滋賀 第4回長浜さつき盆栽展

GWの記事もまだあるのですが、先にさつき盆栽展をUPします。
初日に行ってきました。

久しぶりの滋賀です。

keiunkan
表門入口

毎年盆梅展が行われている所です。
一度観たいのですが、時季が寒いから、、、

表門入ると庭園になっていて、国指定名勝になっています。

keiunkan
中門

明治45年(1912)に作庭されました。

keiunkan
本館入口

明治20年(1887)に建てられた木造2階建て建築で、明治天皇行幸の際のご休憩所として建てられました。

こちらからさつき盆栽展を観賞します。

keiunkan
まずは2階から

両陛下の玉座の間があります。

keiunkan
主庭

2階からの眺め。
肉眼では琵琶湖も見えました。

keiunkan
1階でさつき盆栽展を楽しみます

keiunkan
夢花火

初めて観る花弁の形で可愛らしいです~

keiunkan
めぐり逢い

keiunkan
百花の光

keiunkan
台も凄いです!

keiunkan
次の部屋へ

keiunkan

keiunkan

keiunkan
針金?で作られたものも

keiunkan
2階へ

2階はまだこれからという感じでした。

花も綺麗でかわいいのですが、木全体の形とかが素晴らしいですね~
満開も観てみたいかなぁと思いました。

(2018.5.26)

「第4回 長浜さつき盆栽展」
慶雲館
2018年5月26日~6月10日
9:30~17:00(最終入館16:30)
500円



スポンサーサイト

滋賀 近江孤篷庵

ずっと外出が続いていて更新出来ずにおりました
ネタが溜まってきているので年内に終われるか焦りますぅ


西明寺の次に訪れたのが長浜市にある小堀遠州の菩提寺になります。
ここは昨年行きたかった場所なのですが、天候が怪しく、諦めた所です。
今回は来るのは遅かったかなぁ・・・

駐車場は2か所あり、お寺から遠い方に停めました。

kohoan
駐車場から道中にある神社

kohoan
イチョウが綺麗でした

kohoan
拝殿

拝殿の奥に本殿があり、そちらでお参りさせて頂いたのですが、鈴を鳴らしたらバサバサっと虫たちが落っこちてきました
旦那には大きな蛾が舞い降りてましたよ

kohoan
近江孤篷庵 山門

円恵霊通禅師(江雲和尚)が開山。
2代政之(宗慶)が、遠州及び小堀家家老家臣等の修禅及び菩提道場として承応2年(1653)現在地より北西奥の平地に建立。
宝永6年(1709)に性宗紹宙和尚が現在地に移築しました。

kohoan
山門をくぐると素敵なお庭

kohoan
本堂 昭和40年(1965)再建

ご本尊は釈迦牟尼如来像(江戸初期)。

kohoan
南西面 枯山水庭園 県史蹟名勝

枯山水なのに一面苔ですが、当時は白砂だったそうです。
五老峰・海・舟石等を配しています。

江戸後期に衰退したため無住となり、一時期荒れてしまったのですが、昭和13年(1938)、定泰和尚が住持となり寺院再興をされ、徐々に整備されました。

一面リンドウが咲くそうですよ~
その季節にも来てみたいですね~


kohoan
北東面 池泉回遊庭園

kohoan

錦渓池を中心に瀟湘八景を模しています。

kohoan
ハガキの木

葉の裏に文字を書き、やり取りをしたのが葉書の語源になっているそうです。

kohoan

kohoan

kohoan
皆川月華氏 91歳時の襖絵

お堂内には皆川月華氏の素敵な襖絵を直に観ることができます。
写真の襖絵は最後の作品なのですが、筆のタッチも素晴らしいので目も腕もしっかりとされていたのだなぁと思いました。
モネは目を患い、ルノワールはリウマチになり、、、とかありますが、凄いなぁと。。。
各部屋の襖絵はどれも違いどれも美しいです


お着物を着られる方は月華氏のことはご存知かもしれないですね。
私は今回初めて知りました。

kohoan
苔の中に小さなキノコが

調べると「ヒナノヒガサ」という毒キノコなんですねぇ
小さすぎて食べないと思いますが皆さまお気を付けくださいませ


kohoan

ご朱印ってあったのかな???

