奈良県立万葉文化館と酒船石遺跡

万葉文化館へ入る前に「酒船亭」で昼食を摂りました
文化館敷地内にあります。写真はありませ〜ん。

万葉文化館で開館10周年を記念して「大飛鳥展」が催されています。

国宝4点、重要文化財25点を含む66件の美術品が「異文化への憧憬」「飛鳥時代の美術」「平城遷都後の飛鳥の美術」と三章で構成されています。

同時に「飛鳥にちなんだ万葉日本画展」も開催されていました。

ポストカードは日本画のみ購入しました
万葉歌と口語訳も載せますね

万葉文化館「霧想」 市原義之
明日香河 川淀さらず 立つ霧の 思ひ過ぐべき 恋にあらなくに
山部赤人

明日香川の川淀にいつもこめている川霧のように、忘れさるような慕情ではないのに。

万葉文化館「月と三山」 浜田泰介
香久山は 畝火ををしと 耳梨と 相あらそひき 神代より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬をあらそふらしき 天智天皇

香久山は畝火山を男らしい者として古い恋仲の耳成山と争った。神代から、こうであるらしい。昔もそうだからこそ、現実にも、愛する者を争うらしい。

万葉文化館「やまぶき」 高橋清見
蝦鳴く 甘奈備川に 影見えて 今か咲くらむ 山吹の花 厚見王

川鹿の鳴く甘奈備川に影を映して、今は咲いているだろうか、山吹の花は。

万葉文化館「明日香川夕照」 奥田元宋
明日香川 黄葉流る 葛城の 山の木の葉は 今し散るらむ 作者未詳

明日香川に黄葉が流れている。葛城山の木の葉は今しも散っているのだろう。

あしひきの 山の黄葉 今夜もか 浮びゆくらむ 山川の瀬に 大伴書持

あしひきの山の黄葉は、今夜も浮かび流れてゆくのだろうか。山川の瀬を


万葉文化館
「はぎの頃」 田渕俊夫
明日香川 行き廻る丘の 秋萩は 今日降る雨に 散りか過ぎなむ
丹比国人

明日香川が流れめぐる丘の秋萩は、今日降る雨に散ってしまったろうか。

大飛鳥展・万葉日本画展
奈良県立万葉文化館
2011年10月1日〜11月13日
10:00〜17:30
水曜休館


次にすぐ近くに酒船石遺跡があります。

明日香
酒船石遺跡

伝飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)跡の東方に位置する丘陵にあり、丘陵一帯に広がる遺跡を酒船石遺跡と呼んでいます。

斉明天皇の時代に造営され、幾度か改修されながら平安時代に廃絶されるまで約250年間存続したそうです。
7世紀後半に造営された遺構が公開されています。 

明日香

上から砂岩湧水施設、小判型石造物、亀形石造物。
出土した当時はもっと白かったそうです。

今でも湧き水が出ています

明日香
古代から続く湧き水

受付から遺跡に向かう途中右側にあるので手を濡らすことができますよ〜

ボランティアの方が立っておられるので是非説明を聴いてくださいね
そのほうが絶対解りやすいです

(2.Oct.2011)

酒船石遺跡
9:00〜17:00
300円


より大きな地図で 奈良県立万葉文化館 を表示

*タイ王国洪水寄付金受付
在京タイ王国大使館にて寄付金の受付をしております。
皆様ご協力宜しくお願いします。

在京タイ王国大使館HP・・・
http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=641:2011-10-14-07-48-35&catid=68:press-release&Itemid=286 
スポンサーサイト

飛鳥寺

橘寺の次に向かいました飛鳥川沿いを歩きます。

明日香
道中

明日香
こ〜んな風景が

スズメバチがいたので歩く際は気をつけてくださいね

明日香
足元の小さな花

明日香

明日香
田んぼの中にコスモスが

明日香
飛鳥寺

やっと到着〜

崇峻天皇元年(588)蘇我馬子が発願し、推古天皇4年(596)に創建された日本最初のお寺です。
法興寺、元興寺、飛鳥寺(現在は安居院)とも呼ばれました。

明日香
講堂 江戸時代再建

ご本尊は飛鳥大仏の釈迦如来座像(609年・鞍作鳥作・重文)。
写真撮影可ですが、私は撮ってませ〜ん

やっとこの大仏さんを拝顔することができました〜テレビでよく見ますもんね
高さ3mもあるんですねぇ

明日香

岐阜大仏の時もアゲハチョウがいたなぁ

明日香
蘇我入鹿首塚

飛鳥寺西門のすぐ近くに入鹿の首塚がポツンとあります。
こんなとこまで首が飛んできたんですねぇ・・・

ご朱印
ご朱印


次は万葉文化館と酒船石遺跡に向かいます

(2.Oct.2011)

飛鳥寺
奈良県高市郡明日香村飛鳥682
0744-54-2126
9:00〜17:30(4月〜9月)・9:00〜17:00(10月〜3月)
350円
4月7日〜9日休み



