京都 知恩院の桜2017

祇園巽橋の次に向かったのが知恩院です。
この辺りから霧雨が降ったり止んだりだったのでカメラで撮影することにしました。

chionin
ドーンと現れます

靄が幻想的な雰囲気を醸し出していますね~

chionin
三門 元和7年(1621)建立 国宝

いつ見ても大きいですね~

この日は4月8日、「花まつり」の文字を見てお釈迦様のお誕生日だということに気づきました💦

chionin
近くだと更に圧倒される感じ

建暦元年(1211)法然上人が四国流罪から帰京した際、現知恩院勢至堂のある場所、大谷の禅房に住むことになりました。
翌年、法然上人は80歳で入寂されました。
門弟たちは房の傍らに墳墓をつくりましたが荒廃していきました。
文暦元年(1234)源智上人は荒れた墓所を修復し、仏殿・御影堂・総門を建て知恩院大谷寺と号しました。

chionin
三門から男坂を見る

男坂を登ります。

chionin
多宝塔

現在、御影堂は修復工事中で参拝できません。
もうすぐ終了するようで、5月5日に最終の大修理現場見学ができるようですよ。

武家門入口から七不思議の展示や方丈庭園が拝観できるのですが、靴を脱がないといけないのが億劫で、、、(私が)Mちゃんには申し訳ないですがパスしちゃいましたぁ
晴れてたら拝観したんですけど…

chionin

chionin
黒門へ下る方へ行っちゃいました

そこからまた三門の方へ歩き、

chionin
三門を横から

chionin
女坂の椿と桜 

友禅苑から枝垂桜が見えるので入苑してみます。
要拝観料です。

chionin
友禅苑 池泉式庭園と枯山水

友禅染の祖、宮崎友禅斎ゆかりの庭園。

chionin
枯山水の方に枝垂桜が

chionin

chionin

女性二人がいなくなると私たちだけの貸し切り♪
ここも穴場ですね~

友禅苑を出て

chionin
この景色も素敵でした

着物姿と合いますね(^.^) 

大鐘楼や勢至堂の方へ行かず、円山公園へと向かいました~

こちらでも綺麗な桜を愛でることができました。

(2017.4.8)

知恩院
京都市東山区林下町400
075-531-2111
9:00~16:30(受付~15:50)
友禅苑
300円



blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

京都 円山公園と高瀬川の桜2017

ギリギリまで行こうかどうしようか悩んだのですが、撮影を気にせず行こうかということになり、Mちゃんと雨の中行ってきました。

ほとんどスマホでの撮影と一部Mちゃん撮影ありです。

まずは、先日は旦那と歩いた祇園巽橋の所まで。

gion
白川南通 満開になってました

霧雨が降っている感じです。
そんな中でも観光客が多いですね。という私たちもですが…
結婚式の前撮りだったり、お着物姿の撮影が多かったです。
せっかくの撮影なのに残念でしたね。。。
で、巽橋ではその撮影が多く、私たちは断念します。

次に知恩院に向かいますが、それは別記事にしますね。
知恩院から円山公園へ向かいました。

gion
円山公園の枝垂桜

綺麗に咲いていましたよ。

gion
雨がちょっと止んでます

雨の中、シート敷いてお花見されるんですね!

そろそろお昼にしようということで、沢山ある屋台の中で選んだのが、

gion
こちらの屋台

新神戸にお店があるそうで、良くお話されるインドの方でした。
話の内容はホンマなのか冗談なのかわからない(~_~;)

gion
二人とも「ナンチキンサンド」にしました

クルッと包むので食べやすいってことで選びました。
写真右に辛味のタレがかかるのですが、辛さは調節してくれます。
このタレが美味しいです!
そんなに辛くなくて、コクがあって、癖になる味でした。
また食べたいかも。。。

「Indian Restaurant TABLA」
兵庫県神戸市中央区熊内町7-4-1
078-241-8970
11:00~15:00、17:30~22:00
火曜定休


まだ何か食べたいなぁということで、フランクフルトを食べたのですが、写真無しです。
これが、かなりお腹がいっぱいになり、この日は甘味を食べれずでした…残念!

