第四回大和な雛まつり

旧城下町でお雛様の展示がされているとネットさんに教えて頂いたのでちょっと観に行くことにしました

行かれる際は「てくてくMAP」があるのでそれを入手して歩かれるのがいいですよ。
私たちは盆梅展の受付で貰いました。

各場所に展示番号が振られているので確認しながら歩きます


郡山城跡から東に向かい、堺町商店街を南下しました。

まず最初が

hinamatsuri
ネコちゃんに遭遇

38番中野電機店さんです。

お雛様よりネコちゃんに目がいっちゃう~~~

まだ子猫ちゃんですね~
ご年配のご婦人がネコちゃんと遊んでおられて、野良を保護したそうです。
だからか、私たちが急に覘くのでちょっと怖がってしまいましたぁ


hinamatsuri
60年前のお雛様

ふくよかなとーっても可愛らしいお雛様です

次にお隣の

hinamatsuri
39番 石間印判店

左折して今井町にある

hinamatsuri
41番 山和タンス店

そのまままっすぐ東に向かい藺町線に出ます。
そこからまた南下して紺屋町まで行きます。

hinamatsuri
道には方向を指す案内があります

紺屋など染物商人の町。
東西に長い町で、町の真ん中には紺染を晒した紺屋川(掘割水路)が流れる。


hinamatsuri
紺屋川

近年まで紺屋を営んでいた「柳宗」(奥野邸)があり、藍染体験館箱本館「紺屋」として生まれ変わった。

紺屋さんにも展示されているので入ってみます。
雛まつり期間は入館無料です。

風情あるのに外観撮るの忘れました…


hinamatsuri
89番 箱本館「紺屋」 


立派な雛壇ですね~

hinamatsuri
金魚の展示もありましたよ

hinamatsuri
46番 おみやげ処こちくや

ここはよくテレビで紹介されるのでサインがいーっぱい飾られています
金魚すくいもできますよ~


hinamatsuri

次に

hinamatsuri
44番 奈良屋クリーニング

もっと沢山あるのですが、旦那が出張明け、午前中仕事だったので、疲れたようでそろそろ帰ることにしました。

私たちが歩いた場所はメインから外れた場所なので人も少なく静かでしたが、近鉄郡山駅から東側にある「駅前商店街」や「やなぎまち商店街」がメインな場所で沢山観ることが出来ますよ

(2015.2.21)

第4回大和な雛まつり
2015年2月21日~3月8日
10:00~16:00


blogramのブログランキング
スポンサーサイト

奈良 郡山城跡

盆梅を楽しんだ後は城跡内をちょっと散策

koriyamajo
左から追手向櫓・中が多聞櫓・右が追手門

この上で盆梅展が開催されていますよ~

koriyamajo
追手門前にも梅が

koriyamajo
城址会館

右側に梅林がありますが、この頃はまだ咲いてませんでしたぁ
今頃は咲きだしているんでしょうね~


koriyamajo
天守台

標高82mで眺望が良いらしいのですが、現在は修復中で平成29年3月まで行くことができません

郡山城の築城は天正8年(1580)筒井順慶が筒井から郡山に移った時に始まり、天正13年(1585)に豊臣秀吉の弟秀長が入城しました。

秀長は大拡張工事を行い、城下町の繁栄のため、箱本制度という自治体組織を作りました。
秀長の死後、増田長盛が外堀を完成させ、徳川諸代の城主の後、享保9年(1724)柳沢吉里が入城し、6代145年間続きました。


koriyamajo
追手門(梅林門)

昭和58年(1983)復元。続いて追手向櫓・多聞櫓・追手東隅櫓が再建。

koriyamajo
古びた感じですね~

koriyamajo
わずかに咲いていた梅

koriyamajo
竹林橋からの眺め

koriyamajo
鉄(くろがね)御門跡

石垣は笑い積みで、大きな石の周りに小さな石を積むことだそうで、大きな口で笑ってるように見えるから

koriyamajo
東隅櫓

すぐ近くに近鉄橿原線が通っているので撮り鉄さんにもいいかも

この後は少しだけお雛様を観に行きます


(2015.2.21)

