滋賀 大池寺の紅葉2016

昼食の後、次の目的地「大池寺(だいちじ)」へ向かいました。
ここはかなりの穴場ではないでしょうか。

daichiji
駐車場傍で

真っ赤っかに染まっていました。

daichiji
蓬莱庭園が観れます

daichiji
入口

天平14年(742)、行基菩薩が訪れた際、日照りに悩む農民のため、灌漑用水として「心」という字を形に四つの池を掘り、その中央に寺を建立し、「邯鄲山青蓮寺」であったとされています。
天正5年(1577)の戦国の兵火に遭い、境内が焼失。
寛文7年(1667)京都妙心寺の丈巌慈航禅師が訪れた際、草庵の仏像を見て寺を再興し、「龍護山大池寺」と改名しました。
後に織田信長の甥、織田主水正信は大池寺再建のため多くの寄進をし、開基となりました。

daichiji
心池庭

庫裡へ向かうまでにもこのように庭園があります。

daichiji
庫裡

ご本尊は釈迦如来坐像(行基作)。甲賀三大仏のひとつ。

daichiji
蓬莱庭園 小堀遠州作枯山水庭園

こちらは季節ごとのお花を楽しめるお寺さんで、6月にはサツキが咲いて綺麗でしょうね~

daichiji

全体を撮るのが非常に難しいです💦

daichiji
茶室もありました

daichiji
中庭

では外を散策します。

daichiji
かなり大きなカマキリさん

daichiji
干し柿にしたいね

daichiji
外の庭園は広いです

daichiji

daichiji
まだ紫陽花が

daichiji

daichiji
ご朱印 

とてもゆったりできるお寺さんでした。
池もありましたよ~それはデジブックにて。

もう枯れ始めてはいました、寒い地域だからか早いですねぇ
でも楽しめました。

(2016.11.20)

大池寺
滋賀県甲賀市水口町名坂1168
0748-62-0396
9:00~17:00(冬期は~16:00)
400円


blogramのブログランキング
スポンサーサイト

滋賀 長寿寺の紅葉2016

MIHO MUSEUMが10時開館でちょっと遅めなので先に湖南三山の一つ、長寿寺へ行くことにしました。

滋賀に入ると霧が濃くなってきました。

chojuji
前が薄っすらとしか見えません

chojuji
たぶん野洲川

ジベルニーへ向かう途中のセーヌ川を思い出します。。。

chojuji
無事到着~

前日の雨で駐車場はじゅちゃじゅちゃ状態・・・
雨の翌日は汚れてもいい靴とボトムがいいですよ。

chojuji
駐車場にいてたネコちゃん

まだ子どものようでした。
ミャーミャーと小さな声で鳴いているんですが、近づくと逃げちゃいました😞

chojuji
山門

山門から綺麗な紅葉が出迎えてくれてます。
京都みたいに混んでないのでいいですね~
でも10時近くには観光バスもどんどん来ていたのでお昼頃には沢山の人になるのでしょうか。。。

天平年中(729~748)聖武天皇の勅願により良弁僧正が建立。

chojuji
門をくぐると

まだ緑のモミジもありました。

chojuji
モミジのトンネルが綺麗です

chojuji
皇帝ダリア

chojuji
ドウダンツツジも朱く染まり

chojuji
本堂 貞観年中(859~877)復元 国宝

ご本尊は子安地蔵尊(秘仏)。

御開帳は50年に一度だそうです。次はいつでしょうね。

chojuji
本堂から

chojuji
鐘楼

chojuji
鎮守社 白山神社 

chojuji
本殿

chojuji
竹灯篭が飾られていました

chojuji
ご朱印


記事に載せきれないので滋賀をまとめてデジブック作成しますのでご覧頂けたら嬉しいです~

(2016.11.20)

「長寿寺」
滋賀県湖南市東寺5-1-11
0748-77-3813
9:00~16:00
500円



blogramのブログランキング

MIHO MUSEUMの紅葉2016

福島で地震がありました。大きな被害が出なくてほっとしました。
お怪我された方もいるとのこと、心よりお見舞い申し上げます。


初めて来る美術館、紅葉も観れるかなぁと楽しみに来てみました。
ここは春の枝垂桜が綺麗なんですよね。
その季節にも来てみたいです。

miho
駐車場から屋根が見える方へ

miho
美術展の看板

miho
この建物はチケット売り場とレストランがあります

美術館は別の場所にあり、徒歩だとけっこう歩きます。
座って待っている姿がありますが、電動車を待っています。
美術館まで随時往復しているので帰りはそれに乗りました。

miho
門の向こうをずーっと歩きます

両サイドに枝垂桜が並んでいて、桃源郷をイメージしているそうですよ。

miho
途中からトンネルが

miho
美術館入口

お寺?の屋根みたいですね。

miho
入口向かって右側

綺麗に色付いていました。

miho
館内の窓越しに

miho
こちらも館内から枯山水

映り込んでしまってますが💦

miho

miho
入口向かって左側

車椅子の方や足が不自由な方はこちらから入れます。

miho

(2016.11.20)
 

