阪神甲子園球場

阪神ヤクルトのチケットが手に入ったので阪神ファンの母を連れて応援に行ってきました
因みに私はプロ野球は興味が無く・・・にわか阪神ファンになって応援しましたよぉ


球場の外観はツタの葉がないので淋しい感じがしますねぇ。。。




球場内に入ると何故かワクワクしてきます




女の子の方は何ていう名前なんでしょう?トラッキーのバックテン、カッコ良かったです



試合が始まります



先発ピッチャー 下柳投手



赤星外野手



関本の応援旗が 



関本内野手



ブラゼル内野?外野?



新井内野手



矢野捕手





赤星選手が走ります



段々暗くなってきました 



金本外野手



ジェット風船の準備が始まります



用意はいいですね〜


この風船を楽しみにしていたんですよね〜一度生で見てみたかったのよん



それ〜



あ〜楽しかったでも試合の結果は・・・2−3で負けてしまいました
の天気予報でしたが、無事もってくれてよかったです


来月は日本女子バレーを応援しに行きます


blogramのブログランキング
スポンサーサイト

旧岡田家・石橋家住宅

伊丹市立美術館に隣接して旧岡田家住宅(店舗・酒蔵)と旧石橋家住宅があります。


JR伊丹駅と阪急伊丹駅の間は風情ある街並みになっていて散策を楽しめそうです



手前が旧石橋家住宅、奥が旧岡田家住宅




旧石橋家住宅は江戸時代後期に建てられ、県指定文化財になっています。18世紀に猪名野神社の門前通り北小路村に移り住んで商売を始め、明治以降、紙と金物の小売業のかたわらに酒造業を始め、日用品の雑貨商を営んでいました。


クラフトショップが中にありました




盆梅が綺麗でした




旧岡田家住宅内 現存する最古の酒造


旧岡田家住宅は延宝2年(1674)に建てられた町屋で、岡田家所有となったのは明治33年になります。重要文化財に指定されています。


   




雛壇が飾られていました


この辺りは電柱がありませんでした。もっと散策したかったのですが、が降ってきたのでこの後カフェでお茶して帰りました〜


2009年2月22日に訪れています


アクセス:JR・阪急「伊丹」駅
開館時間:10:00〜18:00
入館料:無料
月曜定休


blogramのブログランキング

再度公園

大龍寺からドライブウェイを少し上に行くと再度(ふたたび)公園があります


明治中期まで荒地だった場所を明治35年(1902)から植林を始め、昭和12年(1937)に誕生しました。国指定名勝になっています。





こちらも結構散っていましたが綺麗でしたよ〜




しばらく写真をご覧ください








修法ヶ原池


修法ヶ原池(しおがはらいけ)の湖畔は紅葉の名所になっています










再度山ドライブウェイ


ドライブウェイの途中に駐車できるスペースがあるのでちょっと停めて撮影






神戸港が見えます


2008年11月29日に訪れています


アクセス:JR神戸線「三宮」駅より市バス「再度公園」下車
開園時間:常時
入園料:無料


blogramのブログランキング

大龍寺

ランチの後、紅葉の季節でもあるので再度山(ふたたびさん)ドライブウェイの途中にある大龍寺へ行ってみることにしました


神護景雲2年(768)称徳天皇の勅を受けた和気清麻呂公は、摂津の国寺塔建立の霊地を求めて当地の山中まで来られたときのこと、公を暗殺しようとつけ狙っていた僧道鏡の刺客は、忽然と現れた一匹の大蛇に驚いて一目散に逃げ帰ってしまいました。助けられた公が辺りを見回すと大蛇が消えた跡に聖如意輪観世音菩薩が立っておられ、霊験を感じた公はこの地に伽藍を建立し寺名を大龍寺(たいりゅうじ)と名づけました。


その後、弘法大師が再び登山されたというので再度山と呼ばれるようになりました。



山門(赤門)



対照的な木ですね〜



紅い絨毯が綺麗



仁王門





馬頭観音像?の前が不思議でした


観音像の前に立つと頭の辺りがポカポカ温かいのです。この日は日差しが少なく曇り空だったので、お日様の温さでもなく、他の場所は全く感じず、この観音像の前だけなんですよね・・・旦那が最初に気づいたのですがお線香も焚かれていないのでその温さでもない・・・不思議でした〜



本堂



毘沙門堂


ご本尊は如意輪観音菩薩立像(奈良時代後期・重文・秘仏)で7月20日にご開帳されます。


ぼけ封じにご利益があるお寺さんです



モミジをバックに



イチョウの絨毯



モミジの間から修行大師像



イチョウの整列



奥の院 大師堂



          




イエローからレッドに・・・




ストーブの前で気持ちよさそうだニャ



なかなか綺麗な紅葉・黄葉を楽しめましたでは次の場所へ



ご朱印


2008年11月29日に訪れています


アクセス:JR神戸線「三宮」駅より市バス「大龍寺前」下車
拝観時間:9:00〜17:00


blogramのブログランキング

保久良神社

岡本八幡神社から金鳥山に登ることができます。結構急な勾配なので行かれる際は歩きやすい靴で登ることをお薦めします
金鳥山の中腹に保久良神社が鎮座されています。


保久良神社は昭和13年(1938)社殿改築の時、神社境内外地は古代祭祀の遺跡地として認められました。社殿を取り巻く多くの岩石群が岩座・岩境を作り、その辺りから発見された弥生式・中・後期(紀元前200年〜紀元後200年頃)土器石器が多数出土し、昭和16年には銅戈(重美)が発見され、そのいずれもが実用を離れ、儀礼的用途を持つものと考証され、神社祭祀の由来も極めて古いものと証明されたそうです。


かなり古い神社ですね〜不思議な空間を体験できるかも




灘の一ツ火




大阪湾を一望できます


石灯籠は文政8年(1825)のもので、中世の頃より油で千古不滅の御神火を点し続け、最初の灯台として「灘の一ツ火」と海上の船人の目印にされたそうです。



社殿



             


ご祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)・大歳御祖神(おおとしみおやのかみ)・大国主命(おおくにぬしのみこと)・椎根津彦命(しいねつひこのみこと)。



祓御神社(摂社)


ご祭神は天照皇大神と春日大神です。



遥拝所


伊勢神宮の遥拝施設で、伊勢神宮のある方角を向いて設置されています。依り代が平たい岩石になっています。



立岩



神生岩


貴重な岩石祭祀遺跡たちです。立岩は保久良神社の正式な「磐座」として認定されています。社殿の東側に沢山の岩石が残っています。


境内に保久良梅林があり、山の中なのでまだこれからという感じでした。



*2008年3月9日に訪れています


最寄り駅:阪急「岡本」駅

blogramのブログランキング