鳥せい 京都タワーサンド店で昼食

昨年10月、えきKYOTOでの美術展の後、昼食を摂るのにリニューアルした京都タワーの地下1階へ行ってみました。

ポルタへ降りて地下から向かいます。

kyoto
庭園が出来ていました

期間限定でポルタ内に日本庭園が造られていました。

kyoto
青空にタワー

その庭園の上の屋根が開放されて、京都タワーが間近で見れました。
普段は屋根は開いていません。

torisei
京都タワー地下からの入口

torisei
鳥せい

沢山のお店があるのでウロウロして悩んだ結果、鶏肉が食べたいかなぁとここにしました。
フードコート形式で、色んな店から購入して食べれるのですが、店舗内にも席があり、中で食べるとお味噌汁が付くということで店舗内で食べることに。

torisei
店内

torisei

左:そぼろごはん700円(税込)、右上:親子丼700円、右下:すき身と心ぞう各140円。
焼き鳥が売りのお店なので食べたくなって注文しました~
どれも美味しかったです。

鳥せい 京都タワーサンド店
京都市下京区東塩小路町721 京都タワーサンド内
075-353-6339
11:00~23:00
年中無休



関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

酉文でランチ

ゴッホ展の後、四条河原町のバス停で降りて何処で食べようとキョロキョロ、ランチメニューが書かれた黒板が目についたのでその店に入ることに。

toribun
カウンター席になりました

ビルの8階に店はあるので外観なしです。
テーブル席もあるのですが満席でした。

夜は居酒屋みたいですね~

注文して出てくるまでちょっと時間がかかります。

toribun
からあげ膳 880円(税込)

からあげの味付けが選べてマヨネーズにしてました。
からあげも一つが大きく、ボリュームがあります。

toribun
レディース膳 1,000円

地鶏ももソテー・つくね温玉添え・本日のサラダ・小鉢・デザートがついています。
地鶏ももソテーはトマトソースかバジルソースが選べます。
炭火で焼いていて、皮はパリっとお肉は柔らかかったです~
デザートはわらび餅2個でした。
コスパ的にはお得な気がしますよ。

酉文 河原町店
京都市下京区四条通河原町小橋西入真町67-1 コトクロス阪急河原町8階
075-231-9666
営業時間はHPでご確認ください
定休日なし



関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

京の至宝 黒田辰秋展

美術館「えき」KYOTOまで最終日に行ってきました。

黒田辰秋氏は木工芸における重要無形文化財保持者(人間国宝)です。
20代で影響を受けた河井寛次郎氏や柳宗悦氏、京都の注文主との交流を辿りながら晩年に至るまでの歩みが紹介され約90点の作品が展示されていました。

木工芸の巨匠だけあって、本当に素晴らしい、美しい作品です。
これ木なん!?って驚くぐらい滑らかな作品で、触りたい衝動にかられます。
美しいものを愛でると癒されますね~

チラシから作品を紹介します。

kuroda
チラシ

kuroda
『拭漆樽彫花文椅子(黒澤明の椅子)』 1964年

kuroda
『赤漆流稜文飾手筺』 1955-60年

kuroda
『螺鈿八角菓子重箱』 1933年

kuroda
『乾漆耀貝螺鈿飾筺』 1972年

kuroda図録


*展示は終了しました。     

関連記事

京菓匠 笹屋伊織

京都ネタが残っていました。

祇園を楽しんだあと、電車に乗る前に髙島屋で和菓子を買って帰ることに。

何を買おうかなぁとウロウロ・・・

旦那が最中が食べたいというので目についたお店で買ってみることに。

「笹屋伊織」さんは享保元年(1716)創業の老舗です。
本店は七条にありますよ。

sasayaiori
お手作り最中 150円(税抜)

手作りということで自分で餡を最中に挟みます。
皮がサックサクで美味しい~

sasayaiori
千客万来 100円

旦那が選択。
しっとりと美味しいそうですよ~

sasayaiori
さつまいも 130円

さつま芋餡で表面にはニッキが振られいて美味しいです。
現在は140円になっているようです。

京菓匠 笹屋伊織 京都髙島屋」
京都市下京区四条通河原町西入真町52
10:00~20:00




今年の更新はこれが最後となります。
ご訪問・コメント等ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

関連記事
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

細密美!明治のやきもの幻の京薩摩

美術館「えき」KYOTOまで行ってきました

清水三年坂美術館所蔵の中から、日本特有の繊細で豪華な装飾が施された薩摩焼に注目し展示されています。

清水三年坂美術館はまだ行ったことがなく、一度は行きたいと思っていた美術館で、その展示作品が観れるとあって楽しみでした。
いざ観てみると、思わず「すごい・・・」と言ってしまうくらい繊細なタッチで描かれたり、透かし彫りだったりで感心ばかりでした。
あちこちから「すごい・・・」という言葉が聞こえてきましたよ。
実際に手に取ってマジマジと眺めたいと思いました。
ずーっと観てても飽きないです


焼き物好きの方には是非観て頂きたいです~

ではチラシから作品を一部ご紹介します。

kyosatsuma
チラシ

kyosatsuma「花鳥図六角花瓶」 錦光山  

kyosatsuma
「花蝶図輪花皿」 トーマス・ビ・ブロー 

kyosatsuma「花鳥図花瓶」 錦光山

kyosatsuma
「組輪文茶碗」 司山

kyosatsuma
「鶴花人物図花瓶一対」 藪明山

kyosatsuma図録


「細密美!明治のやきもの幻の京薩摩」
美術館「えき」KYOTO
2016年1月2日~1月31日
10:00~20:00(13日~20:30)

関連記事