京都 真正極楽寺(真如堂)の紅葉2017

ランチの後、歩いて向かいました。
泉屋博古館の前を通り過ぎ、右に曲がって川沿いを歩きます。

イノシシに遭遇しなくてよかった、、、

真如堂にはだいぶんと前に春だったか行ったことがあり、今回は2回目ですが紅葉は初めてです。

shinnyodo
綺麗な川です

真如堂に行くにはバスで真如堂前で降りるのが便利なのですが、途中けっこうな坂を上ることになります。
距離は長くはないですが、なかなかしんどいですよ。

shinnyodo
坂の途中で

画質落としているので分かりにくいですが、とても綺麗な紅色のモミジです。

坂の左側に参道の石段がありますので上ります。

shinnyodo
モミジの世界が待っていました

本堂の裏手から入ることになります。

shinnyodo

永観2年(984)比叡山の戒算上人が、比叡山常行堂のご本尊阿弥陀如来を、現在の地近くにあった東三條院の寝殿に堂荘厳を施して安置したのが始まり。
その後、度々移転したが、元禄6年(1693)東山天皇の勅により現在の地に戻り再建されました。

shinnyodo
グラデーションが綺麗です~

shinnyodo
葉が綺麗

shinnyodo
本堂からの眺め

shinnyodo

shinnyodo
涅槃の庭

曽根三郎氏によって作庭。

shinnyodo
随緑の庭

重森千青氏(重森三玲氏の孫)によって作庭。

shinnyodo

以前来た時にお寺の方に真っ赤になるモミジがあると教えて頂いて、そのモミジが観たくて来たのですがどれだったか、、、
たぶんこの写真のモミジではないかと、、、
まだ真っ赤まではいってないですね・・・

shinnyodo

shinnyodo
本堂 元禄6年(1693)~享保2年(1717)建立

ご本尊は阿弥陀如来像。

shinnyodo
茶屋で休憩

shinnyodo
お茶菓子 @600円

混雑していなくてゆったりと愛でることができました。
お堂からの庭園も人が少なくゆっくり座って観賞できました。
最近の紅葉は遅いので11月末~12月初旬が良さそうですね。
本堂拝観しなければ無料です。

次も行く予定でしたが、旦那が疲れた顔しているのでこれにて帰宅しました。

shinnyodo
ご朱印

(2017.11.26)

真正極楽寺
京都市左京区浄土寺真如町82
075-771-0915
9:00~16:00(受付~15:45)
500円


スポンサーサイト

京都 熊野若王子神社と道中の紅葉

木島櫻谷展の次に向かったのが、まだ訪れていなかった若王子(にゃくおうじ)神社です。

higashiyama
道中の光雲寺のモミジ

非公開のお寺さんなので塀の外から。

higashiyama
一般のお家の侘助

higashiyama

higashiyama
哲学の道に出てきました

昨年に比べて色付きが綺麗です。

higashiyama
鴨さんが優雅に泳いでます

higashiyama
先ほどの光雲寺さん

higashiyama
今年もいました!

いつもの場所にネコちゃんたちがいました~♡

higashiyama
甘味処

ホンマは寄りたかった!

韓国人の女の子、えらいタイミングで撮っちゃいました(;'∀')

higashiyama

higashiyama
到着~

永暦元年(1160)後白河法皇が熊野権現を禅林寺(永観堂)の守護神として勧請せられ祈願所とされました。

higashiyama
社殿

ご祭神は国常立神・伊佐那岐神・伊佐那美神・天照皇大神。

境内ではお弁当も売っていて、座って食べることもできます。

higashiyama

higashiyama

higashiyama
ご朱印

(2017.11.26)

「熊野若王子神社」
京都市左京区若王子町2
075-771-7420


京都大原 勝林院と周囲の紅葉

昼食後、ちょっと北の方に歩いてみます。

ohara

ohara
魚山大源寺勝林院

こちらのお寺さんを拝観します。

長和2年(1013)寂源により根本道場として建立。

ohara
本堂(阿弥陀堂) 安永7年(1778)再建

ご本尊は阿弥陀如来坐像(康尚作)。

大きなご本尊で迫力ありました!

ohara
軒下の彫刻

他にも松や梅の立派な彫刻もありました。

ohara
本堂からの眺め

ohara

ohara
ご朱印 
魚山大源寺勝林院
京都市左京区大原勝林院町187
075-744-2409(宝泉院)
075-744-2537(実光院)輪番3年交代
9:00~16:30
300円


拝観後、その周辺を散策。

ohara

ohara

ohara

ohara

ohara

宝泉院や実光院はまた別の機会に、、、
拝観料もかかりますからねえ
駐車場へ戻ります。

ohara
ここの紅葉が一番綺麗でした

ohara

ohara

(2017.11.12)


京都大原三千院の紅葉2017その2

池泉回遊式庭園『有清園』を散策します。

sanzenin

sanzenin

sanzenin

sanzenin

sanzenin
人気の撮影場

望遠に換えて撮影したかったのですが、順番待ちしてますので諦め、ちょっとトリミング。

sanzenin

sanzenin
金色不動堂 平成元年(1989)建立

sanzenin
律川

sanzenin

sanzenin
往生極楽院 重要文化財

ご本尊は阿弥陀三尊像(国宝)。

sanzenin

sanzenin

sanzenin

まだ真っ赤ではなかったですが、楽しめました。
ただ、、、紅くなる前に枯れてしまっているものが多くて近くでは撮りづらい感じでした。
ですので遠目で撮るのがベストかと思います。
何年か前の不作の年よりかはマシですが、、、この辺りだけでしょうか?

sanzenin sanzenin

sanzenin sanzenin

sanzenin
ご朱印   


(2017.11.12)

京都大原三千院の紅葉2017その1

夏・初秋のネタが残っているのですが、先に紅葉の記事をUPします。

今年の紅葉は何処に行こうかと模索した結果、まだ行ったことがないし、車で行けそうな場所ということと、ちょうど見頃ということで三千院にしました。

駐車場はバス通り(367号線)ではなく、東側の参道沿いにある駐車場で下の方に停めました。
上の方にも駐車場はありますが、車の交差が大変そうでしたよ。
参道にも綺麗な紅葉があるので若い方、健脚な方は下の方に停めて歩くことをお勧めします。
ただ歩く際、車には十分気をつけてください。

sanzenin
この道がその参道

sanzenin
道が狭いです

sanzenin

sanzenin
モミジのトンネル

まだこれからですね。

sanzenin
御殿門

こちらから拝観します。

寛和2年(986)恵心僧都源信が父母の菩提のため、姉の安養尼と共に建立したと伝えられます。

sanzenin

sanzenin
聚碧園

客殿から見える池泉観賞式庭園。

sanzenin
円融房へ向かう渡り廊下から

sanzenin

sanzenin
お茶菓子(有料)席

頂くと座って観賞できます。
今回はパスしました。

sanzenin

sanzenin
宸殿からの有清園

有清園は池泉回遊式庭園になっています。

sanzenin
有清園から見た宸殿 大正15年(1926)建立

ご本尊は薬師瑠璃光如来(伝教大師作・秘仏)。

sanzenin

sanzenin


その2へ続く。

(2017.11.12)

京都大原三千院
京都市左京区大原来迎院町540
075-744-2531
3月~12月7日・8:30~17:30(受付~17:00)
12月8日~2月・9:00~17:00(受付~16:30)
700円