(2015.11.22)

「近江孤篷庵」
滋賀県長浜市上野町135
0749-74-2116
9:00~17:00(11月~3月・・~16:00)
300円
11月17日定休

滋賀 小谷寺

母を連れて湖北までお墓参りに行ってきました
連休になると渋滞だと思いますが、その前週ということで比較的スイスイ~っと走行。

前日の天気予報では長浜辺りから雨マークが…
降らないといいのですが…

odaniji
大津SAからの景色

トイレ休憩に立ち寄ったのですが、なかなかいい天気ではないですか~
琵琶湖も綺麗に見えています。

無事お墓に到着。
お参りしている間はとても穏やかなお天気で、風もなく、寒くなかったのですが…

ほど近くにある小谷寺まで行きます

odaniji
小谷寺

神亀5年(728)泰澄上人が、白山から伊吹山までの峰々に修験道場を開き、小谷山に建てられた坊舎の一つ。
その頃は常勝寺と云われていましたが、これが小谷寺の開創だと云われています。

大永4年(1524)頃、浅井亮政が小谷山に城を築き、この時寺領交換が行われ、六坊一山全部北谷地区に降りてきました。
浅井氏はここを祈願寺と定め、仏田を寄付して寺号を小谷寺と改めました。

天正元年(1573)小谷落城の時、お寺も本尊以外は焼かれてなくなりました。

天正4年(1576)豊臣秀吉により現在地に小谷寺が再建され、寺領を保護され、徳川家康も寺領四四石余りを援護したと伝わります。


大河ドラマ「江」が放送されてから観光客が増えたのではないでしょうか。

odaniji
本堂

ご本尊は如意輪観音像(長浜市指定文化財・秘仏)。

この日は年に一度の期間限定の御開帳がされていました。
貴重な如意輪観音像のお姿を拝顔できます。
納められている厨子も珍しいもので、中は洞窟を表したような感じです。
他にも弘法大師や浅井三姉妹の母、お市が大切にしていた念持仏も拝顔できましたよ。

母方の祖父の菩提寺でしたので、一度はお参りに来たいと思っていたので良かったです。
母には立ち寄ることは言っていなかったのですが、凄く喜んでくれました。

お堂を出ると雨が…
天気予報の通りになってしまいましたぁ
お墓参りの時は降らなかったのでまぁ、いいか。

次へ向かう予定だった方向を見るとすんごい霧なのか雲なのか、山が隠れてしまってます…
完全に雨降ってるよなぁってことで別の候補地へ。

odaniji
ご朱印

(2014.11.15)

「小谷寺」
滋賀県長浜市湖北町伊部329
0749-78-0257
御開帳期間…2014年11月12日~18日
9:00~16:00
500円(通常は200円要予約)

滋賀 北国街道2

北国街道を歩く際は、木之本観光案内所のサイトかJR木ノ本駅で「木之本まちなみマップ」というのを手に入れるといいですよ

いくつかお醤油屋さんがあるのですが、そのマップを見て気になるお店があり向かうことにしました。
一番端っこにあるお店なので立ち寄る人は少ないかも。。。

hokkokukaido
ダイコウ醤油

嘉永5年(1852)創業の老舗です。
ペリーが来航する前年だそうですよ。

hokkokukaido
店内

hokkokukaido
大きな樽が

以前はこちらの樽で製造されていたそうです。

お店のご夫人とお話をさせて頂く内になんと中まで案内までしてくださいました
なんだかテレビのロケをしているようでとても楽しかったですね~

昔は皆さんご存知のように間口の大きさで税金が課せられていたので奥へ奥へと長~いです。
いや~ホンマに長かったですよ

hokkokukaido
こんな電話室があり

hokkokukaido
古い電話も

hokkokukaido
お醤油屋さんの前は薬屋さんだったとか

hokkokukaido

沢山の賞状が飾られてあり、大正時代のものはデザインがオサレでしたね~
大正時代のデザインって好きなんですよね大正ロマンって響きいいな~
現在の賞状は決まったデザインだからつまらないですね

