京都 平岡八幡宮

ネットでこちらの椿が咲いたとあり、観てみたいなぁ~ということでやってきました。
花の天井絵も特別拝観できます。

まず目につくのが

hiraokahachimangu
土俵

10月に三役相撲という神事が行われます。
前日の雨で周辺はズチャズチャの状態。
それを予想して汚れていい靴を履いてきました。

動物の足跡が見受けられます。
宮司さんのお話によると、イノシシ集団と鹿が来るそうです。
植物は大変な被害に遭っているようで、山のドングリが不作で麓に下りて来てるそうです。
夏場はスズメバチに要注意だそうで、絶対に黒い服装はダメですよ!

hiraokahachimangu
綺麗な椿が

拝観料を支払うと宮司さんのお話、大福茶接待が受けられます。

hiraokahachimangu
下の葉2枚は椿の金魚葉だそうです

たまに、自然に金魚のような形をした葉があるそうです。
これからは花だけでなく、葉っぱも見なくちゃ!です。

宮司さんのお話は情報量が多く覚えきれません(^-^;
知らないことも多く勉強になりました~

hiraokahachimangu
本殿 文政9年(1826)修復 京都市有形文化財

大同4年(809)弘法大師空海が、神護寺の守護神として自ら描いた僧形八幡神像をご神体として宇佐八幡宮より勧請し創建されました。
平安末期、寺社荒廃は著しかったが、建久元年(1190)文覚が再興しました。
応永14年(1407)火災により焼失したが、足利義満公により再建されました。

ご祭神は応神天皇(誉田別命ほむたわけのみこと)。

花の天井絵は本殿内陣に入って説明を受けます。

雅な話し方をされる宮司さんでした。

hiraokahachimangu
絵馬も椿です

hiraokahachimangu
大福茶

梅干しと昆布が入っています。

境内を散策。

hiraokahachimangu
しだれ八重白玉椿 銘:一水(いっすい) 樹齢200年

こちらの椿が咲いたという情報でした。
白玉団子の白玉ってこの椿から付いてるそうです。

白玉椿伝説というのもありますが、それは実際に行かれてみてくださいね~

今年は椿の咲き具合は例年になく遅いそうです。
「こんなこと初めて」と仰っておられました。

hiraokahachimangu
まだ梅が綺麗です

hiraokahachimangu

hiraokahachimangu
馬酔木を下から

hiraokahachimangu

今週末くらいから見頃かもしれないですね~

hiraokahachimangu
梅干しと飴ちゃん

大福茶に入っていた梅が美味しかったので梅干しを購入、飴ちゃんは大阪のオバちゃんは持っとかんとね~

hiraokahachimangu
ご朱印

(2017.4.1)

「平岡八幡宮」
京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23
075-871-2084
花の天井 春の特別拝観
2017年3月3日~5月15日
10:00~16:00(受付~15:00)
800円



関連記事
スポンサーサイト

大阪 松山神社の梅花祭

昼食後、松山神社へと向かいます。

matsuyamajinja
御神門 昭和52年(1977)建立

延喜元年(901)大宰府に流されることになった道真公は淀川を下り、難波入江の口に差し掛かられた折、数千株の小松が生い茂る中島の景観に感動され、傍らの石に腰を掛け、「小松の詩」を詠まれました。
村号の小松はこの時より始まります。
永代我が像ここに置くべし、此の地に本心留め置くべしとの御遺勅により、村の氏神と崇めたのを創祠とします。

matsuyamajinja
境内

この日は梅花祭が催されていて賑わっていました。

matsuyamajinja
拝殿

ご祭神は菅原道真公。

matsuyamajinja
見頃で綺麗でした

matsuyamajinja
狛犬さんも喜んでる?

matsuyamajinja
もちろん牛さんも居られます

matsuyamajinja
枝垂れも綺麗です

matsuyamajinja
裏梅苑

社殿向かって右奥に裏梅苑があるのですが、梅の木もまだ小振りでこれからという状態でした。

matsuyamajinja
何かが始まりそうです

matsuyamajinja
早乙女献供行列でした

皆さん可愛らしいですね~

matsuyamajinja
境内に入っていきます

matsuyamajinja
神社の周囲にも梅が咲いてます

matsuyamajinja
シロハラさんがいました

matsuyamajinja

綺麗な梅を満喫できました。

帰りは阪急上新庄駅から帰りました。
相川駅からの方が多少近いかもです。

matsuyamajinja
ご朱印

(2017.2.26)

「松山神社」
大阪市東淀川区小松4-15-38
06-6328-3875



関連記事

神戸八社巡り(五宮神社~八宮神社)

では五宮から八宮を巡ります。

けっこうな坂道を登ります。

hasshameguri
立派な御神木が現れました

hasshameguri
境内は小さいです

出雲国能美郡天穂日神社より勧請されました。

hasshameguri
社殿

ご祭神は天穂日命(あめのほひのみこと)。

hasshameguri
ご朱印

ご朱印なんですが、社務所が留守の際は社殿に朱印が置かれてあり、ご自身で押印します。
ちゃんとしたご朱印が欲しい場合は少し離れた祇園神社に行かれますと五宮神社のご朱印も頂けるようです。
因みに今回は旦那が朱印を押し、家で自分で書いております…

五宮神社
兵庫県神戸市兵庫区五宮町22-10
078-361-3450(祇園神社)