gion
賑わってますよ

高瀬川へ向かおうと、八坂神社を抜ける頃、けっこう雨が降ってきました。

gion
途中で立ち寄った山椒ちりめん屋さん

私だけ購入。
とてもあっさりした、京都らしくちょっと薄味?な感じでしょうか。
山椒が優しいアクセントになってますね~
 

京風味 山椒ちりめん いづみ屋
京都市東山区上柳町196
0120-10-3857
075-561-3857(9:00~17:00)
9:00~17:30
無休


ここから高瀬川の桜です。
四条から五条へ向かいます。

gion

gion

gion

gion

gion

gion

gion
眼の高さに桜が

五条通手前の場所ですが、ここは穴場ですね~
ご家族がお着物で記念撮影されていましたよ。
足元まで桜の枝があるのでかなり近くから撮影できます。

途中も高瀬川に風情ある橋があったりするのですが、そこも穴場な感じでしたね~
お天気じゃなかったのが残念ですが、綺麗な桜をMちゃんと愛でることができ、楽しめました~

(2017.4.8)



blogramのブログランキング
関連記事

京菓子司 松楽

高山寺から家に向かう途中、どこかで和菓子が買いたいなぁということで検索し、見つけたのが松尾大社のすぐ傍にある和菓子屋さんです。

一度寄りたいと思っていたお店でした。

昭和43年(1968)創業だそうです。

shoraku
外観

店内は広くなく、2~3人入ればいっぱいでしょうか。

shoraku
今日の彩り『京おはぎ』 @238円(税込)

上が大納言粒餡、下がきなこ。

shoraku
上がカボチャ餡、下が黒ゴマ

どれもよもぎごはんで和栗を包んでいて、とてもあっさりと頂けます。
甘すぎず、重くないのであと二つは食べれそうでした。
他にも種類があるので全部食べてみたいです~

shoraku
最中嵯峨 @196円

最近、最中にハマっておりまして、つい買ってしまいます。
2種色があり、茶色は定番のお味、緑が何だっけ、、、?
私も旦那も忘れてる💦
歯茎に付くタイプですが、餡は程よい甘さで美味しかったです。

京菓子司 松楽
京都市西京区嵐山宮ノ前町45
075-871-8401
9:00~18:00
水曜定休


blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

京都 高山寺

以前、高雄の神護寺、西明寺には紅葉で訪れているのですが、高山寺には立ち寄りませんでした。
ということで今回寄ることにしました。

裏参道から入りました。

kosanji
趣きある石垣の横を通ります

kosanji
ここから中には入れません

苔の感じがいいですね~

kosanji
ここの椿もまだまだでした

今はけっこう咲いてるんじゃないでしょうか。

kosanji
開山堂 江戸時代

宝亀5年(774)光仁天皇の勅願により「神願寺都賀尾坊」として開かれました。
建永元年(1206)明恵上人が後鳥羽上皇よりこの地を与えられ「日出先照高山之寺」の勅願を賜りました。

kosanji
石水院の山門

kosanji
石水院 鎌倉時代 国宝

kosanji
廂の間

中央に善財童子の像が置かれています。

kosanji
廂の間から

kosanji

写真はないですが、南縁にはモミジがたっくさんあるので紅葉したら圧巻だろうと思います。

鳥獣人物戯画絵巻(平安時代~鎌倉時代・国宝)も観れました~

kosanji
金堂道

kosanji
金堂

寛永10年(1634)仁和寺古御堂を移築したものと伝わります。
ご本尊は釈迦如来像。

kosanji
柊南天

kosanji
馬酔木が満開でした

kosanji
ご朱印

(2017.4.1)

高山寺
京都市右京区梅ケ畑栂尾町8
075-861-4204
8:30~17:00
800円


blogramのブログランキング
関連記事

とが乃茶屋で昼食

次に高山寺へ行くのですが、その前に昼食にしました。

toganochaya
外観

高山寺の近くにあります。

toganochaya
横の道を進みます

川沿いのお部屋で頂きました。

toganochaya
とても良い雰囲気♪

toganochaya
お部屋内

季節柄、、、お客さんは少ないようで、貸し切りでした。

toganochaya
窓からの景色

葉が無い木はモミジです。
そういう木がようさんあります。

toganochaya

紅葉の季節は絶景だと思うのでまた来よう!
その時は満席になるんやろうなぁ・・・

toganochaya
上が鳥みそうどん1,200円(税込)、下が天ぷらうどん1,000円

想像以上に美味しかったです!
私が天ぷらうどんにしたのですが、天ぷらがサクっと軽く揚っていて、海老も大きく、プリっとしっかりしていました。
舞茸の天ぷらって牛蒡の香りがするんですね~
おうどんには柚子の皮も入っていて、お出汁も美味しかったです~

鳥みそうどんの鶏肉も柔らかく、味がしゅんでいて美味しいです。

「とが乃茶屋」
京都市右京区梅ケ畑栂尾町3
075-861-4206
9:00~17:00、17:00~20:30(要予約)
木曜定休



blogramのブログランキング
関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