京都 知恩院の桜2017

祇園巽橋の次に向かったのが知恩院です。
この辺りから霧雨が降ったり止んだりだったのでカメラで撮影することにしました。

chionin
ドーンと現れます

靄が幻想的な雰囲気を醸し出していますね~

chionin
三門 元和7年(1621)建立 国宝

いつ見ても大きいですね~

この日は4月8日、「花まつり」の文字を見てお釈迦様のお誕生日だということに気づきました💦

chionin
近くだと更に圧倒される感じ

建暦元年(1211)法然上人が四国流罪から帰京した際、現知恩院勢至堂のある場所、大谷の禅房に住むことになりました。
翌年、法然上人は80歳で入寂されました。
門弟たちは房の傍らに墳墓をつくりましたが荒廃していきました。
文暦元年(1234)源智上人は荒れた墓所を修復し、仏殿・御影堂・総門を建て知恩院大谷寺と号しました。

chionin
三門から男坂を見る

男坂を登ります。

chionin
多宝塔

現在、御影堂は修復工事中で参拝できません。
もうすぐ終了するようで、5月5日に最終の大修理現場見学ができるようですよ。

武家門入口から七不思議の展示や方丈庭園が拝観できるのですが、靴を脱がないといけないのが億劫で、、、(私が)Mちゃんには申し訳ないですがパスしちゃいましたぁ
晴れてたら拝観したんですけど…

chionin

chionin
黒門へ下る方へ行っちゃいました

そこからまた三門の方へ歩き、

chionin
三門を横から

chionin
女坂の椿と桜 

友禅苑から枝垂桜が見えるので入苑してみます。
要拝観料です。

chionin
友禅苑 池泉式庭園と枯山水

友禅染の祖、宮崎友禅斎ゆかりの庭園。

chionin
枯山水の方に枝垂桜が

chionin

chionin

女性二人がいなくなると私たちだけの貸し切り♪
ここも穴場ですね~

友禅苑を出て

chionin
この景色も素敵でした

着物姿と合いますね(^.^) 

大鐘楼や勢至堂の方へ行かず、円山公園へと向かいました~

こちらでも綺麗な桜を愛でることができました。

(2017.4.8)

知恩院
京都市東山区林下町400
075-531-2111
9:00~16:30(受付~15:50)
友禅苑
300円



blogramのブログランキング
スポンサーサイト

京都 円山公園と高瀬川の桜2017

ギリギリまで行こうかどうしようか悩んだのですが、撮影を気にせず行こうかということになり、Mちゃんと雨の中行ってきました。

ほとんどスマホでの撮影と一部Mちゃん撮影ありです。

まずは、先日は旦那と歩いた祇園巽橋の所まで。

gion
白川南通 満開になってました

霧雨が降っている感じです。
そんな中でも観光客が多いですね。という私たちもですが…
結婚式の前撮りだったり、お着物姿の撮影が多かったです。
せっかくの撮影なのに残念でしたね。。。
で、巽橋ではその撮影が多く、私たちは断念します。

次に知恩院に向かいますが、それは別記事にしますね。
知恩院から円山公園へ向かいました。

gion
円山公園の枝垂桜

綺麗に咲いていましたよ。

gion
雨がちょっと止んでます

雨の中、シート敷いてお花見されるんですね!

そろそろお昼にしようということで、沢山ある屋台の中で選んだのが、

gion
こちらの屋台

新神戸にお店があるそうで、良くお話されるインドの方でした。
話の内容はホンマなのか冗談なのかわからない(~_~;)

gion
二人とも「ナンチキンサンド」にしました

クルッと包むので食べやすいってことで選びました。
写真右に辛味のタレがかかるのですが、辛さは調節してくれます。
このタレが美味しいです!
そんなに辛くなくて、コクがあって、癖になる味でした。
また食べたいかも。。。

「Indian Restaurant TABLA」
兵庫県神戸市中央区熊内町7-4-1
078-241-8970
11:00~15:00、17:30~22:00
火曜定休


まだ何か食べたいなぁということで、フランクフルトを食べたのですが、写真無しです。
これが、かなりお腹がいっぱいになり、この日は甘味を食べれずでした…残念!

gion
賑わってますよ

高瀬川へ向かおうと、八坂神社を抜ける頃、けっこう雨が降ってきました。

gion
途中で立ち寄った山椒ちりめん屋さん

私だけ購入。
とてもあっさりした、京都らしくちょっと薄味?な感じでしょうか。
山椒が優しいアクセントになってますね~
 

京風味 山椒ちりめん いづみ屋
京都市東山区上柳町196
0120-10-3857
075-561-3857(9:00~17:00)
9:00~17:30
無休


ここから高瀬川の桜です。
四条から五条へ向かいます。

gion

gion

gion

gion

gion

gion

gion
眼の高さに桜が

五条通手前の場所ですが、ここは穴場ですね~
ご家族がお着物で記念撮影されていましたよ。
足元まで桜の枝があるのでかなり近くから撮影できます。

途中も高瀬川に風情ある橋があったりするのですが、そこも穴場な感じでしたね~
お天気じゃなかったのが残念ですが、綺麗な桜をMちゃんと愛でることができ、楽しめました~

