京都 権太呂 岡崎店でうどん

7月某日、美術展の後に昼食を摂った時のものです。

以前にも来たことがあり今回は2回目です。

gontaro
外観

gontaro
鳥なんばそば 1,100円(税抜)

gontaro
天ぷらうどん 1,400円

まあ、普通に美味しいですが、コスパが観光地価格ですねぇ
もうちょっと安くてもと思いますが、、、

京都 権太呂 岡崎店」
京都市左京区岡崎南御所町19
075-751-7880
11:00~21:30(LO21:00)
水曜定休


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: うどん・そば | ジャンル: グルメ

京の至宝 黒田辰秋展

美術館「えき」KYOTOまで最終日に行ってきました。

黒田辰秋氏は木工芸における重要無形文化財保持者(人間国宝)です。
20代で影響を受けた河井寛次郎氏や柳宗悦氏、京都の注文主との交流を辿りながら晩年に至るまでの歩みが紹介され約90点の作品が展示されていました。

木工芸の巨匠だけあって、本当に素晴らしい、美しい作品です。
これ木なん!?って驚くぐらい滑らかな作品で、触りたい衝動にかられます。
美しいものを愛でると癒されますね~

チラシから作品を紹介します。

kuroda
チラシ

kuroda
『拭漆樽彫花文椅子(黒澤明の椅子)』 1964年

kuroda
『赤漆流稜文飾手筺』 1955-60年

kuroda
『螺鈿八角菓子重箱』 1933年

kuroda
『乾漆耀貝螺鈿飾筺』 1972年

kuroda図録


*展示は終了しました。     

関連記事

京菓匠 甘春堂

記事が前後するのですが、ランチの前に和菓子屋さんを見かけたので寄ってみることにしました。

場所は豊国神社のすぐ近くです。

kanshundo
外観

とても趣きある建物です。

慶応元年(1865)創業の老舗です。

kanshundo
店内

kanshundo
店内でも頂けますよ

私たちはお持ち帰りにしました。

kanshundo
藤綴 120円(税抜)

最中です。もちろん、旦那が選択。
上の歯茎にひっつくタイプ。

kanshundo
上:大仏餅 120円、下:豊太閤 120円

大仏餅は大福餅のようになっています。
生地が柔らかくて癒される甘さで美味しいです。
豊太閤は柚子餡になっていて、柚子の香りと味が爽やかでしっとりとしていてこちらも美味しいです~

京菓匠 甘春堂 東店」
京都市東山区茶屋町511-1
075-561-1318
9:00~18:00
年中無休(元旦休み)


関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

グリル 五条坂

最近、GoogleChromeでテンプレートの編集ができない…
不正なコードがどうとかって表示されてるねんけど意味不明…
IEだと編集できるんやけど。
理由をご存知の方おられましたら教えて頂けると有難いです~

美術展の後、将軍塚へ行こうとバス停まで向かう途中で出会ったお店でランチにしました。

gojozaka
外観

普通のお家の1階がお店になっている感じです。

gojozaka
日替わりランチ 850円(税込)

この日のメニューは豚生姜焼き、白身魚フライ、スパゲッティとなっていました。
お味噌汁も付きますよ。

gojozaka
オムライスセット 900円

サラダかコーヒーか紅茶が付いています。
オムライスの中はケチャップライスでハムが沢山入っていましたよ~

将軍塚ですが、バスが1時間に1本しかなく、次のバスがあと1時間もあるのでそれを旦那に伝えると、「えっ!、、、」とドン引きした顔に…
この日は日差しも強く暑かったし止めとこか…ということになりましたぁ
秋にでも行けたらいいなぁ。。。

グリル 五条坂
京都市東山区石垣町東側68
075-531-6034
11:30~14:30、17:00~20:30
土曜定休(祝日の場合昼のみ営業)


関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

海北友松

体調悪くブログをする気力を失っていましたが、なんとか気を持ち直していきましょうかね~

京都国立博物館まで行ってきました。
最終日だったので朝から人も多かったです。

聞いたことがない絵師だったので楽しみにしてました。
近江の浅井家の家臣、海北綱親の五男?に生まれたそうですが、家の者たちが信長に滅ぼされることに及び狩野派の門を敲いて画の道に進んだと伝えられているそうです。

確かに狩野派の線で描いているのですが、中には等伯の影響も受けているような絵もありました。
『柏に猿図』の猿が可愛らしかったですね~

購入したポストカードです。

kaiho
「雲龍図(部分)」 1599年 重文

kaiho
「雲龍図(8幅のうち4幅)」 重文

kaiho
「花卉図屏風(右隻)」 重文


最近、京都国立博物館で展示されるポストカードは非常に種類が少ないです。
図録を買わすためなのか、、、ケチだなと思います。
誰しもが図録を買えるわけじゃないのに…

*展示は終了しています。

関連記事