京都御所その2と御苑の梅とか

また更新が滞ってしまいました💦
25日~27日まで体調崩してましたぁ

京都御所の続きです。

gosho
御池庭 回遊式庭園

右に欅橋があります。

gosho
お庭のお手入れ道具ですね

gosho
御常御殿の前の梅

膨らんできてますね。
今はどんな感じだろ。。。

gosho
出口に向かう広~いスペース

gosho
たぶん、御学問所かと

gosho
とにかく立派な松の木が多かったです

京都御所を出て御苑内で昼食にしたのですが、それは別記事にしまして、昼食後御苑内を散策。

gyoen
早咲きの梅が見頃なのがあり

gyoen
白い梅も

gyoen
梅の香りも漂い

gyoen
春はすぐそこかなあ

けっこう寒いけど・・・

gyoen
閑院宮邸跡

こちらも通年公開となっています。

gyoen
建物内は中庭と展示室があります

トイレもありますよ。

閑院宮家は東山天皇の第六皇子直仁親王を始祖として宝永7年(1710)に創建。

gyoen
庭園を周遊できます

gyoen
ここに御殿があったのですね~

明治に東京へ遷都されたんですね。

gyoen
キセキレイちゃん

望遠レンズを持ってこず、悔やまれます・・・
トリミングしてます。
梅の場所で他にもルリビタキや木の上にコガラがいてました。
あー残念(+_+)

(2017.1.22)

京都御苑
京都市上京区京都御苑
075-211-6364(国民公園協会 京都御苑)
閑院宮邸跡
9:00~16:00(16:30閉館)
月曜(祝日は開館)・年末年始休館
無料



blogramのブログランキング
スポンサーサイト

京都御所その1

京都に用があったので、用事の前に京都御所を拝観しようと行ってきました。
以前は特別公開時か観覧申込が必要でしたが、現在は通年公開ということでいつでも観覧できるようになりました。
御苑内は来てますが、京都御所は初めてです。

gosho
清所門

gosho
御苑は広いですね~

さて、入りますよ~
入口には手荷物検査があり、首にかける番号札が渡されます。

gosho
宜秋門の屋根

綺麗ですね~

京都御所は延暦13年(794)に平安京に都が移されたのが始まりで、明治維新まで天皇のお住まいでした。

gosho
このような彫がありました

仙人の張果老だそうです。

gosho
御車寄

雪が屋根に残ってました。

gosho
新御車寄

gosho
回廊の屋根

整然と並んでいる姿が綺麗です。

gosho
承明門から望む紫宸殿

gosho
紫宸殿 安政2年(1855)造営

右近の橘が囲われています。寒さ対策でしょうか。

gosho
建春門

どの門も立派ですね~

gosho
清涼殿 安政2年(1855)造営

右にあるのは呉竹。

gosho
狛犬が守ってますね

gosho
春興殿

松の感じが良くて横から撮影。

gosho
御池庭に架かる欅橋

gosho
小御所 昭和33年(1958)復元

その2へ続く。

(2017.1.22)

京都御所
京都市上京区京都御苑
075-211-1211(宮内庁京都事務所)
9月・3月9:00~16:30(入場は15:50まで)
10月~2月9:00~16:00(入場は15:20まで)
4月~8月9:00~17:00(入場は16:20まで)
月曜(祝日は開門)・年末年始・行事がある日は休み
無料


blogramのブログランキング

北野天満宮の梅2014

美術館の後、北野天満宮へ向かうのに市バスを待っていたのですが、時間が来てもなかなか来ません。
といいますか、信号が全然変わらないのです。
車が全く動かず、ずーっと信号待ちをしています。

同じくバス待ちをしている方が「今日はマラソンがあるから…」と仰っているのが聞こえ、なぬぅ、マラソン
正しくは全国車いす駅伝競走大会が開催されていました。
いつもはマラソンとかイベントがある時は避けるのですが、この日は気づかず…

先頭選手2名が烏丸通を北へ走り抜けて行きました。
歩行者のみ東西の横断は可能だったので歩いて行くことにしました
とはいっても北野さんまで遠い…
途中で空車のタクシーを見つけ、乗ることに
駅伝の話をすると「抜け道を知っているから」と運ちゃんは言ってましたね~

今出川通は大渋滞になっておりました

そんなこんなで北野さんに到着~

kitanotenmangu
北野天満宮

kitanotenmangu
楼門

天暦元年(947)京都に住んでいた多治比文子(たじひのあやこ)や近江国比良宮の神主、神良種(みわのよしたね)、北野朝日寺の僧最珍(さいちん)らが当所に神殿を建て、菅公をお祀りしたのが始まりとされます

立派な楼門ですね~迫力があります。

楼門を抜けると

kitanotenmangu
宝物殿

梅が出迎えてくれます

kitanotenmangu
道真公のシンボル、牛さんも梅見かな

kitanotenmangu
三光門(中門) 重要文化財

こちらも立派だなぁ~

kitanotenmangu

kitanotenmangu
本殿 国宝

慶長12年(1607)豊臣秀頼が造営したもので、秀吉からの継続事業の一端であったといわれ、本殿・石の間・拝殿・楽の間などが連結し、棟木が複数あることから八棟造りとも呼ぶそうです。
三光門も同時期の建造物。

ご祭神は菅原道真公・中将殿・吉祥女。


kitanotenmangu

kitanotenmangu

梅はちょうど見頃でとても綺麗でした

kitanotenmangu
楼門前から

見えている梅苑へ

kitanotenmangu

kitanotenmangu

kitanotenmangu

沢山の方が梅を愛でておられましたね~
やっと春が来ましたね

次は桜だ~休日とタイミングが合えばいいんだけどなぁ

kitanotenmangu
ご朱印

(2014.3.9)

北野天満宮
京都市上京区馬喰町
075-461-0005
梅苑公開期間:2月8日~3月下旬
10:00~16:00
600円

blogramのブログランキング