京都 平安神宮の桜2018

ランチの後は平安神宮へお詣りして神苑に向かいました。
由緒等は以前に記事に書いてるので省きます。

heianjingu
神苑入口からの眺め

入ってすぐから枝垂桜がお出迎えしてくれて圧巻の景色です。
もうけっこう散っているので、満開時だったらもっと素晴らしいでしょうね~
何度も来ていますが、こんなに桜の木があったなんて気づきませんでした!

heianjingu

heianjingu

heianjingu

heianjingu
モミジと共演

『明治150年展』で花瓶の図案で桜とモミジの図柄があったのですが、「一緒に見れることはないなぁ」と言っていたのですが、ありました!
で、モミジ主役で撮ってみました。

heianjingu
青空が出てきました~

heianjingu

heianjingu
八重?が見頃になってました

heianjingu
新葉がキラキラ綺麗で可愛らしかったので

heianjingu
今は通行禁止です

heianjingu
末永くお幸せに♡

外国人の方もパシャパシャと撮影されてました。

heianjingu

heianjingu

heianjingu

heianjingu
参道ではフリーマーケットが催されていました

(2018.4.8)

平安神宮
京都市左京区岡崎西天王町97
075-761-0221
拝観時間は季節により変わりますのでHPでご確認ください。
神苑拝観料600円



関連記事
スポンサーサイト

北新地Chiefでランチ

『明治150年展』の後、ランチをするのに最近オープンの平安神宮に出来た「京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)」に行ってみました。

この日は「十二十二」前でマルシェもあって、とても賑やかでした。
最近、岡崎ではイベントが盛沢山のようですね!
それに続々と飲食店がオープンしてるのでランチ難民にならなくてすみますね~

かなり寒い日だったのでマルシェでは寒いので館内のお店で食べることに。

chief
北新地Chief 店内

まだ11:30頃だったので一番乗りでした。
12時も過ぎるとお客さんが次々来られました。

chief
お水

京都のグラスがいいですね~

chief
黒毛和牛すき焼き丼 1,300円(税別)

温かいものが食べたくて二人とも同じものです。
すき焼きのたれがご飯にも沁みていて美味しかったです。

北新地Chief
京都市左京区岡崎西天王町97-2
075-708-5881
10:00~18:00
年中無休



関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

明治150年展 ~明治の日本画と工芸~

京都国立近代美術館まで行ってきました。

かなり空いていて、ゆったりと観ることが出来ました♪
驚いたのが、人数が少ないのに欧米人の率が高かったです。
日本の繊細な芸術を観たい外国人の方が多いのでしょうか。
桜と合わせての来日だったかもですが、今年は早く咲いてしまって残念でしたね。。。
でもまだ遅咲きの桜が綺麗だったので良かったかな(^-^;

『温知図録』を始めとした明治の工芸品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品が展示されています。

外国での博覧会に出展するための作品もありちょっと派手目な作品が多い気がしました。
外国に劣らない技術が日本にもあるんだ!ということをアピールしなければならないので、芸術家さんたちはさぞ大変だっただろうなぁと思いました。
それにしても繊細で本当に素晴らしいですね~

残念なのはポストカードがありませんでした。
図録はあるのですが、もう本棚がいっぱいで他の美術展も考えると今回は購入するのをやめときました。

リーフレットから作品を一部紹介します。

meiji150nen
リーフレット
meiji150nen
  中開き

meiji150nen
『羅馬古城図』 竹内栖鳳 明治34年

meiji150nen
『色絵金彩婦人図三足香炉』 錦光山宗兵衛(七代) 明治前期

meiji150nen
『釉下彩切子形花瓶』 川本桝吉(初代) 明治14年

meiji150nen
『金蒔絵芝山花鳥図飾器』 武蔵屋大関 明治時代

meiji150nen mieji150nen
『鯉鮟鱇対花瓶』 正阿弥勝義 明治時代

meiji150nen
『羊牙彫置物』 石川光明 明治時代

meiji150nen
『貝尽くし牙彫置物』 安藤緑山 大正ー昭和時代


「明治150年展 ~明治の日本画と工芸~」
京都国立近代美術館
2018年3月20日~5月20日
9:30~17:00(金土~20:00)
入館は閉館30分前まで
月曜休館(4/30は開館)

関連記事

ゴッホ展 ~巡りゆく日本の夢~

京都国立近代美術館まで行ってきました。

さすがゴッホ、人気があります。
三連休ということもあり、朝から人が多かったです。

ゴッホの油彩画やデッサン約40点、関連する浮世絵版画やオーヴェール巡礼に関する資料などが展示されています。

ゴッホ美術館だけでなく、個人蔵なども展示されていて、初めて観る絵もありました。
浮世絵の影響を受けているのがとても解り、日本への憧れも感じることが出来ますね~
ゴッホの絵を観るとやはり切なくなります。。。

購入したポストカードです。

gogh
『花魁(溪斎英泉による)』 1887年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『種まく人』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『タラスコンの乗合馬車』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『夾竹桃と本のある静物』 1888年 フィンセント・ファン・ゴッホ

gogh
『草むらの中の幹』 1890年 フィンセント・ファン・ゴッホ


ゴッホ展 ~巡りゆく日本の夢~
京都国立近代美術館
2018年1月20日~3月4日
9:30~17:00(金土~20:00)
入館は閉館の30分前まで
月曜休館

関連記事

カフェ&ランチあさの

熊野若王子神社の次に向かう途中にあったお店でランチにしました。

asano
外観

asano
店内

asano
海老ピラフ 750円(税抜)

この海老ピラフ、見た目よりも抜群に美味しいです。
いい塩梅の味付けになってました。

asano
こだわり特製カレー 750円

注文してから(辛口)と書いてあることに気づきました、、、
辛さは胡椒のスパイスがかなり効いていて、最後まで食べきれず旦那にバトンタッチ。
自家製カレーというのがあったので、それにしておけば良かったかなぁ…
塩を舐めて口の中が落ち着きました💦
カレー自体は私としてはもうちょっとコクと甘さが欲しい感じですかねぇ

「カフェ&ランチあさの」
京都市左京区南禅寺北ノ坊町39-3



関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