智積院

興教大師(こうぎょうだいし)覚鑁(かくばん)が高野山に大伝法院を建て、その後、保延6年(1140)に修行の場を高野山から同じ和歌山県内の根来山へと移し、ここを真言宗の根本道場としました。
智積院(ちしゃくいん)は、その数多く建てられた塔頭寺院のなかの学頭寺院でした。しかし、豊臣秀吉と対立することとなり、天正13年(1585)、秀吉の軍勢により、根来山内の堂塔のほとんどが灰燼に帰してしまいました。
慶長6年(1601)徳川家康公の恩命により、玄宥僧正に東山の豊国神社境内の坊舎と土地が与えられ、智積院が再興されました。


2008年3月2日に訪れています



総門




梅が綺麗に咲いていました



さあ庭園拝観に向かいます





講堂内の襖絵





名勝 庭園


庭園は「利休好みの庭」と伝えられているそうです。つつじの頃は綺麗でしょうね〜
大書院には長谷川等伯の障壁画など貴重な文化遺産を観ることができます(撮影不可)






講堂からの眺め





金堂



仏足


金堂は弘法大師のご生誕1200年の記念事業として昭和50年に再建設されました。ご本尊は大日如来像が安置されています。




明王殿


明王殿は、昭和22年(1947)の火災により本堂が焼失した際に、本堂再建のため京都四条寺町にある大雲院の本堂の譲渡を受け、現在の講堂のある場所に移築し、その後、平成2年(1990)12月に講堂再建にともなって現在の場所に移築されています。ご本尊は不動明王。



ご朱印


最寄り駅:京阪「七条」駅または市バス「東山七条」下車
拝観時間:9:00〜16:00
拝観料:500円


関連記事
スポンサーサイト

万博記念公園 日本庭園ハス池

蓮を撮りに午前中出かけました6250m²の池に26品種のハスと7品種のスイレンが咲きます沢山のカメラマン達が蓮を撮影されていました〜
午前中でも太陽が容赦なく照りつけすぐに汗だくに・・・(7月20日)



さあ、撮影準備






 
カメラマンが並んでいますね〜







蓮の葉を裏から見ると・・・


       




カマキリのポーズ









鯉に餌をやり集合状態





スイレンが涼しげでした〜


午前8時過ぎに来て、10時半頃に公園を出ました。すっかり汗だくのヘトヘトになり、「おゆば」へ温泉に浸かりに行きました〜
あ〜気持ちよかったです〜


最寄り駅:大阪モノレール「万博記念公園」駅または「公園東口」駅
開園時間:9:30〜17:00
入園料:250円
水曜定休
HP


関連記事

信達神社

金熊寺の隣に鎮座しています。
昔、泉南樽井の海岸に神武天皇の神像が出現、奇瑞を表わしたので里人たちは樽井の地に祀りましたが、更に神意を得たため現在の地に社殿を建て鎮座したと伝わります。




拝殿


本殿は正保4年(1647)江戸初期に建立されています。ご祭神は神倭磐毘古命(神武天皇)、金山彦命、伊邪那美命。



ご神木「ナギの木」

 
                                              


「ナギの木」は樹高19.5m、幹の周り2.5mで府下最大の巨樹大阪の天然記念物。



帰りのバス停



*2008年3月6日に訪れています


バス停:南海本線「樽井」駅よりコミュニティバス「金熊寺」下車


関連記事

金熊寺

金熊寺(きんゆうじ)の開基は天武天皇10年(682)、役行者が夢のお告げにより、土中より6寸の金銅像を得、自らも4寸の木像を刻し、3間4面の堂を建立して安置したのを始まりとします。天正13年(1585)豊臣秀吉の根来攻めの兵火に遭いましたが、承応2年(1654)信達村13ヶ村の人々の善意により再興し、現在に至っています。
2008年3月6日に訪れています




本堂


ご本尊は如意輪観音。他に行者堂もあり、開祖役行者を祀っています。



すぐ近くには梅林があり、『信達神社由緒』によると、金熊寺権現宮の矢野神主が「この地に梅の木を植えなば神領益々隆昌ならん」との神の教えを受け、一族が相議して梅木を植林したのが現在の金熊寺梅林だとしているそうです。




まだ早かったですねー・・・満開だと見ごたえあると思います。あまり咲いていないのでご家族で来られたオジサンがブツブツ文句を言っていました・・・大人げない・・・












ここはご朱印を頂かずに帰ってしまいました・・・


最寄のバス停:南海本線「樽井」駅よりコミュニティバスにて「金熊寺」下車


関連記事

勧修寺

蓮と睡蓮を愛でに勧修寺(かじゅうじ)へと参りました
昼から訪れているので蓮の花は閉じてしまっていました
しかし、暑かった〜・・・(7月13日)


昌泰3年(900)に醍醐天皇が生母の藤原胤子を弔うため創建されています。



山門を抜け



更に中門を抜けます




宸 殿


宸殿は元禄10年(1697)に明正天皇の旧殿を下賜されたものだそうです。




ハイビヤクシン



ハイビヤクシンに覆われた勧修寺灯篭(右)


「ハイビヤクシン」はヒノキ科の常緑潅木で樹齢750年と言われているそうで、そのハイビヤクシンに覆われた灯篭は水戸光圀公の寄進で、変わった姿をしていて「水戸灯篭」または「雪灯篭」と言われています。




本堂


観音堂


本堂は寛文12年(1672)に霊元天皇の仮内侍所を下賜されたもので、元は近衛家の建物だったそうです。ご本尊は千手観音立像で室町時代の頃のものだそうです。観音堂は昭和6年に再建されたもので「大斐閣」とも呼ばれています。



勧修寺氷池園


庭園があり、氷室の池を中心に造園されている池泉庭園になっています。
平安時代には毎年1月2日に池に張る氷を宮中に献上し、氷の厚さによってその年の五穀豊凶を占ったと言われているそうです。





氷室の池












佛光院


佛光院は昭和26年(1951)かつて勧修寺の塔頭があったと伝えられる場所に大石順教尼によって再興建立されました。勧修寺のご朱印はこちらで頂くことができます。



ご朱印


最寄り駅:京都地下鉄「小野」駅
拝観時間:9:00〜16:00
拝観料:400円


関連記事