「郡山城跡」
奈良県大和郡山市城内町

blogramのブログランキング

第12回大和郡山盆梅展2015

奈良にある郡山城跡で盆梅展があり、7部咲きとのことなので行ってみることに

bonbaiten
高速からの大阪城

ビルの中にお城も不思議ですよね~
ここからの大阪城を狙っていたんですよ


と、ほどなく大和郡山に到着~
城跡にも車は停めれますが、停めれる台数が少ないので城ホールの駐車場に停めました


bonbaiten
城址会館 県指定有形文化財

昭和45年(1970)、奈良県立図書館(明治41年築)を譲り受け郡山城跡に移築。

この建物の向かって右側に盆梅展の出入り口があります。

では立派な盆梅をご覧下さいね~

bonbaiten
舞姫 

bonbaiten
追手門・追手向櫓・多聞櫓と続いて展示されています

bonbaiten
信鴻

bonbaiten
左上:紅羽衣 右上:悠妃 左下:秀長 右下:紅胡蝶

bonbaiten

bonbaiten
慶龍

bonbaiten


bonbaiten
左:春告草 右:春紅

bonbaiten

他にも立派な盆梅がありますよ~ 
まだ蕾が多いのでまだまだ楽しめます


咲けば絶対見事な枝垂れ梅の盆梅もありました

まだまだ蕾なので後半に楽しめるでしょうか


次は郡山城跡もちょっと散策


(2015.2.21)

第12回大和郡山盆梅展
郡山城跡 追手門・追手向櫓・多聞櫓
2015年2月7日~3月11日
9:30~16:30(土日祝~17:00)
450円


blogramのブログランキング

大和民族公園の花菖蒲

紫陽花を堪能したので次は菖蒲を観に行きました

大和民族公園はとても静かで綺麗でした
駐車場も園内も無料です。
公園内には重文の町屋など古民家が建てられています
民族博物館(有料)もありますよ〜

では小さな菖蒲園へ

大和民族公園

大和民族公園
紬娘

大和民族公園
和田津海

大和民族公園
座摩の美

大和民族公園

大和民族公園

大和民族公園
水車小屋がありました

のどかで人も少なく、近所だったら毎日散歩するのに最適な場所でしたね〜

ただ、この日は暑くて早々に切り上げ家路に向かいました

(12.Jun.2010)

大和民族公園
奈良県大和郡山市矢田町545
0743-53-3171
9:00〜16:00 無料
奈良県立民族博物館
9:00〜17:00(入館〜16:30) 200円
月曜・年末年始休館



ポチっとお願いします

blogramのブログランキング

矢田寺の紫陽花2010

梅雨前のということで昨日紫陽花を観に行ってきました

まだ満開ではなく、梅雨真っ只中が見頃でしょうねぇ

矢田寺 
参道にも紫陽花が

矢田寺 
朝一はまだ人が少ないです

先にお参りを済ませます。

矢田寺 
本堂 県指定文化財

白鳳4年(675)天武天皇の勅願により智通僧上により開基されました。

ご本尊は地蔵菩薩立像(平安時代・重文)、十一面観音立像(奈良時代・重文)、吉祥天立像(室町時代)。

矢田寺 
鐘楼

さぁ、紫陽花を撮影しま〜す
暫く写真をご覧ください

矢田寺

矢田寺 
盛りだくさん

矢田寺 
バッタの赤ちゃん

矢田寺 
あじさい園

矢田寺

矢田寺

矢田寺

 矢田寺
マナーは守りましょう 
 
矢田寺 
クマンバチ、恐いですね〜

矢田寺
ヤマボウシが満開でした

矢田寺
塔頭ではサツキが咲いています

矢田寺
紫陽花に見立てた金平糖

矢田寺
11時頃には人がいっぱい

参道のお店で和菓子を食べました

矢田寺
水まんじゅう 300円

普通の餡と桜餡かな

矢田寺
わらび餅 300円

本当は5個あります。食べてから写真撮ることに気づきました
お茶は冷えた麦茶が頂けます。

気温が高くて紫陽花もちょっと元気がなさげなのもありましたが、綺麗な紫陽花を観れて満喫しました

(12.Jun.2010)

矢田寺(金剛山寺)
奈良県大和郡山市矢田町3549
0743-53-1445
8:30〜17:00
6月1日〜7月10日入山料400円・拝観料500円



ポチっとお願いします

blogramのブログランキング