MIHO MUSEUM
滋賀県甲賀市信楽町田代300
0748-82-3411
10:00~17:00
月曜休館(冬季は休館)
HPで開館日はご確認ください。



blogramのブログランキング

滋賀 近江孤篷庵

ずっと外出が続いていて更新出来ずにおりました
ネタが溜まってきているので年内に終われるか焦りますぅ


西明寺の次に訪れたのが長浜市にある小堀遠州の菩提寺になります。
ここは昨年行きたかった場所なのですが、天候が怪しく、諦めた所です。
今回は来るのは遅かったかなぁ・・・

駐車場は2か所あり、お寺から遠い方に停めました。

kohoan
駐車場から道中にある神社

kohoan
イチョウが綺麗でした

kohoan
拝殿

拝殿の奥に本殿があり、そちらでお参りさせて頂いたのですが、鈴を鳴らしたらバサバサっと虫たちが落っこちてきました
旦那には大きな蛾が舞い降りてましたよ

kohoan
近江孤篷庵 山門

円恵霊通禅師(江雲和尚)が開山。
2代政之(宗慶)が、遠州及び小堀家家老家臣等の修禅及び菩提道場として承応2年(1653)現在地より北西奥の平地に建立。
宝永6年(1709)に性宗紹宙和尚が現在地に移築しました。

kohoan
山門をくぐると素敵なお庭

kohoan
本堂 昭和40年(1965)再建

ご本尊は釈迦牟尼如来像(江戸初期)。

kohoan
南西面 枯山水庭園 県史蹟名勝

枯山水なのに一面苔ですが、当時は白砂だったそうです。
五老峰・海・舟石等を配しています。

江戸後期に衰退したため無住となり、一時期荒れてしまったのですが、昭和13年(1938)、定泰和尚が住持となり寺院再興をされ、徐々に整備されました。

一面リンドウが咲くそうですよ~
その季節にも来てみたいですね~


kohoan
北東面 池泉回遊庭園

kohoan

錦渓池を中心に瀟湘八景を模しています。

kohoan
ハガキの木

葉の裏に文字を書き、やり取りをしたのが葉書の語源になっているそうです。

kohoan

kohoan

kohoan
皆川月華氏 91歳時の襖絵

お堂内には皆川月華氏の素敵な襖絵を直に観ることができます。
写真の襖絵は最後の作品なのですが、筆のタッチも素晴らしいので目も腕もしっかりとされていたのだなぁと思いました。
モネは目を患い、ルノワールはリウマチになり、、、とかありますが、凄いなぁと。。。
各部屋の襖絵はどれも違いどれも美しいです


お着物を着られる方は月華氏のことはご存知かもしれないですね。
私は今回初めて知りました。

kohoan
苔の中に小さなキノコが

調べると「ヒナノヒガサ」という毒キノコなんですねぇ
小さすぎて食べないと思いますが皆さまお気を付けくださいませ


kohoan

ご朱印ってあったのかな???

(2015.11.22)

「近江孤篷庵」
滋賀県長浜市上野町135
0749-74-2116
9:00~17:00(11月~3月・・~16:00)
300円
11月17日定休

blogramのブログランキング

西明寺の紅葉2015その2

では庭園を散策しながら本堂へと向かいます

saimyoji
名勝庭園 蓬莱庭 国指定

saimyoji
所々に綺麗な紅葉もあることはあるんですが・・・

saimyoji
上からの眺め

saimyoji

saimyoji
紅くなるのかな?

saimyoji

saimyoji

saimyoji
観林坊

saimyoji
三重塔 鎌倉時代後期建立 国宝

内部の特別公開をしていたのですが別途1000円要なので観ませんでした。

saimyoji
天門 室町時代初期建立 重要文化財

本堂からの撮影。

saimyoji
本堂(瑠璃殿) 鎌倉時代初期建立 国宝(第一号指定)

ご本尊は薬師如来像(秘仏)。

saimyoji

saimyoji

saimyoji
落ち葉の掃除をされています

saimyoji
面白い切株の形ですね

saimyoji
ご朱印

帰り、バス停には行列が出来ていましたよ

次に北上します。

(2015.11.22)

blogramのブログランキング