フランス近代絵画と珠玉のラリック展

神戸市立小磯記念美術館まで行ってきました。

朝一だったからか、とても空いていてゆったりと観ることが出来ました。

ユニマットコレクションによるバルビゾン派のミレー、コロー、ドービニー、19世紀に活躍したエンネル、レアリスム絵画のクールベ、印象派のドガ、ルノワール、フォービズムのドラン、デュフィ、エコール・ド・パリのユトリロ、モディリアーニ、スーティン、藤田嗣治、アール・デコを代表するルネ・ラリックの作品が展示されています。

バルビゾン派の作品が思いもかけず素晴らしかったです。
コローが好きな方には好まれるかと思います。
特に『ナルシス=ヴィルジル・ディアズ・ド・ラ・ペーニャ』という人の絵が気に入りました。
名前が覚えられない、、、
ラリックの作品も久々に観れて嬉しかったですね~

チラシから作品をご紹介します。

france
チラシ

france
『長い髪のユキ』 藤田嗣治 1923年
モデルとなったのは後に藤田の3番目の妻となるリュシー・バドゥー。

france
『犬を抱いた少女』 ジャン=フランソワ・ミレー 1844-45年

france
『ルニア・チェホフスカの肖像』 アメデオ・モディリアーニ 1919年

france
『ルーディネスコ夫人の肖像』 ラウル・デュフィ 1934年

france
『4人の踊り子たち』 エドガー・ドガ 1892-95年

france
『ジュイコットの想い出』 カミーユ・コロー 1865-70年
フランス北部、ドーヴァー海峡に面したダンケルクの東の小村ジュイコット。

france
『立像 笛奏者』 ルネ・ラリック 1919年

france図録


巡回
*岩手県立美術館・・・2018年4月14日~6月17日
*北海道立旭川美術館・・・2018年7月12日~9月2日
*佐世保市博物館島瀬美術センター・・・2018年10月20日~12月2日

「フランス近代絵画と珠玉のラリック展」
神戸市立小磯記念美術館
2017年9月16日~11月12日
10:00~17:00(受付は16:30まで)
月曜休館(祝日は開館、翌日休館)

関連記事
スポンサーサイト

兵庫 甲子園歴史館

母を連れて甲子園に行ってきました。
昨年は私の調子が悪くなったので行けず、、、
今年はなんとか行くことが出来ました。
ただ、朝から調子はイマイチ、、、母を家まで送って限界、、、車の中でダウンしちゃいましたぁ

いつもは球場内に入るだけなんですが、初めて歴史館に入ってみることにしました。
外観撮るの忘れてます。

まずは高校野球ゾーン

koshien
白球がずら~っと並んでいて圧巻!

日本高等学校野球連盟の加盟校、4,253球が並んでいます。

koshien
大阪の高校

名勝負ギャラリーでは春・夏大会の初代優勝旗を展示。
記憶に残る名勝負や名シーンも展示されています。

koshien
PL学園 K・Kコンビ

私の世代ではやはりPLが強かったですねぇ
いろんな意味で残念でなりません。。。

次に阪神タイガースゾーン

koshien
虎の足跡

タイガースの歴史を1935年から7つの時代に分け展示されています。

甲子園ボウルコーナーや甲子園球場メモリアルボックス、甲子園ヒストリーのコーナーも。

koshien
フィギュアスケートの髙橋大輔さんのサインボールが!

