京御菓子司 亀屋清永

祇園からの帰りに和菓子を買って帰ることに。

kameya
外観

近すぎて全体が撮れませんでした💦

元和3年(1617)創業のかなりの老舗です!

kameya
奈良時代に伝わったお菓子

こちらを食べてみたかったんですが、何しろ一つがお高い…
なので別のものを・・・

kameya
店内

kameya
昔の看板でしょうか

kameya
金平糖カフェオレ・月影・萬福もなか・栗くり

上の写真でお抹茶の横にあるのが金平糖350円(税抜)で、白と茶(珈琲味)を合わせて食べるとカフェオレになります。
左下が萬福もなか150円、けっこう小さいので一口で食べれちゃいます。
右下が月影140円で黒砂糖の香ばしさとクルミが入っていて美味しいです~

kameya
栗くり 120円

よくある昔からの和菓子で、ちょっと甘めです。
中は栗餡になっています。

京御菓子司 亀屋清永
京都市東山区祇園町石段下南側
075-561-2181
8:30~17:00
水曜定休(不定休あり)


関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 和菓子 | ジャンル: グルメ

酉文でランチ

ゴッホ展の後、四条河原町のバス停で降りて何処で食べようとキョロキョロ、ランチメニューが書かれた黒板が目についたのでその店に入ることに。

toribun
カウンター席になりました

ビルの8階に店はあるので外観なしです。
テーブル席もあるのですが満席でした。

夜は居酒屋みたいですね~

注文して出てくるまでちょっと時間がかかります。

toribun
からあげ膳 880円(税込)

からあげの味付けが選べてマヨネーズにしてました。
からあげも一つが大きく、ボリュームがあります。

toribun
レディース膳 1,000円

地鶏ももソテー・つくね温玉添え・本日のサラダ・小鉢・デザートがついています。
地鶏ももソテーはトマトソースかバジルソースが選べます。
炭火で焼いていて、皮はパリっとお肉は柔らかかったです~
デザートはわらび餅2個でした。
コスパ的にはお得な気がしますよ。

酉文 河原町店
京都市下京区四条通河原町小橋西入真町67-1 コトクロス阪急河原町8階
075-231-9666
営業時間はHPでご確認ください
定休日なし



関連記事
テーマ: ランチ | ジャンル: グルメ

草間彌生 My Soul Forever

ゴッホ展の後、河原町まで向かい、ランチを摂ってから祇園甲部歌舞練場内にあるフォーエバー現代美術館まで。
建仁寺の傍です。

1950年代の初期作から最新の作品まで約80余点が展示されています。

最初は好きでも嫌いでもなくミーハー的な感じで有名やし、観たことないし、観とこかぁ的な感じだったのですが、実際に作品を観させて頂いて、好きになっちゃいました~♡
テレビや雑誌等で観るのとは大違いです!
綺麗!カワイイ!
特に好きだったのはハイヒールシリーズです。
ポストカードが無かったのが残念。

購入したポストカードです。

kusama
『南瓜』 1981年

kusama
『帽子』 1981年

kusama
『赤いドレス』 1980年


「草間彌生 My Soul Forever」
フォーエバー現代美術館
2017年6月10日~2018年2月25日
10:00~18:00(入館は17:30まで)


kusama

kusama
祇園甲部歌舞練場

大きなカボチャが見えますね~

kusama
『南瓜』 2007年

kusama
こちらが入口です。

チケットは券売機で購入します。
靴は脱いでビニール袋に入れ、ロッカーへ預けます。

kusama
『黄樹』 1992年

初期作品群が展示されている第1展示室は撮影可でした。

kusama
『私の魂を乗せてゆくボート』 1989年

舞台上の作品も撮影可でした。

kusama
庭園があります

外に出て散策出来ますが今回は出ず。
桜の季節に来てみたいかな~

kusama
窓からズーム

メジロちゃんが飛んでました。

カフェもあるのですが、1時間以上待ち・・・
メニューがインスタ映えする可愛さなんですよね~
インスタしてないけど(^-^;

kusama
花見小路を抜けて帰ります

(2018.2.11)

関連記事