(2017.4.8)



blogramのブログランキング

京都 高山寺

以前、高雄の神護寺、西明寺には紅葉で訪れているのですが、高山寺には立ち寄りませんでした。
ということで今回寄ることにしました。

裏参道から入りました。

kosanji
趣きある石垣の横を通ります

kosanji
ここから中には入れません

苔の感じがいいですね~

kosanji
ここの椿もまだまだでした

今はけっこう咲いてるんじゃないでしょうか。

kosanji
開山堂 江戸時代

宝亀5年(774)光仁天皇の勅願により「神願寺都賀尾坊」として開かれました。
建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇よりこの地を与えられ「日出先照高山之寺」の勅願を賜りました。

kosanji
石水院の山門

kosanji
石水院 鎌倉時代 国宝

kosanji
廂の間

中央に善財童子の像が置かれています。

kosanji
廂の間から

kosanji

写真はないですが、南縁にはモミジがたっくさんあるので紅葉したら圧巻だろうと思います。

鳥獣人物戯画絵巻(平安時代~鎌倉時代・国宝)も観れました~

kosanji
金堂道

kosanji
金堂

寛永10年(1634)仁和寺古御堂を移築したものと伝わります。
ご本尊は釈迦如来像。

kosanji
柊南天

kosanji
馬酔木が満開でした

kosanji
ご朱印

(2017.4.1)

高山寺
京都市右京区梅ケ畑栂尾町8
075-861-4204
8:30~17:00
800円


blogramのブログランキング

京都 平岡八幡宮

ネットでこちらの椿が咲いたとあり、観てみたいなぁ~ということでやってきました。
花の天井絵も特別拝観できます。

まず目につくのが

hiraokahachimangu
土俵

10月に三役相撲という神事が行われます。
前日の雨で周辺はズチャズチャの状態。
それを予想して汚れていい靴を履いてきました。

動物の足跡が見受けられます。
宮司さんのお話によると、イノシシ集団と鹿が来るそうです。
植物は大変な被害に遭っているようで、山のドングリが不作で麓に下りて来てるそうです。
夏場はスズメバチに要注意だそうで、絶対に黒い服装はダメですよ!

hiraokahachimangu
綺麗な椿が

拝観料を支払うと宮司さんのお話、大福茶接待が受けられます。

hiraokahachimangu
下の葉2枚は椿の金魚葉だそうです

たまに、自然に金魚のような形をした葉があるそうです。
これからは花だけでなく、葉っぱも見なくちゃ!です。

宮司さんのお話は情報量が多く覚えきれません(^-^;
知らないことも多く勉強になりました~

hiraokahachimangu
本殿 文政9年(1826)修復 京都市有形文化財

大同4年(809)弘法大師空海が、神護寺の守護神として自ら描いた僧形八幡神像をご神体として宇佐八幡宮より勧請し創建されました。
平安末期、寺社荒廃は著しかったが、建久元年(1190)文覚が再興しました。
応永14年(1407)火災により焼失したが、足利義満公により再建されました。

ご祭神は応神天皇(誉田別命ほむたわけのみこと)。

花の天井絵は本殿内陣に入って説明を受けます。

雅な話し方をされる宮司さんでした。

hiraokahachimangu
絵馬も椿です

hiraokahachimangu
大福茶

梅干しと昆布が入っています。

境内を散策。

hiraokahachimangu
しだれ八重白玉椿 銘:一水(いっすい) 樹齢200年

こちらの椿が咲いたという情報でした。
白玉団子の白玉ってこの椿から付いてるそうです。

白玉椿伝説というのもありますが、それは実際に行かれてみてくださいね~

今年は椿の咲き具合は例年になく遅いそうです。
「こんなこと初めて」と仰っておられました。

hiraokahachimangu
まだ梅が綺麗です

hiraokahachimangu

hiraokahachimangu
馬酔木を下から

hiraokahachimangu

今週末くらいから見頃かもしれないですね~

hiraokahachimangu
梅干しと飴ちゃん

大福茶に入っていた梅が美味しかったので梅干しを購入、飴ちゃんは大阪のオバちゃんは持っとかんとね~

hiraokahachimangu
ご朱印

(2017.4.1)

「平岡八幡宮」
京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23
075-871-2084
花の天井 春の特別拝観
2017年3月3日~5月15日
10:00~16:00(受付~15:00)
800円



blogramのブログランキング

京都御所その2と御苑の梅とか

また更新が滞ってしまいました💦
25日~27日まで体調崩してましたぁ

京都御所の続きです。

gosho
御池庭 回遊式庭園

右に欅橋があります。

gosho
お庭のお手入れ道具ですね

gosho
御常御殿の前の梅

膨らんできてますね。
今はどんな感じだろ。。。

gosho
出口に向かう広~いスペース

gosho
たぶん、御学問所かと

gosho
とにかく立派な松の木が多かったです

京都御所を出て御苑内で昼食にしたのですが、それは別記事にしまして、昼食後御苑内を散策。

gyoen
早咲きの梅が見頃なのがあり

gyoen
白い梅も

gyoen
梅の香りも漂い

gyoen
春はすぐそこかなあ

けっこう寒いけど・・・

gyoen
閑院宮邸跡

こちらも通年公開となっています。

gyoen
建物内は中庭と展示室があります

トイレもありますよ。

閑院宮家は東山天皇の第六皇子直仁親王を始祖として宝永7年(1710)に創建。

gyoen
庭園を周遊できます

gyoen
ここに御殿があったのですね~

明治に東京へ遷都されたんですね。

gyoen
キセキレイちゃん

望遠レンズを持ってこず、悔やまれます・・・
トリミングしてます。
梅の場所で他にもルリビタキや木の上にコガラがいてました。
あー残念(+_+)

(2017.1.22)

京都御苑
京都市上京区京都御苑
075-211-6364(国民公園協会 京都御苑)
閑院宮邸跡
9:00~16:00(16:30閉館)
月曜(祝日は開館)・年末年始休館
無料



blogramのブログランキング