FC2ブログ

ミラクルエッシャー展

本年もどうぞ宜しくお願いします。

お正月にあべのハルカス美術館まで行ってきました。
10:30頃に着いたのですが、空いていると思ったら既に行列!
昔は午後からの方が混んでいたのですが、最近は朝一からの方が混んでますねぇ

その時間は諦めて展望台へ行くことにし、昼食を食べ、お昼に行ってみると行列はなくなっていたので入ることにしました。
館内は混んでましたけど(^-^;

生誕120年を記念し、イスラエル博物館から約150点が日本初公開です。

エッシャーの絵は不思議な絵ですよね~
基本、絵も上手いですが、頭もいいですよね、羨ましい。。。
版画ですがとても細かくて凄いなぁと感心します。
建築家さんなども参考にされるんでしょうね~
ショップでは「でんぐりでんぐり」の声がよく聞こえてきてたので人気の絵ですね。
という私も言ってたんですけど(*^。^*)

購入したポストカードです。

escher
『写像球体を持つ手(球面鏡の自画像)』 1935年

escher
『平面充填Ⅱ』 1957年

escher
『階段の家』 1951年

沢山いる生物が「でんぐりでんぐり」です。

escher
『ベルヴェデーレ(物見の塔)』 1958年

escher
『滝』 1961年


巡回
*福岡展・・・福岡アジア美術館 2019年2月28日~3月30日
*愛媛展・・・愛媛県美術館 2019年4月12日~6月16日



ミラクルエッシャー展
あべのハルカス美術館
2018年11月16日~2019年1月14日
火~金10:00~20:00、月土日祝10:00~18:00
入館は閉館30分前まで


あべのハルカス展望台での写真です。

harukasu
北方面

現在は日本一の高さ300mで60階になります。
遠くにエキスポシティの大観覧車が見えました。
大阪城も見えたのですが、スマホでは撮影できませんでしたぁ

harukasu
ハルカスの影

緑の場所は天王寺動物園。

harukasu
吹き抜けのテラス

レストランで食事もできますよ。

harukasu
西側

明石海峡大橋も見えましたよ~

harukasu
南側

今度は夜景を観に来たいですね~
その時はカメラを持参ですね(^-^;


関連記事
スポンサーサイト

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。

美術館「えき」KYOTOまで行ってきました。

「絵描き」としてのちひろの技術や作品の背景を振り返り、資料を交えた約200点が展示されています。

初めていわさきちひろ展を観ました。
なんとなく苦手なイメージがあったのですが、テレビ番組で紹介されているのを見て一度観てみたいと思いました。
実際観てみると、ちひろさんの人柄で子供を観る視線が優しいのですが、どこか寂し気な感じがしました。
ぼかしなどの表現が素晴らしく、余白の活かし方も素敵だなぁと思いました。

チラシから作品をご紹介します。

chihiro
チラシ

iwasakichihiro
『屋根裏のアトリエで本を読む自画像』 1947年

iwasakichihiro
『伊勢丹広告』 1950年代前半

iwasakichihiro
『蝋石の絵と子どもたち』 1960年(あいうえおのほん)

iwasakichihiro
『絵をかく女の子』 1970年

iwasakichihiro
『十五夜の月』 1965年(あいうえおブック6)

iwasakichihiro
『焼け跡の姉弟』 1973年(戦火のなかの子どもたち)

iwasakichihiro
『小犬と雨の日の子どもたち』 1967年(絵雑誌「こどものせかい」1967年7月号)

iwasakichihiro図録


巡回
*福岡アジア美術館・・・2019年4月20日~5月26日

生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。
美術館「えき」KYOTO
2018年11月16日~12月25日
10:00~20:00(入館締切:閉館30分前)

関連記事

没後50年藤田嗣治展

京都国立近代美術館まで行ってきました。

日曜午後からでしたが、そんなに混んでいないのでわりとゆったりと観れました。

「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマに分かれて展示され、初来日の作品も展示されています。

藤田展としては2回目で、前に観たのとはまた違った展示だったので良かったです。
「乳白色の裸婦」などが代表作ですが、個人的には動物とか子供の絵が好きですね~
途中、モディリアーニやユトリロの影響を受けているなぁという作品もありました。

購入したポストカードです。

fujita
『自画像』 1929年

fujita
『サーカスの人気者』 1939年

fujita
『争闘(猫)』 1940年

fujita
『私の夢』 1947年

fujita
『カフェ』 1949年

fujita
『機械の時代(アージュ・メカニック)』 1958-59年


没後50年藤田嗣治展
京都国立近代美術館
2018年10月19日~12月16日
9:30~17:00(金土~20:00)入館は閉館30分前まで
月曜休館
      

関連記事

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

兵庫県立美術館まで行ってきました。
紅葉が楽しみの三連休、、、朝は高速が渋滞なので午後から行ってきました。

様々な種類のポスターに原画・写真、関連作品も合わせて紹介されています。

とても楽しみにしていました~
サヴィニャックの時代のポスターが好きなんですね~
昔、天保山サントリーミュージアムで観た以来です。
図録を購入していなかったので絶対に買おう!と決めていました。
エアフラのポスターも欲しかったんですけど、狭いからもう飾る壁もなし・・・
今話題のル〇ーのポスターもありましたよ、ニッ〇〇は無かったなぁ、ゴーン!じゃなくてガーン!

チラシから作品をご紹介します。

savignac
チラシ

savignac
『牛乳石鹸モンサヴォン』 1948-1950年

savignac
『1951年 パリ誕生2000年記念』 1951年

savignac
『オランジーナ:ソーダより美味い』 2001年

savignac
『〈デクーヴェルト/発見〉原画』 1990年頃

savignac
『ダンロップタイヤで出発』 1953年

savignac図録


巡回
*広島県立美術館・・・2019年1月5日~2月11日

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法
兵庫県立美術館
2018年10月27日~12月24日
10:00~18:00(金土~20:00)入場は閉館30分前まで
月曜休館(12/24は開館)


久しぶりに海側に出てみました。

savignac
この後もっと赤く染まりました

savignac
ヤノベケンジ『Sun Sister』なぎさ

何度も来てるのに知らない間にこのようなアートが。        
関連記事

東大寺ミュージアム

東大寺ミュージアムにも入りたいということで、私も初めて入りました。

todaiji
東大寺ミュージアム

『東大寺の歴史と美術』展という内容でした。
奈良天平の創建から江戸まで続く歴史と、彫刻・絵画・書跡・工芸等の寺宝を観ることが出来ました。

正倉院展の続きみたいな感じでしたね~
貴重なものを拝見できました。

購入したポストカードです。

todaiji
『千手観音像(重文)』

todaiji
『月光菩薩像(国宝)』

todaiji
『誕生釈迦仏立像・灌仏盤(国宝)』 奈良時代


東大寺ミュージアム
奈良市水門町100
0742-20-5511
4月~10月9:30~17:30
11月~3月9:30~17:00
600円(大仏殿セット券1,000円)
無休(臨時休館日あり)


関連記事