次に七宮神社ですが、場所がちょっと離れているので先に六宮・八宮神社に行きます。

六宮神社は現在の楠寺の前に鎮座されていましたが、明治42年(1909)に小学校新設により八宮神社に合祀されました。

ご祭神は天津彦根命(あまつひこねのみこと)・応神天皇。


hasshameguri
六宮・八宮神社

八宮神社は旧県警庁舎の所に鎮座されていましたが、明治42年に旧神戸市役所を鎮座地に新築したため、現在の地に移転しました。

hasshameguri
社殿

ご祭神は熊野杼樟日命(くまのくすびのみこと)・素戔嗚尊。

hasshameguri hasshameguri
ご朱印

六宮神社のご朱印も一緒に頂けます。

「六宮神社・八宮神社」
兵庫県神戸市中央区楠町3-4-13
078-341-6920


hasshameguri
七宮神社

応保3年(1163)平清盛が福原遷都と共に、守護神として尊崇され、第107代正親町天皇の天正10年に勅額や御神宝を奉納されています。

hasshameguri
社殿

ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)・天児屋根命(あめのこやねのみこと)。

hasshameguri
ご朱印

「七宮神社」
兵庫県神戸市兵庫区七宮町2-3-21
078-671-3338

(2017.2.19)


関連記事

兵庫 神戸八社巡り(一宮神社~四宮神社)

ランチのあと、以前から途中の神社巡りをすることに。
神戸市には一宮から八宮まで神社があり、全てを巡る八社巡りというのがあります。
実は、平成20年2月に一宮から四宮まで巡っていて、五宮から八宮はまた次回に来ようと思いながら9年の月日が経ってしまいました…
また同じような季節になっちゃいましたが。

まずは9年前に巡った一宮~四宮をご紹介します。
今は八社巡りと検索すれば様々な情報がヒットしますが、当時は一つか二つくらいの情報しかありませんでした。
ご朱印ブームで参拝される方が増えたんですねぇ

hachimiyameguri
一宮神社

福岡県宗像郡沖の島鎮座の宗像大社より勧請されたと云われています。

hachimiyameguri
社殿

ご祭神は田心姫命(たごりひめのみこと)。

hachimiyameguri
梅がぽつんと咲いてました

hachimiyameguri 
ご朱印 

「一宮神社」
兵庫県神戸市中央区山本通1-3-5
078-221-1281

hachimiyameguri
二宮神社

摂政元年(201)神託により神功皇后が生田神社建立の際、生田の大神に縁ある八柱の神々を巡拝され、皇后の参拝順に従い、一宮から八宮までの呼称が生まれたと云われています。

hachimiyameguri
社殿

ご祭神は天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)・応神天皇。

hachimiyameguri
可愛いフクロウです

hachimiyameguri
ご朱印

二宮神社
兵庫県神戸市中央区二宮町3-1-12
078-221-4786

hachimiyameguri
三宮神社

hachimiyameguri
社殿

ご祭神は湍津姫命(たきつひめのみこと)。

hachimiyameguri
早咲きの梅が満開でした

hachimiyameguri
赤い実はクロガネモチ?

hachimiyameguri
ご朱印

「三宮神社」 
兵庫県神戸市中央区三宮町2-4-4
078-331-2873

hachimiyameguri
四宮神社

広島県安芸の宮島に鎮座されている厳島神社より勧請されたとあり、神功皇后三韓からの帰途巡拝され、四の御前と云われています。

hachimiyameguri
社殿

ご祭神は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。

hachimiyameguri
ご朱印

「四宮神社」
兵庫県神戸市中央区中山手通5-2-13
078-382-0438
 

(2008.2.11)


関連記事

大阪 坐摩神社と難波神社

長らく更新サボってしまいました・・・
野暮用に時間かかってブログまで追いつかず・・・

お正月の三日に行ってきました。
いつもは寝正月でどこにも行かない(氏神さんへの初詣は行きます)のですが、今年は何処かへ行きたくなり、ビジネス街にある神社へ行こうと。
行きそうで行かないので、こういう時に行っとかないと。

坐摩(いかすり)神社は摂津国一之宮になっているので一度はお参りしたいと思っていました。

ikasurijinja

ご神紋は鷺丸になっています。
新年のご挨拶の絵馬はこちらの絵馬を撮影させて頂きました。

神功皇后が新羅よりご帰還の折、淀川南岸の大江の岸・田簔島(現在の天満橋の西方)に奉祀されたのが始まりとされています。
天正10年(1582)豊臣秀吉の大坂城築城に当たり現在の地に遷座されました。

ikasurijinja
社殿

ご祭神は生井神(いくゐのかみ)、福井神(さくゐのかみ)、綱長井神(つながゐのかみ)、波比岐神(はひきのかみ)、阿須波神(あすはのかみ)。

ikasurijinja

寄席の発祥地なんですね~
まだ生で落語を聞いたことがないです。

ikasurijinja
凛凛しいライオン像

ikasurijinja
末社の陶器神社

ikasurijinja
山茶花が咲いてました

ikasurijinja
ご朱印

坐摩神社
大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号
06-6251-4792
平日7:30~17:30(土日祝~17:00)

近くの難波神社にもお詣りに。

nanbajinja
南側の鳥居

反正天皇が創建。

nanbajinja
社殿

ご祭神は仁徳天皇。

坐摩神社に比べるとこちらの方が参拝客が多いですね~
お買い物と併せて寄られているのでしょうか。

nanbajinja

以前にお詣りしたことがあるのですが、記事にはしておらず、その時頂いたご朱印をば。

nanbajinja
ご朱印 


(2017.1.3)

難波神社
大阪市中央区博労町4-1-3
06-6251-8000




関連記事