それで更にお醤油作りの現場までも案内して説明までして頂けました
作業中ではありませんが、とても勉強になりましたね~
もう、感謝感激です
流石に撮影は遠慮させて頂きました。
他の写真や他店は撮影許可得てますよ~

hokkokukaido
購入した商品

はいざくらは濃い口醤油です。
どちらもまだ現在まだ使っているのがあるので味はわかりません。
使うのが楽しみ

ダイコウ醤油
滋賀県長浜市木之本町木之本1137
0749-82-2012
不定休

次に他の観光客が大量にから揚げを購入していたので真似して買うことに

hokkokukaido
かね吉

hokkokukaido
すぐ揚げてくれます

hokkokukaido
一口サイズのから揚げ

車の中でつまんでいたのですが、濃い目の味付けなので旦那がビール欲しなると言い出し、帰ってから食べることにしました。

お値段忘れたんですが、めっちゃ安かったですよ

「かね吉」
滋賀県長浜市木之本町木之本1120
0749-82-2120
水曜定休

駐車場へ向かう途中、木之本地蔵院前にある和菓子屋さんに寄りました。

hokkokukaido 
かどや

hokkokukaido
でっち羊羹

木之本名物なので購入してみました。
モチっとしていて旅で疲れた体を癒してくれるような甘さです
懐かしいホっとする美味しさでした。

hokkokukaido
さつまいも羊羹

こちらはマッタリというかモッチモチという食感です。
でもサツマイモたっぷりで美味しいです

「かどや」
滋賀県長浜市木之本町木之本1072
0749-82-2031
不定休

以上今回はお店巡りを楽しめましたね~
このような小さな街道もいいもんですね。
歴史も感じれるし

(2012.10.14)



今年の記事は以上で終わりです。
ご訪問、コメントなど有難う御座いました。
拙いブログでは御座いますが、来年も何卒どうぞ宜しくお願い申し上げます。
お正月寒波が来るようですので体調にはくれぐれもご注意くださいね。
良いお年をお迎えください

滋賀 北国街道1

木之本地蔵院前の道が北国街道になっていて、金沢城下から中仙道鳥居本宿までを北国街道と呼びます。

ではブラブラと歩いてみますが、ほとんどお店の紹介になります

先ずは、地蔵院の斜め前にある「つるやパン」さんから

hokkokukaido
ご存知の方も多いですよね~テレビで紹介されてすごい人気になっているパンがあります。
「サラダパン」なんですが、この日も大人気で次から次へと売れていました
もちろん私も購入してますよ~

hokkokukaido
購入したパンたち

hokkokukaido
左:サラダパン 右:豆乳きなこパン

どれも素朴な感じで普通に美味しかったですねぇ
サラダパンはちょっと期待しすぎたかな
キャベツの量がもう少し多いといいのになぁと思いました

「まるい食パンラスク」がかなり美味しいです
チョコ味にしたのですが、他にも種類があり、全種購入すればよかったと後悔・・・
正直、サラダパンよりこのラスクの方が美味しいと思いました

つるやパン
滋賀県長浜市木之本町木之本1105
0749-82-3162

次は

hokkokukaido
旧本陣 竹内五左衛門家

京都、江戸、北陸を結ぶ宿場の本陣跡。
先々代の当主は全国で日本薬剤師第一号の免状を取得されている。


hokkokukaido

とても風情ある建物でしたよ

次に

hokkokukaido
冨田酒造

天文年間(1532)創業、460余年という歴史がある造り酒屋さんです

hokkokukaido
店内

七本鎗と見えている看板は北大路魯山人の篆刻だそうです。

hokkokukaido

hokkokukaido
購入したお酒

賎ケ岳の戦いで活躍した七人の若武者たちを「賎ケ岳の七本鎗」と言い、それにちなんだお酒を造っておられます。

因みにその七人は脇坂安治・加藤嘉明・加藤清正・平野長泰・糟屋武則・福島正則・片桐且元です。

hokkokukaido
このような旗もあります

旦那が加藤清正LOVE(熊本人)なので旦那が撮影・・・
hokkokukaido
横の通り

立派な建物ですね~

冨田酒造
滋賀県長浜市木之本町木之本1107
0749-82-2013
9:00~18:00
火曜定休


パート2へ続きます

(2012.10.14)