平安神宮

昼食のあと、平安神宮へお参りに〜
明治28年(1895)平安遷都1100年を記念して、桓武天皇をご祭神とし創建されました。昭和15年には孝明天皇のご神霊を合わせ祀られています。



応天門


門をくぐると広〜い境内が 見えているのは大極殿



白虎楼


お参りを済ませ神苑に入りましょうまずは南神苑から。





まだ桜が咲いていました





西神苑を過ぎ中神苑まで来ました。



白虎池


蒼龍池の臥龍橋





東神苑に着きました〜



栖鳳池の尚美館


                



泰平閣が見えてきました


泰平閣(橋殿)


尚美館(貴賓館)と泰平閣は京都御所から移築されたものだそうです。
神苑を後にして次の場所へ



ピンクの花と思いきや、おみくじでした〜



ご朱印


*4月20日に訪れています


最寄り駅:京都地下鉄「東山」駅もしくは市バス「京都会館・美術館前」下車
神苑拝観時間:8:30〜17:30(夏季)
神苑拝観料:600円


blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

阿国庵

美術鑑賞のあと、昼食にしました平安神宮の横にあるお店に向かいます





11時30分頃だったのですが、目的のお店は既に満席諦めてすぐ傍にあるお蕎麦屋さんに入ってみました。

阿国庵(おくにあん)


店内

これが大正解私はお蕎麦の美味しさがよく解らないのですが、ここのお蕎麦は手打ちのモチモチ感がとても良く、ダシが美味しかったんです

かもなん蕎麦


ざる蕎麦も美味しいでしょうねぇ


住所:京都市左京区岡崎南御所町40 平安神宮東横
電話:075-771-1689
営業時間:11:30〜18:00
水曜、第4木曜定休


blogramのブログランキング
関連記事

秋野不矩展

京都国立近代美術館へ「秋野不矩(あきのふく)展」を観に行きました。
生誕100年ということで記念の展覧会です。インドに影響を受けられ、
何度も訪れて描かれています。
とても暖かみのある絵だなぁという感想を持ちました。(4月20日)



京都国立近代美術館


帰牛 1995年



    黄土 1978年


        村落(カジュラホ) 1994年


  
  猫(花の猫) 1959年     供華・カーリー女神 1987年


絵本の絵も描かれていて、見覚えがある方もおられるかも知れないですね〜
因みに旦那は「いっすんぼうし」を持ってたそうです


いっすんぼうし 1965年


きんいろのしか 1968年


図録


*現在展示は終了しています


blogramのブログランキング
関連記事

圓徳院

共通券を購入したので圓徳院に向かいます


寛永9年(1632)北政所ねねの兄、木下家定とその次男の利房の手により木下家の菩提寺として開かれ、高台寺の塔頭となりました。



唐門


こちらでは庭園を楽しむことができます。



白龍 
赤松燎画伯作 平成7年


方丈には白龍の他にも素晴らしい障壁画や襖絵があります。長谷川等伯の「冬の絵」は国重要文化財指定になっています。



方丈から見た南庭 
徳村宗悦氏作



書院から見た北庭 国指定名勝


     


北庭は池泉回遊式ですが、枯山水になっています。伏見城北政所化粧御殿の前庭を移したもので、桃山時代の代表的庭園のひとつ。賢庭作で後に小堀遠州が手を加えたものだそうです。





情緒ある道を通って家路につきました〜



石塀小路


最寄のバス停:市バス「東山安井」下車
拝観時間:10:00〜16:30
拝観料:500円(高台寺と共通は900円)


blogramのブログランキング
関連記事

高台寺

高台寺へ向かうのに「ねねの道」を通ろうと思うと、またもやすんごい
さすが観光名所ですねぇ・・・





石塀小路


 



高台寺駐車場へ向かう階段



駐車場からの景色


霊山観音が見えます


高台寺、正しくは高台寿聖禅寺といい、豊臣秀吉が病没後、その菩提を弔うために北政所(ねね)が慶長11年(1606)開創しました。



庫裏



遺芳庵 茶席


方丈から見た方丈庭園


散り始めていましたが立派な枝垂桜でした〜


 



観光客も見とれていますね〜



庭園 史跡・名勝


開山堂 重文


庭園は小堀遠州の作庭で桃山時代のもの。



臥龍廊


霊屋(おたまや) 重文


臥龍廊は開山堂と霊屋を結ぶ階段で龍の背に似ているのでこのような名前が付いたそうです。霊屋には秀吉と北政所の木像を安置しています。



傘亭 重文


                  



傘亭は利休による茶席であり、伏見から移建したもの。竹が放射状に組まれ、カラカサを開けたように見えることからその名前が付いたそうです。正式には安閑窟といいます。土間廊下で時雨亭(重文)とつながっています。


高台寺の出入り口に天満宮があります。



天満宮



ご朱印


最寄のバス停:市バス「東山安井」下車
拝観時間:9:00〜17:00
拝観料:600円(圓徳院と共通は900円)


blogramのブログランキング
関連記事