バックスクリーンウォークでは

koshien
ランディ・バース選手のユニフォーム

背番号ヒストリーとして歴代在籍選手の背番号が紹介されています。

koshien
選手名板

1983年までのスコアボードで使用されていた手書きの名板。
遠くまで見えるよう大きいですね~

koshien
バックスクリーン

バックスクリーン前から球場内を一望できる展望スペースがあります。

では球場内へ。

koshien
いつもの座席

今年は体調がイマイチだったのでカメラは持って行かず。

koshien
テンガロンハットを頂きました

この日は皆さんテンガロンハットを貰い、皆で被って応援です。
他にはタオルも頂きました~
3種類になりました。

試合相手は楽天です。
残念ながら0-1で負けましたぁ…
3番4番が打たな勝たれへんやろ…とぼやく…

koshien
マスコットたちは仲良くね

(2017.6.18) 

甲子園歴史館
兵庫県西宮市甲子園町1-82
0798-49-4509
10:00~18:00(11月~2月~17:00)
600円
月曜・年末年始休館



関連記事

有馬きんせん堂

旦那が仕事で行った際に買ってきてくれました。

有馬といえば炭酸煎餅しか知らず、他にも名物があったんですね~

kinsendo
金泉焼10枚入り 1,188円(税込)

kinsendo
中はこし餡

口に入れた瞬間、醤油の香ばしい香りが漂い、みたらし団子の味に似ていてとても美味しいです~
何個でも食べれそうで危ないです。

有馬きんせん堂
兵庫県神戸市北区有馬町字ウツギ谷266-2
078-904-4755
9:00~18:00


関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

ベルギー奇想の系譜展

兵庫県立美術館まで行ってきました。

夕方に着いたのですが、思ったより観に来ている人が多かったです。

ベルギーに生まれた奇想の表現を15・16世紀のフランドル絵画から現代のコンテンポラリー・アートまで紹介され、ヒエロニムス・ボスやブリューゲルに始まり、ジェームズ・アンソール、ルネ・マグリットらの時代を経て、現代のヤン・ファーブル・若手作家に至る系譜を辿っています。

ちょっと変わった、不思議であり、ユニークであり、グロだったりと色んな絵画や彫刻を観ることができました。
ベルギーにはこんな妖怪がおったんかいなと思いますね~
画家の創造力に感心します。
CG映像によって絵が動いているのを観ることもできます。
なかなか面白いので是非立ち止まって観て欲しいですね~
正統派の綺麗な絵画は退屈と思われる方にお勧めの展覧会です。

チラシから作品を紹介。

belgium
チラシ

belgium
『魔術師ヘルモゲネスの転落』 1565年 
原画:ピーテル・ブリューゲル(父) 彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン

belgium
『大家族』 1963年 ルネ・マグリット

belgium
『天使』 1889年 フェルナン・クノップフ

belgium
『運河』 1894年 ウィリアム・ドグーヴ・ド・ヌンク

belgium
『生き残るには脳が足りない』 2009年 トマス・ルルイ


belgium 図録


巡回
東京会場・・・Bunkamuraザ・ミュージアム 2017年7月15日~9月24日



ベルギー奇想の系譜展
兵庫県立美術館
2017年5月20日~7月9日
10:00~18:00(金土~20:00)
入場は閉館の30分前まで
月曜休館

関連記事

兵庫 尼崎市農業公園の薔薇と花菖蒲2017

私たちのお気に入りの公園にまた散歩がてら行ってきました。

今年は薔薇は観ずに終わるのかぁ…と思っていたのですが、まだ綺麗に咲いている薔薇を観ることができました~

nogyokoen

終わっているのも多いので綺麗なのだけ撮影。

nogyokoen

名札を撮影していないので名前はわかりませ~ん。

nogyokoen

nogyokoen
薔薇に鎮座する蛙さん

頭隠して尻隠さず状態だったので花弁をチラッと捲らせて頂きました。

花菖蒲のエリアへ

nogyokoen
まだ満開ではなく

種類も多くはないです。

nogyokoen

nogyokoen

わりと撮影に来られてました。

nogyokoen

nogyokoen

nogyokoen
この時季にちゃんと咲きますね

nogyokoen
シロツメクサに埋め尽くされています

nogyokoen

nogyokoen

nogyokoen
紫陽花も少しだけ

とてもいいお天気で気持ち良かったですね~
もうすぐ梅雨入りでしょうか、豪雨にならなければいいのですが…

(2017.6.4)

尼崎市農業公園
兵庫県尼崎市田能5-12-1
無料



関連記事