奈良 おふさ観音 風鈴まつり

季節外れの記事ですが💦

8月に訪れた時のものです。

ofusakannon
山門

真夏ですが、けっこう観光客がおられました。

慶安3年(1650)、「おふさ」という娘さんが鯉ヶ淵のそばを歩いていると白い亀に乗った観音さまが現れました。
おふささんは池のそばに小さなお堂を建て観音様をお祀りしたのが始まりだそうです。

ofusakannon
山門をくぐってすぐ

迷路のようになってました。

ofusakannon
風鈴が並んでいます

ofusakannon

ofusakannon

ofusakannon

円空庭へ向かう途中で。

ofusakannon
円空庭 鯉の池

この池が鯉ヶ淵なんですね~

ofusakannon

ofusakannon
本堂

ご本尊は十一面観音菩薩(秘仏)。

ofusakannon
せんとくん風鈴もありました

ofusakannon

綺麗な風鈴の音色を聴くことが出来て暑さも忘れました(*^-^*)

ofusakannon ofusakannon
ご朱印 

(2017.8.14)

おふさ観音
奈良県橿原市小房町6-22
0744-22-2212
9:00~16:00
300円



スポンサーサイト
テーマ: 奈良 | ジャンル: 地域情報

奈良 石光寺の牡丹

2007年4月に訪れた時のものです。

當麻寺の次に石光寺(せっこうじ)へ。
2014年にも芍薬を観に訪れています。
その記事はこちら

sekkoji
歩いて向かいます

sekkoji
のどかな風景ですね~

癒されます。。。 

sekkoji
山門

由緒などは以前の記事に書いているので省きます。

sekkoji

sekkoji

sekkoji

sekkoji
額の文字の真ん中がお地蔵さん?

sekkoji
神秘的な感じに

sekkoji

冬場は寒牡丹が楽しめますよ。
もう終わってるかなぁ

sekkoji
ご朱印

(2007.4.29)

石光寺
奈良県葛城市染野387
0745-48-2031
9:00~17:00
400円



奈良 當麻寺西南院と奥院

2007年4月に戻ります。
當麻寺の続きです。

taimadera
塔頭 西南院山門

こちらも別途拝観料が要ります。

白鳳12年(672?)百済の僧正恵潅を導師に迎え、當麻寺として遷造した時、坤(裏鬼門)の守り寺院として創建されました。

ご本尊は十一面観音菩薩像(弘仁時代・重文)。

taimadera
こちらも牡丹がたくさんです

taimadera

taimadera
西塔が見えます

taimadera
池泉回遊式庭園になっています

次に奥院へ。

taimadera
楼門 江戸時代初期 重要文化財

こちらも別途拝観料が要ります。

浄土宗総本山知恩院の奥之院として創建された寺で、最初は往生院と呼ばれていました。
応安3年(1370)当地に遷座して建立されました。

taimadera

浄土庭園を周遊することができます。

taimadera
東塔と西塔が見えます

taimadera
本堂 桃山時代 重要文化財

ご本尊は法然上人像(重文)。

taimadera
浄土庭園

taimadera

taimadera

taimadera 

taimadera
ご朱印

牡丹が沢山観れるのはいいのですが、拝観料がかかりすぎますねぇ…

次へ向かいます。

(2007.4.29)

「當麻寺西南院
奈良県葛城市當麻1263
0745-48-2202
9:00~17:00
300円
當麻寺奥院
0745-48-2008
9:00~17:00
300円


奈良 當麻寺伽藍と中之坊

 ネタ切れになりましたので2007年4月に訪れたときのものをば。
もう10年も前になっちゃうんですねぇ(+_+)
今年の参考になるかな?

4月下旬で牡丹が咲いているので行きました。
ちょうど満開でとても綺麗でしたよ~

nakanobo
仁王門(東大門)

推古天皇20年(612)、用明天皇の皇子麻呂子親王が聖徳太子の教えにより、河内国交野郡山田郷に萬法蔵院禪林寺を草創されました。
白鳳末期から天平初期にかけて現在地に建立されたものと云われています。

taimadera
本堂(曼荼羅堂) 天平時代~藤原時代 国宝

ご本尊は當麻曼荼羅(室町時代・重文)。

本堂・金堂・講堂の伽藍三堂となっていて拝観料が要ります。

taimadera
中将姫の像

塔頭の中之坊に入ります。
別途拝観料が要ります。

nakanobo
山門

白鳳時代の當麻寺開創に伴い、役行者が道場として開きました。
天平期、當麻寺住職の住房「中院御坊」として成立しました。

nakanobo
本堂(剃髪堂) 桃山時代

ご本尊は十一面観音像(導き観音)。

nakanobo
中将姫誓いの石

一心に仏道を志す中将姫の強い信念により石に足跡が付いたものだそうですよ~

nakanobo
庭園「香藕園(こうぐうえん)」国名勝・史蹟

nakanobo
ぼたん園

nakanobo

nakanobo
コデマリも咲いてます

nakanobo
干支になってます

左は巳で隣は午ですね。
因みに私の干支ではないですよぉ

nakanobo
八重桜も満開

nakanobo
東塔が見えます

こちらでは客殿にて写仏(別途体験料要)をすると絵天上を観ることができます。
私たちもさせて頂きました。
素敵な絵が並んでいて、片岡鶴太郎さんの絵もありました。
画集があったので購入しましたよ(^.^)

nakanobo
どこの塔頭だったかな・・・

taimadera
東塔だったか西塔だったか・・・

たぶん、東塔だということで、奈良時代の建立で當麻寺最古の建造物。

次へ。

taimadera nakanobo
ご朱印

(2007.4.29)

當麻寺中之坊
奈良県葛城市當麻1263 中之坊
0745-48-2001
9:00~17:00
500円
伽藍三堂(受付:本堂)
9:00~17:00
500円



奈良をぶらぶら

依水園を出て何やらイベントが催されていたので寄ってみました。

nara
C'festa(シェフェスタ)

奈良フードフェスタが催されていました。

nara
美味しそうなお店が集合しているようです

何を食べようか色々迷った挙句、軽く食べたかったので、

nara
「手作りパン工房 ウーの森」さん

nara
購入したパン

ドリンクは別の店で購入。
どのパンも美味しかったです~
近かったらまた買うのになぁ。。。

「手作りパン工房 ウーの森」
奈良県生駒市小瀬町703-4
0743-21-2798
7:00~19:00
月曜定休



nara
このように賑わってました

ならまちの方へ向かいます。

nara
興福寺の東金堂と五重塔

nara
中門跡越しに見える南円堂

nara
猿沢池から見える五重塔

ならまちに入ります。

nara


nara
藤岡家住宅 江戸時代後期 重要文化財

当初は生薬類、幕末頃からはろうそく・鬢付け油・おはぐろなどの小間物類、昭和になり紙類と昭和30年代まで商いが行われ栄えていたそうです。

nara

nara
吉祥堂(庚申堂)の大きな身代わり申

昼食に向かいます。

(2016.10.30)