嵯峨野豆菓司 峯嵐堂

阪急嵐山駅近くにあったので何か買って帰ることに。

horando
外観

豆菓子が多く何にしようか迷った結果、わらびもちにしました。
作っているところが見えるので美味しそうなんですよね~

horando
きなこ 432円(税込)

他には抹茶・竹炭・桜がありました。

horando
先にきなこをかけてから切った方がいいです

わらびもちが凄く柔らかいです~
きなこに砂糖は控えめです、私たちはもうちょっと甘くてもいいかなぁ

今度は豆菓子も食べてみたいです。

嵯峨野豆菓司 峯嵐堂本店
京都市西京区嵐山中尾下町57-2
075-864-7573


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

京菓子司 松楽

高山寺から家に向かう途中、どこかで和菓子が買いたいなぁということで検索し、見つけたのが松尾大社のすぐ傍にある和菓子屋さんです。

一度寄りたいと思っていたお店でした。

昭和43年(1968)創業だそうです。

shoraku
外観

店内は広くなく、2~3人入ればいっぱいでしょうか。

shoraku
今日の彩り『京おはぎ』 @238円(税込)

上が大納言粒餡、下がきなこ。

shoraku
上がカボチャ餡、下が黒ゴマ

どれもよもぎごはんで和栗を包んでいて、とてもあっさりと頂けます。
甘すぎず、重くないのであと二つは食べれそうでした。
他にも種類があるので全部食べてみたいです~

shoraku
最中嵯峨 @196円

最近、最中にハマっておりまして、つい買ってしまいます。
2種色があり、茶色は定番のお味、緑が何だっけ、、、?
私も旦那も忘れてる💦
歯茎に付くタイプですが、餡は程よい甘さで美味しかったです。

京菓子司 松楽
京都市西京区嵐山宮ノ前町45
075-871-8401
9:00~18:00
水曜定休


関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

京都 松尾大社

食事を終え、次に向かったのが松尾大社(まつのおたいしゃ)です。

こちらには重森三玲氏作庭の松風苑があるので一度は絶対に来てみたいと思っていて、やっと実現しました


matsuotaisha
平成大鳥居

駅前すぐに大きな鳥居が現れます。

matsuotaisha
気持ちの良い参道ですね~

matsuotaisha

京都最古の神社で、太古この地方一帯に住んでいた住民が松尾山の神霊を祀って生活守護神としたのが起源。
5世紀ごろ渡来した秦氏が総氏神と仰ぎ、大宝元年(701)には現在地に社殿を造営されました。

matsuotaisha
楼門 江戸時代初期建立

matsuotaisha
ブラシノキが満開でした

matsuotaisha
これだけ並ぶと撮りにくい

matsuotaisha
左:拝殿 江戸時代初期建造 ・ 正面奥:本殿 室町時代初期建造 重要文化財

ご祭神は大山咋神、市杵島姫命。

本殿の背景には松尾山の岩肌が見えてとても迫力があります

存在感が凄いです。

参拝を済ませ、いよいよ庭園です

まずは、

matsuotaisha
曲水の庭(平安風)

matsuotaisha
上から

matsuotaisha
窓の映り込みとコラボ

matsuotaisha
なんか宇宙を感じますよね

次が、

matsuotaisha
上古の庭(磐座風)

これこそ、三玲氏の集大成という気がします。
太古の時代という感じでしょうか。

matsuotaisha
この流れが気に入りまして

瓦の横の道を進むと右手にアジサイ園があるのですが、この頃はまだまだでした。
今は終わったのかなぁ。

次に三つ目の庭ですが、楼門の所まで戻ります。

matsuotaisha
蓬莱の庭(鎌倉風)

matsuotaisha
全体が羽を広げた鶴の形にしてるそうです

matsuotaisha
水量が変化するのでドバッと出た瞬間をパチリ

鯉に餌をあげることも出来ますよ。
あげてみたのですが、まぁ、ヒクぐらい凄いことになりました


お酒の資料館があり、お漬物なども販売されていたので、味見をして美味しかった「酒かす大根」というのを購入しました。
一人でパクパク食べちゃいましたぁ


京つけもの もり

今度は山吹が咲くころに訪れたいです


matsuotaisha
ご朱印 

matsuotaisha
阪急嵐山線 松尾大社駅 

(2015.5.30)

松尾大社
京都市西京区嵐山宮町3
075-871-5016
松風苑拝観
8:30~16:00(日祝~16:30)
500円