があり、こんなに沢山の量でこの値段とビックリしますよ



コスモスが沢山


番号呼ばれるまで退屈なので周りを散策してみました






子供がカエルを追いかけていました




向こうに見える白い一面がそば畑です。後ほど〜




やっとお蕎麦がきました〜



月見そばとざるそば(並)


お蕎麦は固めで歯ごたえがありました。旦那は美味しいと言ってましたよ〜
私は蕎麦オンチなので参考にならないです・・・


住所:奈良県桜井市笠4408
電話:0744-48-8410
営業時間:10:00〜16:00
水曜定休
HP


関連記事

九品寺と周辺

彼岸花が見れるかな〜と思い奈良の葛城古道まで行きましたが、まだちょっと早かったなぁ(9月14日)


九品寺(くほんじ)は奈良時代、聖武天皇の詔により行基によって開基されました。



山門



本堂


室町時代の兵火をまぬがれて現在に至っているそうです。ご本尊は阿弥陀如来坐像(藤原時代・重文)。
残念ながら住職が不在で、若者しかおらず拝観することはできませんでした。ご朱印も観光寺ではないからご朱印はないとのこと・・・




ヤブランが咲いていました



歩きたくなる道ですね〜



オオムラサキツユクサが綺麗でした


この道を進んでいくと彼岸花が咲いていて、とても見晴らしが良かったです〜




たぶん畝傍山だと思うのですが・・・




石仏が沢山


九品寺の周辺を散策してみます




棚田が広がっていてとても気持ちの良い景色でした。少しだけ彼岸花も咲いていて自然観察を楽しみました〜








葛城古道をあとにして次へ向かいました


アクセス:近鉄御所線「御所」駅からバス「猿目橋」下車


関連記事

印象派の巨匠 ピサロ展

美術館「えき」KYOTOで「ピサロ展」が催されているので行ってきました


今回の展示品はカミーユ・ピサロ以外にもピサロの息子や孫、コロー、ミレー、ドービニーやクールベ、マネ、ルノワールの作品も展示されていました。



「エラニー教会」 リュシアン・ピサロ 1886年



「チュイルリーの庭園、雨天」 カミーユ・ピサロ 1899年



「窓からの眺め、エラニー=シェル=エプト」 カミーユ・ピサロ 1888年



「ヘミクセムの眺め」 フェリックス・ピサロ 1894年



「モンフェルメイユ、森の小川」
J・B・カミーユ・コロー 1867年


他にも沢山綺麗な絵がありました癒しの空間で良かったです



図録


会場:美術館「えき」KYOTO ジェイアール京都伊勢丹7階
会期:2008年8月30日〜10月5日
開館時間:10:00〜20:00
入館料:900円


関連記事

京の水家

京都駅へ向かう前にちょっとブレイクタイム


五条坂交差点の東大路通角に「京の水家」さんというお茶処があったので入ってみました



店内


まだオープンしたてでしょうか、綺麗でした。清水焼もありますね〜



柚子茶


私は温かい柚子茶、旦那は冷たい柚子茶にしました。温かい方が美味しいですね〜


食事もできるようで「京の花むずび膳」などがあるようです。



チラシ


住所:京都市東山区東山五条清水登り口
電話:075-533-6730


関連記事