ランキングに参加しています

 
人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございました
また来てね

橘寺

石舞台古墳の次に向かったのが橘寺です
ここは初めて訪れます。

明日香
聖徳太子生誕の地の碑

聖徳太子って実在したんですかねぇ・・・

ここを過ぎるとすぐ

明日香

明日香
山門

当時、橘の宮という欽明天皇の別宮があり、太子は第4皇子の橘豊日命(たちばなのとよひのみこと・後の用命天皇)と穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとのひめみこ)を父母とされ、572年この地に生まれました。
推古天皇14年(606)に天皇の仰せにより、勝鬘経(しょうまんきょう)を3日間にわたりご講讃になり、その時大きな蓮の花が庭に1mも降り積もり、南の山に千の仏頭が現れ光明を放ち太子の冠から日月星の光が輝きました。天皇は驚かれてこの地にお寺を建てるよう太子に命じられました。
御殿を改造して造られたのが橘樹寺で聖徳太子建立7ヶ大寺の一つだそうです。

明日香
本堂 元治元年(1864)再建

ご本尊は聖徳太子勝鬘経講賛像(室町時代・重文)。

明日香
二面石

飛鳥時代の石像物。人の心の善悪二相を表したものと云われているそうです。

明日香

明日香

芙蓉が沢山咲いていてとても綺麗でしたよ

明日香
花粉まみれの蜂さん

明日香
ハナミズキが紅葉し始めていました

明日香

明日香

ここは花の寺でもありますね〜とても気持ちの良いお寺さんでした

ご朱印
ご朱印

次は飛鳥寺へ向かいます

明日香
道中で

(2.Oct.2011)

仏頭山上宮皇院 橘寺
奈良県高市郡明日香村橘532
0744-54-2026
9:00〜17:00
350円



ランキングに参加しています

 
人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございました
また来てね

石舞台古墳

彼岸花の時季は過ぎてしまったかなぁと思いながらも人出は減ったかもってことで明日香村まで行って来ました

いや〜〜〜ゆったりとした空気が流れていますね〜
のどかな風景に癒されてきました

皆さんお馴染みの場所ばかりですが、お時間があればお付き合いくださいね

石舞台駐車場に車を停めて石舞台から見学します

キンモクセイが沢山咲いていていい香り〜
あちこちで満開になっていましたよ。

明日香
石舞台古墳

築造は7世紀はじめ頃と推定され、横穴式石室を持つ古墳で、蘇我馬子の墓ではないかと云われているそうです。

石舞台の名前の由来は諸説あるようですねぇ。

昔は無料で自由に見学できたように思うのですが、いつから有料になったんでしょ

明日香
白い彼岸花

あまり見かけない色の彼岸花を観ることができました
斜面には立ち入り禁止ですのでご注意を

明日香

明日香
サーモンピンク色も

明日香
もちろん赤も

次は橘寺へと向かいます

明日香
道中 たわわに実っていますね〜

(2.Oct.2011)

石舞台古墳
奈良県高市郡明日香村大字島庄
0744-54-4577
8:30〜17:00
250円
無休




ランキングに参加しています

 
人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございました
また来てね

高取町 町家の雛めぐり

壷阪寺の後、高取町で雛巡りができるとのことで行ってきました

各家々の立派なお雛様を拝見することができ、とても楽しめました

高取町
駐車した場所の近くで

高取町
お琴の演奏もありました

いい音色でしたよ〜

高取町
全て手作りです

高取町
カワイイでチューね〜

高取町
葉牡丹がいっぱい

高取町
菜の花畑が

牛さんは案山子ですよ〜

高取町
近くに養蜂場でもあるのか、蜂さんがいっぱいいました

高取町

高取町
美容室のお雛様

 高取町
とってもべっぴんさんです

高取町
これは古いお雛様でしたね〜

高取町
昔ながらの病院がありました

高取町
薬を受け取る所でしょうか

子嶋寺へと向かいます

高取町
山門 高取城二の門


現存する唯一の高取城の遺構だそうです。

天平勝宝4年(752)孝謙天皇の勅願により、報恩大徳の開基で、第二代延鎭と坂上田村麻呂により子嶋寺の支坊として京都の清水寺が建立されました。

高取町
本堂 嘉永元年(1848)建立

ご本尊は大日如来像。

高取町

「子嶋寺」
奈良県高市郡高取町観覚寺544
0744-52-2074
9:00〜17:00
拝観300円

来た道を戻ります

高取町
節分の魔除け 柊鰯

門口に鰯の頭に柊を刺して魔除けにするんですね〜初めて見ました

高取町
メイン会場 雛の里親館

沢山のお雛様たちですごい迫力圧倒されましたよ

高取町

高取町

高取町
虫愛づる姫君物語

物語が展示されていました。
平安時代後期「堤中納言物語」の短編の一つで、綺麗な蝶より毛虫を好み、身なり構わず虫に熱中し物の本質を求めるお姫様のお話だそうです。

お姫様の言葉
「人々が花や蝶だのもてはやすのはおかしい、人は真があって物の本質を追い求めている方が趣があるのよ」
*町で配られていたプリントから引用しています

なかなか楽しめた雛めぐりでした一度に沢山のお雛様は見れないので大変貴重でした。
是非、来年も開催されていれば行かれてみては如何でしょう。
一般のお宅などもありますのでマナーはしっかり守りましょう

(14.Mar.2010)

奈良シリーズは終わりです。

高取町観光協会




応援ポチっとお願いします